大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

大問数、設問数、マーク数はいずれも昨年と同様であった。例年の出題傾向を踏襲しているものの、受験生が比較的苦手としがちな文化史、戦後史、東南アジア史に関わる選択肢が多かった。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

大問数は4問。設問数は2005〜2019年に引き続いて各9問と例年通りであり、グラフの読み取り問題は5年連続で出題された。グラフ問題は、昨年空欄補充とグラフを組み合わせた新しい出題形式であったが、今年はab正誤組合せの形式であり、年号がわかれば正解にたどりつける従来の傾向に戻った。
 地図問題も、昨年のように表示領域と時期の組合せではなく、今年は地名と位置の組合せを問う例年の形式に戻った。空欄補充問題が昨年の3問から2問へ減少した一方で、正文または誤文の文章選択問題の総数は、昨年と同様27問で変化なく、全設問数に占める割合は昨年同様高かった。日本史関連の事柄は第4問のリード文Bで取り上げられており、設問レベルでも、日本史の事項の選択肢を含むものは昨年と同様2問であった。
 戦後史の出題は、昨年の3問から5問に増加しているが、全体としては各時代バランス良く出題されているといえる。文化史が正解となる問題が28点分出題され、受験生が比較的苦手としがちな戦後史・東南アジア史に関わる選択肢も例年より多く、幅広い知識が問われる問題となった。全体的に時代、地域、分野ともにバランスのとれた基本的事項を問う問題で、平均点は昨年並みと予想される。


年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 文化の繁栄や受容 9 9 25
第2問 戦争や対外関係 9 9 25
第3問 図書館と書物 9 9 25
第4問 人やモノの移動 9 9 25
2019 第1問 歴史的建造物や遺跡 9 9 25
第2問 記録や文字 9 9 25
第3問 国際関係 9 9 25
第4問 宗教と政治 9 9 25
2018 第1問 世界史上の帝国や王朝の支配 9 9 25
第2問 宗教や宗教集団 9 9 25
第3問 世界史上の都市とその建造物 9 9 25
第4問 人の移動と戦争との関わり 9 9 25
2017 第1問 世界史上のマイノリティ(少数派) 9 9 25
第2問 世界史上の革命や政治体制の変化 9 9 25
第3問 国家が諸地域を統合するために採用した制度 9 9 25
第4問 世界史における自然環境•資源と人間との関わり 9 9 25
2016 第1問 世界史上の宮廷や宮廷文化 9 9 25
第2問 ユネスコに登録された世界遺産 9 9 25
第3問 世界史上の戦争とその影響 9 9 25
第4問 世界史上の宗教と政治との関係 9 9 25

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
65.10点 65.36点 67.97点 65.44点 67.25点

設問別分析

【第1問】文化の繁栄や受容
Aはフランドルの代表都市ブルッヘ(ブリュージュ)、Bはパルテノン神殿、Cはメキシコ市北部の礼拝堂に祀られる「グアダルーペの聖母」についてのリード文であった。Aではイタリアについての設問のほかに、交易や宮廷文化について、地域・時代ともに幅広く出題された。Bでは文化の受容についてab正誤組合せが出題された。Cでは指導者や南北アメリカについて出題された。全体的に、文化史を含めた幅広い知識が定着しているかが問われたと言える。


【第2問】戦争や対外関係
Aは英仏抗争史、Bは冷戦、Cは日中関係の発展における搶ャ平の役割についてのリード文であった。Aではイギリスとフランスの抗争やその帰結についてab正誤組合せが出題された。Bでは冷戦に関する年代整序6択問題が出題された。Cでは搶ャ平や中国の対外関係についてアジア史を中心に幅広い時代から出題された。全体としては、戦後史を含めた幅広い知識が問われた。


【第3問】図書館と書物
Aはカリフたちによって建てられた三つの図書館、Bは大英博物館図書部、Cはドイツを代表する啓蒙思想家イマニュエル=カントについてのリード文であった。Aの年表補充問題では昨年と同様、中世に関する知識が問われた。Bでは植民地化や1848年革命について地域・時代ともに幅広く出題された。Cではナチス=ドイツに関する地図問題を含め、西洋史を中心に出題された。全体的に、年表補充問題や地図問題などへの対応力が鍵となった。


【第4問】人やモノの移動
Aは漢の武帝が設置した敦煌郡、Bは播州高砂出身の船乗り徳兵衛、Cは第一次世界大戦により変容したドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国についてのリード文であった。Aでは漢の武帝やユーラシアの東西を結ぶ人やモノの動きについて、中国史を中心に幅広く出題された。Bでは移民や移住、芸能や文芸について、文化史の知識を含めた幅広い知識が問われた。Cでは近年定番となったグラフ問題が出題された。グラフについては、年代の知識を問う問題であったため、歴史の流れの正確な把握が求められた。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する