センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
理科総合B
全体概観

質的にも量的にも取り組みやすくなった。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少(-2) | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

第4問以外は大問内でさらに2つの大問に分かれており、取り組みやすい構成であった。また、生物分野と地学分野の区分は明確であった。リード文は丁寧であり、図もわかりやすい。文章や図を素直に捉えることができれば、掘り下げて学習していなくても解答できる問題が多かった。リード文を見ずに小問だけを見て答えられるような単発の問題も、例年に比べて多かったといえる。各小問における選択肢も、判断に迷うようなものは少なく、素直であった。遺伝のように論理と計算が同時に要求される問題も見当たらなかった。 実質的に計算問題は1題であり、落ち着いて解けばできる比例計算となっていた。資料についてもシンプルであり、グラフや表中の数値に対して慎重に取り組まねばならないものは無かった。 設問によっては生物分野に比べて若干地学分野が難しい傾向が見られたが、これら2分野の間に大差はない。例年と形式的な違いはほぼないといってよいので、過去問をじっくり研究した受験生にとっては高得点が狙えるだろう。全体として昨年に比べてやや易化した。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2014

第1問

探究活動

6

7

25

第2問

地球表層のプレート運動、地球と生命の変遷

5

7

25

第3問

地域の自然の特徴

5

7

25

第4問

人間の活動と地球環境のかかわり

6

6

25

2013

 

第1問

身近な環境における多様性

5

7

25

第2問

地球と生物の移り変わり

7

8

25

第3問

自然環境と生物の変化

6

7

25

第4問

人間活動と地球環境とのかかわり

4

7

25

2012

 

第1問

太陽放射と身近に生育する植物

5

6

25

第2問

地球と生物の移り変わり

7

8

25

第3問

生物と自然のつり合い

7

7

25

第4問

人間生活と地球環境の変化

6

7

25

2011

第1問

自然の変化

7

7

24

第2問

地球と生物の歴史

7

7

25

第3問

生物多様性と地球環境

8

8

25

第4問

人間の活動が大気環境に及ぼす影響

6

7

25

過去の平均点の推移

2013 2012 2011 2010 2009
54.41点 60.36点 54.58点 64.83点 58.35点

設問別分析
【第1問】A 土壌動物の採集、B 太陽定数 
Aは、これまで見られた実験器具の使い方やスケッチのとり方、対照実験がなりを潜め、予備知識があまりなくとも表中の数値を見ながら考えることができる問題となっていた。問2が若干難しいが、受験生であれば消去法で十分だろう。動植物と光の関係については、2012年第1問のゼニゴケや2008年第1問の樹木の葉の大きさ等で既出である。Bは、本年のセットの中では難問といえる。実験器具もグラフもわかりやすいのだが、問4の根拠選択は日頃から理詰めで考えていないと困難である。問5は単なる比例計算といってしまえばそれまでだが、後回しにしてもよかっただろう。問6の太陽定数の定義はきっちり理解した上で暗記していれば難しくないが、苦手な受験生が多いだろう。太陽定数がらみの問題は、2012年第1問や2009年第1問等で既出である。

【第2問】A プレートと地球の内部構造、B 地球と生命の変遷
Aの問1は自分の知識と経験だけに頼ろうとすると危険である。素直に図1を見れば簡単に解析できる。問2と問3は単純な暗記問題であったが、日頃から暗記を軽視していると難しかったと思う。これらのような身近で観測できないような自然現象は、常に図表を眺めることで頭にたたき込まねばならない。プレートについては、2012年第2問や2010年第3問等で既出である。
Bは、完全な知識問題である。時系列に系統立って覚えておけば難しくはなかったはず。生命の変遷については、2013年第2問や2011年第2問等で既出である。

【第3問】地形と生態系 
本年のセットの中ではやや生物分野と地学分野の融合のきらいがある。問1a、bは地学の自然地理の問題であるが、単純な暗記でクリアできる。問1cは環境問題で頻出のテーマであり、新聞やニュースで頻繁に取り上げられており、現代人としての素養が問われている。問2以降は資料や図の中にズバリ答えが書いてある。下手に自分の知識と経験だけで解こうとすると非常に具合が悪いタイプの問題である。例年、第3問は難解な専門用語や複雑な資料分析が登場する傾向にあったが、本年は容易であった。

【第4問】A 植物と気温・エネルギー、B 森林と人との関わり 
Aは、与えられた表が解析しやすいので、問1は平易である。問3もグラフの目盛りを読めばすぐに答えが出る。問2は一つ一つ選択肢を解析しようとすれば結構大変だが、二酸化炭素をはじめとする温室効果気体と赤外線の関係は環境問題においても頻繁にクローズアップされているテーマなので、必ず正解したい。 気温・気候変動については2012年問4や2010年問4等で既出である。温室効果についても、2009年問4等で既出。Bの問4の計算は簡単な算数レベルである。あとはグラフを素直に読み取れば良い。問5が本年ではもっとも論理的に高度かもしれないが、棒グラフと事柄を慎重につきあわせればよい。問6は単なる社会常識である。森林と人については、2008年第3問や2007年第3問等で既出である。