大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

出題形式、出題傾向とも昨年同じ 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

出題形式や傾向の変化はなく、一昨年変化のあった第4問は、一昨年・昨年の出題形式が今年も踏襲され、第4問Aは長めの英文(200語)、Bは3人の会話(発言数7、総語数300語)を聞いて、それぞれ3つの問いに答える問題であった。全体の総語数は約1150語で例年ほぼ一定しており、英文の読み上げが標準的な速度で設問ごとに2回繰り返される点も変わらなかった。  内容面では、第3問B(長めの対話)が「地図を見ながら観光予定について話している夫婦の対話」、第4問A(長めの英文)が「ある男性による日本留学当時の体験談」、第4問B(3人の長めの会話)が「海外留学する学生のための小冊子に関する話し合い」であった。  第1問の計算を要する問題やグラフの変化を読み取る問題等、センター試験のリスニングでは、聞き取った情報から適切な判断を下す思考力も求められる。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

第1問

短い対話の内容に合う絵などを選ぶ

6

6

12

第2問

短い対話の後に続く応答文を選ぶ

7

7

14

第3問

A

短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

第4問

A

長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの会話(3人)の内容について、質問に答える

3

3

2017

第1問

短い対話の内容に合う絵などを選ぶ

6

6

12

第2問

短い対話の後に続く応答文を選ぶ

7

7

14

第3問

A

短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

第4問

A

長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの会話(3人)の内容について、質問に答える

3

3

2016

第1問

短い対話の内容に合う絵などを選ぶ

6

6

12

第2問

短い対話の後に続く応答文を選ぶ

7

7

14

第3問

A

短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

第4問

A

長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの会話(3人)の内容について、質問に答える

3

3

2015

第1問

短い対話の内容に合う絵などを選ぶ

6

6

12

第2問

短い対話の後に続く応答文を選ぶ

7

7

14

第3問

A

短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの対話の内容について、図表を完成する

3

3

第4問

A

短い英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

12

B

長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ

3

3

過去の平均点の推移

2017 2016 2015 2014 2013
28.11点 30.81点 35.39点 33.16点 31.45点

設問別分析

【第1問】短い対話の内容に合う絵などを選ぶ問題
例年同様、絵や数値・語句を選ぶ問題構成であった。絵については、1つは話者が見ている写真を選ぶ問題で、もう1つは話者が話しているグラフを選ぶ問題であった。数値に関する問題も、例年通り計算を必要とする問題であったが、やや複雑で、焦ってしまうと取りこぼしをしかねない。その他の2題は、対話中で述べられている内容に合う選択肢を選ぶ問題で、読み上げられた語が選択肢では言い換えられている点がポイントとなっている。第1問全体としては総じて標準的なレベルであった。

【第2問】短い対話に続く応答を選ぶ問題
対話の最後に続く応答を選ぶ問題で、例年同様の問題構成であった。対話が行われている状況を正しく判断できているかどうかが問われている。Yes/Noで答えるような直接的な応答ではなく、ひとひねりを加えた選択肢も多く、第2問としてはやや難しく感じた受験生が多かったのではないか。

【第3問】A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ
     B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ
A・Bとも設問形式に大きな変更はなかった。Aは昨年同様、短い対話の内容について質問に対する答えを選ぶ問題が3題であったが、いずれも設問で求められている内容をしっかりと聞き取る必要があった。Bも昨年同様、長い対話を一つ聞いて3つの設問に答える形式だった。対話の内容は、夫婦が駅前で地図を見ながら今日と明日の観光の予定について話し合うという日常的なもので、観光予定の時間や場所、今日と明日の予定の区別など、複数の情報を集中して聞き取り、落ち着いて順に情報を整理する必要があった。

【第4問】A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ
     B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える
Aは昨年と同様、長めの英文(回想文)を一つ聞いて3つの設問に答える形式の問題であった。聞き取る英文の長さは昨年とほぼ同じで、難易度もほぼ変わらなかったと言えるだろう。設問形式も昨年とほぼ同じであり、やや紛らわしい選択肢が含まれているが、発言者の置かれていた状況が大体把握できれば、あらかじめ対策を立てて臨んだ受験生には十分対処できたであろう。Bも昨年と同様、3人の会話を聞き取る問題で、国際交流センターでの大学生の会話が題材だった。最後の設問は、3人の発話者の共通点を答える問いで、長い会話を集中して聞き取る力が必要だっただろう。

SNSでシェアしよう!