センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
英語
全体概観

新形式の出題が見られるも、全体の傾向は変わらず 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加(+1)  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

 大問6題からなる全体構成には変化なし。全体の語数も約4200語で昨年とほぼ同じ。
 第3問では新形式の出題が見られた。これまで「パラグラフ(段落)を完成させるために必要な英文(またはその一部)を選ぶ、挿入型の問題」(昨年の3C)が出題されていたが、今年は3Bで「パラグラフ(段落)のまとまりをよくするために取り除いた方がよい文を選ぶ、削除型の問題」が出題された。とはいえ、どちらもパラグラフの趣旨の理解を問う問題であることに変わりはない。
 その他、第2問Aで問8・9・10の空所が2箇所になった点や、第2問Cの選択肢が5つから6つに増えた点、第4問Aの設問数が1つ増えた点など、昨年と比較して形式面の小さな変化が見られた。
 配点は、第2問・第3問・第4問で、それぞれ数点の変動があったが、読解問題(第3問〜第6問)の配点が全体の7割以上を占める読解中心の出題である点は変わらない。第1問、第2問は、発音・語彙・文法・語法等の英語の基礎力を試す問題で、全体配点の 29.0% が与えられている。第3問〜第6問は、ディスカッション、広告文、説明文等のさまざまな文章を読んで解答する問題で、これらの読解問題が全体配点の 71.0% を占めている。
 それぞれの読解問題が、読解に必要な基本スキルを試す明確な出題意図を持っているので、タイプに応じた力を養っていこう。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2014

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

44

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

41

B

不要な文の選択

1

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2013

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

5

2012

第1問

A

単語の発音

4

4

14

B

単語のアクセント

3

3

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2011

第1問

A

単語の発音

4

4

14

B

単語のアクセント

3

3

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

説明的文章の読解

6

6

36


過去の平均点の推移

2013 2012 2011 2010 2009
119.15点 124.15点 122.78点 118.14点 115.02点

設問別分析
【第1問】A 単語の発音 B 単語のアクセント 
今年も例年同様、発音とアクセントのみの出題であった。昨年より形式・問題数ともに変更なく、Aは「下線部の発音がほかの三つと異なるもの」を選ぶ問題が3問、Bは「第一アクセントの位置がほかの三つと異なるもの」を選ぶ問題が4問であった。受験生に馴染みのある単語がほとんどで、発音問題、アクセント問題とも基本的なレベルであった。

【第2問】A 文法・語法・語彙 B 対話文 C 整序英作文
Aは問8、問9、問10で2箇所の空所を補うのに適当なペアを選ぶ問題になり、形式上の変化が見られた。基本的な文法・語法の問題が中心であったが、定型表現を知っているかどうかで差がついたと思われる。Bの対話文完成問題は昨年までと同様で、いずれも文脈を決め手とする問題となっている。昨年に比べ若干状況を掴みづらかった。Cの整序英作文は、昨年は選択肢の数が5つであったが、本年は2011年の問題と同形式で選択肢の数が6つとなった。Aと同様、ここでも基本的な定型表現を知っているかどうかがポイントとなったと思われる。

【第3問】A 文脈による語句の意味推測 B 不要な文の選択 C意見内容の要約
各問ともに文脈から正解を選ばせる趣旨は変わらないが、形式的にはBに大きな変化が見られ、文章の中から取り除いた方がよい1文を選ぶ問題となった。落ち着いて読めば正解は明らかだが、新形式ということもあり、焦ってしまい余計な失点をしてしまった受験生もいたであろう。Aはここ数年続く形式で、短文中に施された下線部の語句の意味を問うものである。昨年は2問中1問が文章であったが、今年は2問とも対話文であった。Cは議論における意見内容を問う問題で、昨年までのBの形式の問題であり、特に難解な設問はなかった。

【第4問】A 図表を使った説明文読解 B 事務的文書などの読み取り
問題形式に大きな変化はなかったが、Aの設問数が1つ増加して3問から4問になった。今年のAの素材文はアメリカ合衆国の各州の移住・定住に関する説明文である。グラフにあてまるものを選ばせる問題は例年通りだが、最後のパラグラフに続くトピックを推測させるという新傾向の問題が出題された。Bはマラソン大会の告知文書の読み取り問題である。表を読み取るよりも文字情報を素早く処理することが求められるが、落ち着いて取り組めれば確実に正答にたどりつける問題である。

【第5問】イラストを含む内容一致問題
形式的には過去4年の問題とほぼ同様であった。画家の日記と、1年後に孫娘が彼にあてた手紙を素材に、内容一致問題が4つとイラスト問題1つからなる大問である。イラスト問題は孫娘が最近描いた彼らの肖像画を選ばせるものであった。日記も手紙も平易な英文で、設問もトリッキーなものはなく、落ち着いて読めば難なく答えられるレベルである。

【第6問】長文読解問題
素材文は音響技術がどのように進歩し、それが人々の音楽の聴き方にどう影響してきたかを論じたもの。形式的には従来同様の内容一致問題を主軸にしており、総語数も昨年並みである。パラグラフごとの内容を問うAが5問、見出しを問うBが1問だった。昨年まで見られた本文全体のテーマを問う問題は見られなかった。本文の内容や設問は標準的で、A問1〜5の設問文には該当する段落が示されているので取り組みやすい。ここまでの問題で時間を使いすぎていなければ、高い正答率が期待できるだろう。