センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
日本史A
全体概観

戦後史から近世後期へと比重が移り、図版・地図・表が減少した 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  


大問数6題、小問数34題の問題数は昨年度と同様。
日本史Bとの共通問題は、昨年度と同様で第3問と第5問であった。
時代別にみると、昨年は全くみられなかった前近代からの出題が増加した(2012年度ではわずかではあるが「天保の飢饉」などが出題されていた)。昨年多くみられた戦後史・社会経済史からの設問が減少し、歴史用語の空欄補充問題が増加したため、全体的に難易度が下がった。出題分野としては、人物史(手塚治虫)が第5問で復活したことが、特筆すべき点としてあげられる。出題形式は、例年どおり、歴史用語の空欄補充組合せ問題・正文(誤文)選択問題・文章の正誤組合せ問題が中心であるが、昨年減少した年代整序問題が増加した(2012年度は34問中5問→2013年度は34問中3問→2014年度は34問中5問)。また、歴史用語の空欄補充問題が増加した(2012年度34問中6問→2013年度34問中5問→2014年度34問中8問)。
図版・地図・表を用いた設問が大幅に減少した(2013年度は34問中5問→2014年度は34問中3問)。今年度は、「スポーツの報道に関する新聞記事」、「1875年から1915年における租税収入の推移」、「地図→薩摩・会津の位置を問うもの」がとりあげられた。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2014

 

 

第1問

メディアの歴史

3

3

8

第2問

近世後期から明治初期の政治・社会

6

6

18

第3問

明治期の租税制度

4

4

12

第4問

明治期の宗教と社会

5

5

15

第5問

手塚治虫とその時代

8

8

23

第6問

1920年代以降の日本の政治・外交

8

8

24

2013

 

 

第1問

東京・上野の歴史

3

3

8

第2問

幕末から明治初期の政治・外交

6

6

18

第3問

明治期における特許制度

4

4

12

第4問

明治期の歴史学の展開

5

5

15

第5問

20世紀の日本における軍事と政治・経済・社会とのかかわり

8

8

23

第6問

昭和期の社会・文化

8

8

24

2012

 

 

第1問

地域の歴史と人々

3

3

8

第2問

近世後期から明治前期の政治・経済・社会

6

6

18

第3問

明治期における日本の領土とその支配

4

4

12

第4問

幕末期以降の貿易・商社

5

5

15

第5問

市川房枝とその時代

8

8

23

第6問

近現代の社会・文化

8

8

24

2011

第1問

テレビドラマに関する親子の会話

3

3

8

第2問

幕末〜明治時代初期の政治と近代化

6

6

18

第3問

金子堅太郎

4

4

12

第4問

明治時代の政治・外交

5

5

15

第5問

近現代の日本の経済・社会

8

8

23

第6問

近現代の戦争とメディア

8

8

24


過去の平均点の推移

2013 2012 2011 2010 2009
41.64点 48.74点 52.01点 48.42点 46.51点

設問別分析
第1問 メディアの歴史
会話文形式による問題文、小問3問の構成は昨年までと同様である。問3は昨年の第4問・問2でも類似した形式が出題されているので戸惑うことはなかっただろう。「若槻首相」などのキーワードを素早く見つけることがポイントとなる。

第2問 近世後期から明治初期の政治・社会
幕末に来日した外国人の記録を素材とした問題。問2の整序問題は3つの選択肢の時期が離れており、判断しやすい。問6Cの徴兵令については、昨年の第2問・問4Bで類似した誤文が出題されている。全体的に平易であった。

第3問 明治期の租税制度
日本史B・第5問との共通問題。昨年度は明治期における特許制度というやや特殊なテーマであったが、今年度は明治期の租税制度という、誰もが一度は学習したことがあるであろうテーマがとりあげられた。昨年度の第5問・問8で「消費税」が出題されたことを考えれば、2014年の「消費増税」という、社会的に重大な出来事を受験生に意識させた内容であったといえよう。問2の日英通商航海条約は、昨年度の第3問・問4で出題されている。問4の表の読解については、例年通り、著名な歴史事項に関する正確な年代の把握が必要であった(本問では「日露戦争」と「関税自主権の完全回復」)。

第4問 明治期の宗教と社会
5問中2問が歴史用語の空欄補充問題であったため、大きく時間をとられることもなかっただろう。問2は受験生にとって消去法で選択するしかない設問であったが、全体的に複雑な出題形式ではないこと、明治期の教育については昨年も出題されていることなどから、じっくり取り組むことが可能であったと思われる。

第5問 手塚治虫とその時代
日本史B・第6問との共通問題。漫画家の手塚治虫が問題文にとりあげられ,1920年代から戦後の高度経済成長期までを対象とする設問が出題された。昨年度はみられなかった人物史の問題が復活したが、政治家や外交官など、教科書に必ず登場しているわけではない漫画家をとりあげた問題は、新傾向だといえるだろう。問1は問題文と下線部をよく読んだうえで時期を判断しなければならない設問で、「問題文を読まなくても解答できる」と考えている受験生に警鐘を鳴らす性格をもつものであった。太平洋戦争中について、かなり細かい知識が必要とされる地図問題や、1980年代の問題などがみられた昨年の問題に比して、全体的に平易であったが、「革新首長」や「日本学会議」などは、受験生にとってみればややなじみの薄い歴史用語であったと思われる。

第6問 1920年代以降の日本の政治・外交
1920年代から1970年代までを対象とした問題。昨年はグラフの読解が1問含まれていたが、図版や表を用いた設問もなく全体的に平易であった。問4の年代整序問題はやや細かい知識が必要である。問5−bの「切符制」については昨年度(第6問・問3A)にも出題されている。