大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

図表の点数が大幅に増加し、やや難化か。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

・分量
大問数は例年通り5題である。設問数とマーク数は前年同様、ともに34である。
・形式
組合せ式の設問は前年(10問)から大きく増えて16問(6択式12、4択式4)となった。図版数も前年(25点)から大きく増えて35点となったが、そのうち写真資料は4点であった。
・構成と内容
前年同様に第1問がAとBに分かれ、Aは「地理の基礎的事項」、Bは「日本の自然環境と防災」であった。第2問も前年と同じ「世界の生活・文化」に当てられた。
第3問の地誌では、「オーストラリア」が扱われた。
第4問は例年通り「地球的課題」の分野から出題されたが、一昨年と同様に「世界の結びつき」との組み合わせであった。
第5問は、例年通り地理B(第6問)との共通問題となる「地域調査」であった。
・難易度
いずれも高校地理に関する標準的な知識や図表を読み取る力を要求する問題であり、総合的な学力が求められる。全体的に標準レベルの設問が多いが、資料の読み取りに時間がかかるだろう。難易度としては易化した昨年に比べてやや難しくなったと思われる。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

 

 

第1問

A 

地理の基礎的事項

5

5

14

日本の自然環境と防災

3

3

9

第2問

世界の生活・文化

7

7

20

第3問

オーストラリア

7

7

21

第4問

世界の結びつきと地球的課題

6

6

18

第5問

地域調査(岐阜県高山市)

6

6

18

2017

 

 

第1問

A 

地理の基礎的事項

5

5

23

日本の自然環境と災害

3

3

18

第2問

世界の生活・文化

6

6

21

第3問

ラテンアメリカ

7

7

21

第4問

地球的課題

6

6

18

第5問

地域調査(長崎県壱岐島)

7

7

20

2016

 

 

第1問

地理の基礎的事項

8

8

22

第2問

日本の自然環境と防災

5

5

15

第3問

世界の生活・文化

7

7

21

第4問

地球的課題と世界の結びつき

8

8

24

第5問

地域調査(岩手県北上市)

6

6

18

2015

 

 

第1問

地理の基礎的事項

8

8

24

第2問

国境を越えた様々な結びつき

7

7

21

第3問

東アジア地誌

7

7

21

第4問

地球的課題と国際協力

5

6

16

第5問

地域調査(北海道富良野市)

6

6

18

2014

 

 

第1問

地理の基礎的事項

8

8

23

第2問

国境を越えた様々な結びつき

7

8

22

第3問

アフリカ地誌

7

8

22

第4問

地球環境問題と国際協力

5

6

16

第5問

地域調査(愛知県知多半島)

6

6

17

2013

 

 

第1問

地理の基礎的事項

8

8

24

第2問

国境を越えた様々な結びつき

7

7

21

第3問

南アジアにおける自然環境と人々の生活

7

7

22

第4問

地球的課題と国際協力

5

5

15

第5問

地域調査(徳島県鳴門市)

6

6

18

過去の平均点の推移

2017 2016 2015 2014 2013
57.08点 52.14点 51.40点 51.76点 50.09点

設問別分析

【第1問】地理の基礎的事項および日本の自然環境と防災
例年と同様に、図や写真などを用いて基礎的な知識を問う総合問題である。A・B2つの分野を組み合わせているが、全体として標準的な大問である。

問1 地形における最高点と最低点の差に関する判定。やや難しい問題。
問2 2地点の気候グラフと作物の組み合わせ。ライ麦を除外できれば早い。
問3 旅客機の飛行時間と恒常風に関する判定。逆風になるのはどれか。
問4 地形図上の登山ルート判定。面倒だが1文ずつ確認していくこと。
問5 経線に関する文章の正誤判定。やや微妙な誤文を的確に選びたい。
問6 防災・減災に関する正誤判定。「正・正」「誤・誤」は選びにくいが…。
問7 地震の2タイプに関する正誤判定。@やAも知識ではなく理屈で判断。
問8 過去の絵図と災害の予測。常識を働かせて判断したい。


【第2問】世界の生活・文化
前年と同じ分野からの出題であった。基本的な知識の運用で高得点を目指したい大問である。

問1 生活と交通に関する文章判定。4都市とも判定しておきたい。
問2 住居に関する写真の判定。地理A では頻出のテーマである。
問3 動植物の油の利用に関する正誤判定。アブラヤシは熱帯に産する。
問4 家畜の分布に関する統計地図の判定。豚肉は宗教との関係も重要。
問5 砂糖やカカオ豆に関する空欄補充。基本的な知識である。
問6 世界の文字に関する正誤判定。隣国のことだが、やや判断しづらい。
問7 国ごとの宗教別人口統計。基本的な問題なので4つとも判定したい。


【第3問】オーストラリア
前年のラテンアメリカに次いでいわゆる「新大陸」からの出題。標準的な内容であった。

問1 4地点の雨温図の判定。頻出タイプの問題である。
問2 アボリジニーの文化に関する問題。ブーメランは狩りの道具であった。
問3 3都市の説明文の組み合わせ。首都選定に関する背景を知っておきたい。
問4 外国生まれの居住者に関する統計判定。白豪主義撤廃の背景を考える。
問5 地下資源産地の分布に関する統計地図の判定。鉄鉱石は安定陸塊。
問6 土壌の塩性化に関する文章正誤判定。Aの地名はやや細かい。
問7 観光と人的交流に関する文章正誤判定。文中の用語の理解が前提。


【第4問】世界の結びつきと地球的課題
第4問は例年、「地球的課題」に関する出題となっている。一昨年同様に「世界の結びつき」との組み合わせで出題された。標準的な内容だが、統計の判定には時間をかけて丁寧に解きたい。

問1 日本の輸入貿易に関する流線図の判定。米国以外の国が判定の鍵。
問2 食料問題に関する正誤判定。誤りの内容が明白である。
問3 森林に関する統計の判定。薪炭材の意味を知っておきたい。やや難。
問4 国際線運航便に関する図の判定。面白い題材だが、判別は難しい。
問5 日本の都市問題に関する正誤判定。用語に惑わされないようにしたい。
問6 ODAに関する統計判定。植民地支配の歴史を想起して判断する。


【第5問】地域調査(岐阜県高山市)
例年通り地理B(第6問)との共通問題である。設問数は、昨年一つ増えたものが、元に戻されて6問となった。例年出題される新旧地形図の比較がなかった。全体としては標準的な難易度の大問である。

問1 3都市の気候判定。日本海側・太平洋側・内陸の特徴をつかむ。
問2 統計地図における指標の意味が分かっていれば、常識で判断できる。
問3 会話文の判定。会話内容を丁寧に読解しないと混乱しそうである。
問4 地形図の判読。基本的な地図記号の知識で判定可能である。
問5 観光に関する統計の読み取り。下線部だけを見ていると間違いやすい。
問6 標高と植生帯との組み合わせ。一般的な理解を当てはめて考える。

SNSでシェアしよう!