全国統一テスト企業案内採用情報サイトマップニュースリリース
東進ドットコムトップページ > センター試験解答速報2019 > 世界史A学習アドバイス
トップヘ戻る。 センター速報 学習アドバイス

◆出題の中心は近現代史
センター試験の「世界史A」では、大問ごとにまとまった1つのテーマに沿ったリード文から出題されています。世界史上の人物や出来事の内容について問うものが多い傾向となっています。各地域・時代ごとの基本事項について正確に理解していることが求められます。

◆教科書・資料集を読んで派生学習を進めよう
16世紀以降を中心に、時代・地域ごとの基本事項について理解することが学習の基礎となります。教科書を読み、太字の部分を中心に歴史の流れを押さえましょう。出来事についての出題が見られるので、背景・内容・結果について常にまとめて身につけるようにしましょう。
図版・略年表を用いた出題もあるので、資料集の地図や年表などにも目を通しておきましょう。また、政治史のほか文化史や産業史など出題分野が広いので、特定の分野に偏らないように気をつけて学習を進めましょう。
「世界史A」にあまり時間をかけられない場合もあるかもしれませんが、前近代も含めた基本事項の理解と、略年表や地図を用いた発展的な学習に重点を置けば高得点が取れるはずです。
普段から新聞・テレビ・インターネットなどのニュースを見て、世界の出来事について関心を持つようにしましょう。現代史の流れがつかめるようになります。「世界史A」は試験直前まで得点の伸びが期待できる科目です。継続して学習し、最後まで粘り強く取り組んでください。

◆過去問の演習を積極的に
センター試験では、限られた時間内に正確に解答する力が求められます。出題形式は正誤判定問題を中心に、2つの文の正誤組合せ問題、年代に関する問題、地図・資料問題などがあり、選択肢は4つ(まれに6つ)です。年代問題については細かい年号まで全て覚える必要はなく、大まかな時代や歴史の流れを理解していれば解くことができます。地図についても同様で、おおよその位置が把握できていれば正解できます。一部教科書には記載のない事項や選択肢の紛らわしいものもありますが、他の選択肢についての理解があれば、消去法で正解にたどり着くことが可能です。過去問の演習を通して問題形式に慣れ、不正解の部分について再度復習をして苦手分野を一つずつ解消していきましょう。

大問数・設問数ともに変化なし。絵画の作者を問う問題が復活し、昨年まで2年連続で1問であった地図問題が3問に増加した。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

昨年と出題形式に変化がなく大問数4、設問数33となった。地図問題の出題数が増加し、例年出題されていた領域を問うものだけでなく、経路を問う問題が出題された。グラフを使用した問題は3年連続で出題され、今年も折れ線グラフ中の数値と年代を関連付けるものであった。昨年出題されなかった絵画問題が復活し、地図・グラフ・絵画など諸資料を活用して学習がなされているか問われた。昨年出題されなかった時期についての理解が問われる正文選択問題が5問出題され、一部難問が見られたものの、難度としては例年並みで、平均点が40点を下回った昨年よりはやや易化したといえる。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2019 第1問 戦争や軍隊 9 9 28
第2問 人・モノ・文化の交流 10 10 30
第3問 食べ物 7 7 21
第4問 国家と指導者 7 7 21
2018 第1問 伝統の利用による国家形成 10 10 30
第2問 帝国主義の時代における教育や人材養成 10 10 31
第3問 海を舞台とした交流や国家・地域の再編 7 7 21
第4問 宗教運動と政治・社会との関わり 6 6 18
2017 第1問 世界史上の植民地の形成や拡大及びその支配のあり方 9 9 27
第2問 世界と日本の結び付き 10 10 31
第3問 ヨーロッパのキリスト教世界 7 7 21
第4問 第二次世界大戦以降の国際関係の展開 7 7 21
2016 第1問 世界史上の国家の再編や建設 9 9 27
第2問 世界史上の農耕や農作物 10 10 31
第3問 世界史上の移住や移民 7 7 21
第4問 世界史上の外交や国際関係 7 7 21
2015 第1問 世界史上のマイノリティ 11 11 34
第2問 世界史上の人間と動物との関わり 11 11 33
第3問 世界史上の社会運動や民衆運動 11 11 33

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015 2014
39.58点 42.83点 42.07点 47.37点 47.78点

◆出題の中心は近現代史
2021年1月から,大学入学共通テストが始まります。世界史Aという科目の性格上,出題の中心は近現代史ということは変わらないと予想されます。これまでのセンター試験の「世界史A」では、大問ごとにまとまった1つのテーマに沿ったリード文から出題されてきました。世界史上の人物や出来事の内容について問うものが多い傾向となっています。各地域・時代ごとの基本事項について正確に理解していることが求められてきました。

◆世界・歴史について関心を持とう
世界史の学習を進めるにあたって、歴史を好きになる・興味を持つことが大切です。教科書や資料集に記載されている事項について、関連する書籍や映画などに触れて意識を膨らませましょう。「どんな人物なのか」「どんな出来事なのか」と興味・関心を持って接することで、世界史について知ることが面白くなるはずです。大学入学共通テストまで時間は十分にありますので、楽しみながら学習を進めましょう。その際、どこの場所で起こった出来事か、つまり地理的な理解をしながら進めると、後々役立ちます。
学習の中心は教科書になりますが、世界史Bの試行調査を鑑みるに図版・略年表・史料を用いた出題が考えられますので、資料集の地図や年表・グラフ・史料などにも目を通しておきましょう。また、政治史のほか、文化史や産業史など幅広く学習を進めましょう。
普段から新聞やテレビやインターネットなどのニュースを見て、世界の出来事について関心を持つようにしましょう。現代史の流れがつかめるようになり、社会・時事の勉強にもなります。

◆入学試験問題に触れよう
これまでのセンター試験では、正誤判定問題を中心に、2つの文の正誤組合せ問題、年代に関する問題、地図・資料問題などがありました。問題形式についてはこの形式も残るでしょう。年代問題については大まかな時代や歴史の流れが,地図についてはおおよその位置が把握できていれば正解できました。世界史Aという科目で求められる力は同じですので,この傾向は大きく変わらないと予想されます。ある程度学習が進んだら、実際に出題されたセンター試験型の過去問を解いてみましょう。自分の苦手な分野や問題形式が分かります。不正解の部分を中心に復習をして、苦手な分野や形式を解消していきましょう。

大問数・設問数ともに変化なし。絵画の作者を問う問題が復活し、昨年まで2年連続で1問であった地図問題が3問に増加した。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

昨年と出題形式に変化がなく大問数4、設問数33となった。地図問題の出題数が増加し、例年出題されていた領域を問うものだけでなく、経路を問う問題が出題された。グラフを使用した問題は3年連続で出題され、今年も折れ線グラフ中の数値と年代を関連付けるものであった。昨年出題されなかった絵画問題が復活し、地図・グラフ・絵画など諸資料を活用して学習がなされているか問われた。昨年出題されなかった時期についての理解が問われる正文選択問題が5問出題され、一部難問が見られたものの、難度としては例年並みで、平均点が40点を下回った昨年よりはやや易化したといえる。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2019 第1問 戦争や軍隊 9 9 28
第2問 人・モノ・文化の交流 10 10 30
第3問 食べ物 7 7 21
第4問 国家と指導者 7 7 21
2018 第1問 伝統の利用による国家形成 10 10 30
第2問 帝国主義の時代における教育や人材養成 10 10 31
第3問 海を舞台とした交流や国家・地域の再編 7 7 21
第4問 宗教運動と政治・社会との関わり 6 6 18
2017 第1問 世界史上の植民地の形成や拡大及びその支配のあり方 9 9 27
第2問 世界と日本の結び付き 10 10 31
第3問 ヨーロッパのキリスト教世界 7 7 21
第4問 第二次世界大戦以降の国際関係の展開 7 7 21
2016 第1問 世界史上の国家の再編や建設 9 9 27
第2問 世界史上の農耕や農作物 10 10 31
第3問 世界史上の移住や移民 7 7 21
第4問 世界史上の外交や国際関係 7 7 21
2015 第1問 世界史上のマイノリティ 11 11 34
第2問 世界史上の人間と動物との関わり 11 11 33
第3問 世界史上の社会運動や民衆運動 11 11 33

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015 2014
39.58点 42.83点 42.07点 47.37点 47.78点

▼新高3生・新高2生・新高1生の君へ▼

SNSでシェアしよう!