センター試験解答速報2014

更新情報

24日 17:56 2014年度センター試験平均点中間発表(その2) 公開
23日 15:35 センター試験 東進合否判定ライン 公開
23日 12:30 センター試験 二段階選抜予想得点 公開
22日 16:58 英語 解説 公開
22日 16:57 リスニング 解説 公開
22日 16:55 国語 解説 公開
22日 14:50 地学I 解説 公開
22日 14:49 数学II・数学B 解説 公開
22日 14:49 数学I・数学A 解説 公開
22日 13:52 理科総合A 解説 公開
22日 13:51 物理I 解説 公開
22日 13:51 生物I 解説 公開
22日 13:50 地理B 解説 公開
22日 13:45 化学I 解説 公開
22日 13:41 世界史B 解説 公開
22日 13:41 日本史B 解説 公開
22日 13:41 倫理、政治・経済 解説 公開
22日 13:40 倫理 解説 公開
22日 13:40 現代社会 解説 公開
22日 13:40 理科総合B 解説 公開
22日 13:39 政治・経済 解説 公開
21日 21:13 生物I 全体概観 更新
20日 20:16 日本史B 全体概観 更新
20日 センター試験東進予想平均点(1/20)公開
19日 19:15 数学II 設問別分析 公開
19日 19:14 数学II 全体概観 公開
19日 19:04 数学II 新3年アドバイス 公開
19日 18:54 数学II 新2年アドバイス 公開
19日 18:33 数学II・数学B 全体概観 更新
19日 18:18 数学II・数学B 設問別分析 公開
19日 17:49 数学I 設問別分析 公開
19日 17:48 数学I 全体概観 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
19日 17:29 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
19日 17:28 センター試験2日目 問題・解答公開
19日 17:04 数学I 新3年アドバイス 公開
19日 17:03 数学I 新2年アドバイス 公開
19日 16:45 数学II・数学B 全体概観 公開
19日 16:25 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
19日 16:23 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
19日 16:19 数学I・数学A 設問別分析 公開
19日 16:19 数学I・数学A 全体概観 更新
19日 16:00 理科総合B 設問別分析 公開
19日 15:58 理科総合B 全体概観 更新
19日 15:35 理科総合A 設問別分析 公開
19日 15:25 物理I 設問別分析 公開
19日 15:18 生物I 新3年アドバイス 公開
19日 15:17 生物I 新2年アドバイス 公開
19日 14:54 理科総合A 全体概観 更新
19日 14:50 地学I 設問別分析 公開
19日 14:47 地学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:47 地学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:47 数学I・数学A 全体概観 公開
19日 14:37 地学I 全体概観 更新
19日 14:37 生物I 全体概観 更新
19日 14:32 生物I 設問別分析 公開
19日 14:29 化学I 設問別分析 公開
19日 14:24 物理I 新2年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新3年アドバイス 公開
19日 14:22 化学I 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 物理I 新3年アドバイス 公開
19日 14:14 物理I 全体概観 更新
19日 13:31 化学I 全体概観 更新
19日 13:24 理科総合A 全体概観 公開
19日 12:48 物理I 全体概観 公開
19日 12:48 理科総合B 全体概観 公開
19日 12:36 生物I 全体概観 公開
19日 12:34 化学I 全体概観 公開
19日 12:33 地学I 全体概観 公開
18日 20:47 リスニング 設問別分析 公開
18日 20:40 リスニング 新3年アドバイス 公開
18日 20:39 リスニング 新2年アドバイス 公開
18日 20:38 センター試験1日目 問題・解答公開
18日 20:04 リスニング 全体概観 更新
18日 19:28 リスニング 全体概観 公開
18日 18:46 英語 設問別分析 公開
18日 18:32 英語 全体概観 更新
18日 18:30 英語 新2年アドバイス 公開
18日 18:30 英語 新3年アドバイス 公開
18日 17:29 日本史A 設問別分析 公開
18日 17:27 英語 全体概観 公開
18日 17:23 国語 新2年アドバイス 公開
18日 17:22 国語 新3年アドバイス 公開
18日 17:21 日本史B 全体概観 更新
18日 17:21 国語 設問別分析 公開
18日 17:20 国語 全体概観 更新
18日 17:10 地理A 新2年アドバイス 公開
18日 17:09 地理A 新3年アドバイス 公開
18日 17:01 地理A 設問別分析 公開
18日 16:38 地理A 全体概観 公開
18日 16:34 世界史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:34 世界史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:29 日本史B 設問別分析 公開
18日 16:18 日本史A 全体概観 公開
18日 16:10 日本史A 新3年アドバイス 公開
18日 16:10 日本史A 新2年アドバイス 公開
18日 16:02 世界史A 設問別分析 公開
18日 15:37 世界史A 全体概観 公開
18日 15:30 地理B 新2年アドバイス 公開
18日 15:29 地理B 新3年アドバイス 公開

1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

2日目解答

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 
数学II・数学B
全体概観

大問数には変化がない。問題によって誘導が丁寧である箇所とそうでない箇所の差があり、解きにくい問題もあったが、全体的には昨年並みの難易度と思われる。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

必答問題2題、選択問題4題から2題選択の計4題の構成は昨年度までの形式を踏襲している。必答問題では、第1問は昨年に引き続き図形と方程式、指数・対数関数で構成されている。第2問の微分・積分は極値についての計算が多く出題された。選択問題は、第3問(数列)は、次々と数列を定義していく漸化式の問題で、計算量も多い。第4問(ベクトル)は、空間ベクトルの座標成分が与えられている問題であるが、図形が立方体であるので計算量はそれほど多くない。

年度

大問

出題分野

配点

2014

 

 

 

第1問

[1]図形と方程式

30

[2]指数・対数関数

第2問

微分・積分

30

第3問

2問選択

数列

20

第4問

ベクトル

20

第5問

統計

20

第6問

数値計算とコンピュータ

20

2013

 

 

 

第1問

[1]図形と方程式

30

[2]指数・対数関数

第2問

微分・積分

30

第3問

2問選択

数列

20

第4問

ベクトル

20

第5問

統計

20

第6問

数値計算とコンピュータ

20

2012

 

 

 

第1問

[1] 指数・対数関数

30

[2] 三角関数

第2問

微分・積分

30

第3問

2問選択

数列

20

第4問

ベクトル

20

第5問

統計

20

第6問

数値計算とコンピュータ

20

2011

 

第1問

[1] 三角関数

30

[2] 指数・対数関数

第2問

微分法・積分法

30

第3問

2問選択

数列

20

第4問

ベクトル

20

第5問

統計

20

第6問

数値計算とコンピュータ

20

過去の平均点の推移

2013 2012 2011 2010 2009
55.64点 51.16点 52.46点 57.12点 50.86点

設問別分析
【第1問】図形と方程式、指数・対数関数
[1] (図形と方程式)
 直線と円の方程式。計算量が少なく、誘導も極めて丁寧なので、解きやすかったと思われる。誘導に乗らず、点と直線の距離の公式を利用するとすぐに解答が出てしまう設問もあった。

[2] (指数・対数関数)
 指数の不等式に関する問題であり、真数が自然数になっている。最終的には不等式を満たす自然数の組の個数を求めるよう誘導されている。誘導が非常に丁寧なので解きやすかった問題である。
 
【第2問】微分法・積分法
 3次関数の問題であり、前半は極値の存在から極大値・極小値の計算。後半は接線を絡めた問題となっている。最後に放物線と接線が囲む図形の面積を求める。この設問は面積公式が使えないので注意すること。

【第3問】数列 (選択問題)
 隣接2項間漸化式についての標準的な問題。置き換えにより次々多くの数列が現れるが、誘導に従って解き進めれば、容易に解答できたと思われる。ただ、現れる数列の多さに比例して計算量は多いので、途中計算のミスには注意する必要がある。

【第4問】ベクトル (選択問題)
 空間ベクトルの問題である。成分計算、直交条件など、標準的な作業を進めていくことになる。平行四辺形の面積、三角錐の高さ及び体積を扱っているが、もとになっている立体が立方体であること、さらに誘導も丁寧であることから、比較的解きやすかったと思われる。

【第5問】統計 (選択問題)
 生徒9人の小テストの得点についての計算問題。前半は英語、数学の2教科についての数値計算のみだが、途中で1人転入して10人での計算に。このとき2科目とも平均は変わらず、分散が変化。さらに1人転出し、平均が変わらない場合に転出者は誰かを求める。やや面倒であるが、計算はそれほど重くないので、素直に誘導に従っていくことができれば高得点が狙える。

【第6問】数値計算とコンピュータ(選択問題)
 2以上の自然数Nに対してN!の素因数分解を考える問題。前半は素因数2の個数を考え、その後にプログラムを書き換えて素因数5の個数を考えてから2014!を10で何回割れるかを求める。最終的に完全に素因数分解するためのプログラムに変更する。簡単なプログラムであり、難しくはないが、計算でミスしないようにしたい。