センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
倫理
全体概観

小問数が38から37に減少。大問数は4問で昨年度と変わらず。知識力と理解力とをバランス良く問う構成であった。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少(-1) | 変化なし | 増加  
マーク数
減少(-1) | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

昨年度は知識重視の傾向が見られたが、今年度はそれを引き継ぎながらも、定番の資料文読解問題においてより深い読みを求めるなど、知識力と理解力をバランスよく問う姿勢がうかがわれた。第1問では現代思想分野からの出題が増加しており、十分な対策が求められる。第2問は源流思想分野のオーソドックスな問題が並んだ。第3問では昨年度から引き続き初出の思想家が出題されており、学習を進めるうえで用語集での入念なチェックが欠かせない。第4問は第1問と同じく現代思想からの出題が目立った。また、昨年度から連続して出題された思想家もあり、過去問演習の重要性がより浮き彫りとなった。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2014

 

第1問

青年期、現代社会分野

10

10

28

第2問

源流思想

9

9

24

第3問

日本思想

9

9

24

第4問

西洋近代思想

9

9

24

2013

 

第1問

青年期、現代社会分野

11

11

28

第2問

源流思想

9

9

24

第3問

日本思想

9

9

24

第4問

西洋近代思想

9

9

24

2012

 

第1問

青年期の課題

3

3

8

第2問

源流思想

9

9

24

第3問

日本思想

9

9

24

第4問

西洋近代思想

9

9

24

第5問

現代社会分野

8

8

20

2011

 

 

 

 

第1問

自己理解について(青年期の課題)

3

3

8

第2問

努力について(源流思想)

8

9

24

第3問

他者への善行について(日本思想)

8

9

24

第4問

寛容について(西洋近代思想)

8

9

24

第5問

友情・公平・連帯について(現代社会分野)

7

7

20


過去の平均点の推移

                 
2013 2012 20112010 2009
58.83点 69.01点 69.42点68.66点 71.51点

設問別分析
【第1問】青年期、現代社会、現代思想
小問数が昨年度の11から10に1問減少。青年期(問3・問8)、現代社会(問7・問9)・現代思想(問1・問4・問5・問6),グラフ読み取り問題(問2)、趣旨合致問題(問10)という構成で、現代思想分野のボリュームが昨年度からさらに増大した。問2のグラフ読み取り問題は、条件文の丁寧な読みが求められる。問4のセン・問5のロールズは2006年度以来の出題である。

【第2問】源流思想
古代ギリシア思想(問1・問2)、啓示宗教(問3・問6)、インド思想(問7・問8)、中国思想(問4)と、各分野からバランスよく出題されたほか、問5では「他者との関係性」というテーマで横断的に問われた。問9の趣旨合致問題は例年どおり。問1のアリストテレスに関する問題は、正解の選択肢に決め手となるワードが含まれておらず、受験生は迷ったのではないか。

【第3問】日本思想
古代(問1・問2)、中世(問3)、近世(問4・問5・問6)、近代(問7・問8)、趣旨合致問題(問9)という構成で、今年度は近世〜近代にウェイトがおかれた。問3は中世の美学者に関する問題で、例年にない出題である。問6で問われた鈴木正三は初出の思想家であるが、残る2人から十分に解答できる。問8で問われた和辻哲郎は、日本思想分野において最頻出の思想家の1人である。

【第4問】西洋近代思想
ルネサンスから現代まで各時代の思想が幅広く問われた。問2のトマス・モアはかつて誤肢でも出題されている。問4のカントは最頻出の思想家であるが、著作名を求める本問は難しい。問6のマルクスは昨年度から連続しての出題であった。問7のハーバーマスは昨年度は第1問で出題されていた。問8のカミュは初出であり、サルトルの著作名と合わせて求められる知識レベルは高い。