センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
生物I
全体概観

大問数は変化なし、設問数は減少。基本的な知識を問う問題が増加した。考察問題では、データの分量が増えた。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少(-1) | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

大問数は昨年度と同じ5題であり、設問数は昨年度と同じ28問、マーク数は昨年度より1問減少して32であった。問題形式に変更はなく、昨年度と同じであった。知識問題は、基本的には生物Iの教科書の内容を押さえておけば解けるものが大半で、細かい知識が要求される問題は減少した。また、全体に用語の組合せ問題が多いが、難しくない。データ考察問題や遺伝の分量は増加したため、時間がかかったかもしれない。

 

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2014

第1問

細胞と組織

7

7

20

第2問

生殖と発生

5

6

20

第3問

遺伝

5

5

20

第4問

動物の内部環境の調節

6

7

20

第5問

環境と植物の反応

5

7

20

2013

第1問

細胞と組織

6

6

20

第2問

生殖と発生

6

6

20

第3問

遺伝

5

7

20

第4問

動物の内部環境の調節

6

7

20

第5問

環境と植物の反応

5

7

20

2012

第1問

細胞

6

7

20

第2問

生殖と発生

6

6

20

第3問

遺伝

7

7

20

第4問

環境と動物の反応

6

6

20

第5問

環境と植物の反応

6

7

20

2011

第1問

細胞

6

6

20

第2問

生殖と発生

6

6

19

第3問

遺伝

6

7

21

第4問

刺激に対する動物の反応

6

6

20

第5問

環境と植物の反応

6

7

20


過去の平均点の推移

2013 2012 2011 2010 2009
61.31点 64.00点 63.36点 69.70点 55.85点

設問別分析
【第1問】細胞と組織(細胞の構造、体細胞分裂)
細胞の種類や組織、浸透圧、細胞膜の物質輸送に関する基本的な知識問題と実験考察問題である。問1〜問4は基本的な知識問題であり得点差はつかないであろう。ただし、問4は、魚類の浸透圧調節に関する選択肢も含まれ、総合力が必要である。問5は基本的な知識問題である。問6は、計算の前提条件を問う問題であるが、知識がなくても、明らかに間違いの選択肢ばかりなので、正答率は高いと思われる。問7の計算は、図1のdが後期の細胞であることがわかれば容易に解答できるだろう。

【第2問】生殖と発生(重複受精、発生と細胞質)
重複受精や動物の発生に関する基本的な知識問題と、実験考察問題である。問1は体細胞分裂と減数分裂に関する基本的な知識があれば容易に解ける。問2は実験考察問題であるが、実験結果と選択肢を照らし合わせていけば、容易に解ける。問3は、動物名が伏せられており、教科書に載っている実験と結果を思いだせることができるかが勝負で、得点差がついたであろう。問4・問5は、基本的に同じ内容の問題であり、黄色細胞質を含むかどうかで筋肉が分化するという結論が頭の中にあれば、容易に正解できるだろう。ただし、文章選択肢の数が多く、実験結果との照らし合わせに時間がかかるだろう。

【第3問】遺伝(複対立遺伝、三点交雑、伴性遺伝)
複対立遺伝子、連鎖・組換え、伴性遺伝に関する典型的な計算問題である。三点交雑については、伴性遺伝と連鎖・組換えの両方をこなさなくてはならず、時間がかかったであろう。問1・問2は、アサガオの葉の複対立遺伝子の遺伝の計算問題であるが、容易に解ける。問3は典型的な伴性遺伝の問題であり、雄親から受け継ぐ染色体がX染色体であることがわかれば容易に解ける。問4・問5は典型的な三点交雑に関する実験考察問題、計算問題であるが、データの処理方法を知っているかどうかが勝負。過去問や問題集、模試などで練習していれば容易に解ける。ただし、時間はある程度かかるだろう。

【第4問】動物の刺激の受容と恒常性の維持(耳の構造、ホルモン)   
耳の構造、ホルモンに関する基本的な知識問題とホルモンに関する実験考察問題である。問1は、音波の受容に関する知識問題である。やや細かい知識が要求され、得点差がついたであろう。問2・問3は、耳の構造や前庭、半規管に関する基本的な知識問題であり、ここでは得点差はつかないと思われる。問4・問5は、両生類の変態とホルモンに関する実験考察問題であるが、グラフの結果だけ見ても何の結論も得られないが、選択肢と照らし合わせれば容易に正解できる。ただし、問5は問4が正解でないと正答を導くことができず、得点差がつくであろう。問6は神経分泌細胞に関する知識問題であるが、図4の理解と知識を総合せねばならず、ここで得点差がついたと思われる。

【第5問】環境と植物の反応(植物ホルモン、屈性、花芽形成とフロリゲン)
植物ホルモン、屈性、花芽形成に関する基本的な知識問題と花芽形成に関する実験考察問題である。ここ近年では珍しく、非常にデータ量が多く、時間のかかる実験考察問題である。問1は、植物ホルモンに関する基本的な知識問題であり、容易である。問2は一見、実験考察問題に見えるが、典型的な知識問題であり、問題文にも「図1を参考にしながら」とあり、教科書の知識を前提に解けばよい。問3は、図3の左が根のグラフであることがわかれば容易に解ける。問4は表1から長日植物、短日植物の区別は容易であるが、表1は日長のデータであり、限界暗期でないことに注意。Cの選択肢に引っかかった受験生が多かったと思われる。問5の実験考察問題は、表2の結果が膨大で処理に時間がかかったであろうが、選択肢から比較的楽に判断でき、時間切れさえなければそれほど得点差はつかなかったであろう。