ページを更新する ページを更新する

▼日本一の現役合格実績の理由ワケを体験しよう。お申し込み受付中!▼

冬期特別招待講習(冬期講習)
  • 会場選択(日本地図が表示されます)
  • お申し込み情報入力
  • 申込完了

申込期限: 10月19日(水)

※受験料の支払い方法は、校舎により異なります。お申し込みの際にご案内いたします。

※ハイスクール・衛星予備校校舎では高卒1年目までを受け入れ対象としています。

※早稲田塾校舎では現役生のみ受け入れ対象としています。

申し込みは終了しました

名大本番レベル模試の特長

1試験実施から中8日で成績表をスピード返却

従来の模試では、試験実施から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れたころに返ってくるというのが当たり前でした。東進の「名大本番レベル模試」では、記述形式の模試でありながら、試験実施から最短中8日という答案・成績表のスピード返却を実現。目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

2今後の学習指針が明らかになる充実の成績表

模試は判定を見て終わりではなく、結果をもとにした今後の戦略立案が学力を伸ばし、志望校に合格するために必要不可欠です。東進の成績表では、合格可能性や偏差値を示すのはもちろんのこと、詳細な学力分析データを提供します。例えば設問ごとに、どの単元・ジャンルから出題しているのかを示すとともに、Cライン得点率*を掲載。これにより“特に対策すべき分野”が一目瞭然です。また、昨年同時期の受験者をもとにした成績分布や今回の総志望者における教科ごとの得点分布により、君の現在位置を把握できます。さらに教科ごとに「復習しておきたいポイント」もアドバイスします。充実した成績表は、合格可能性を高めるための効果的な戦略立案に活用できます。 *入試本番時における合格可能性50%以上

3統一実施日・会場での厳正実施による正確な学力判定

東進模試は、試験会場での厳正実施にこだわります。オンラインでの受験や受験日に幅を持たせるということはせず、統一実施日・会場実施を徹底しています。 なぜなら学力を正確に測るためには、入試本番同様に受験者が同じ日に同じ時間割で受験することが大前提だからです。また入試本番さながらの真剣勝負を通じてこそ、正確な学力判定と飛躍的な学力向上を実現できると東進は考えています。

実施概要

名大本番レベル模試

第1回 第2回 第3回
実施日 6/26(日) 9/4(日) 10/23(日)
申込開始日 5/1(日) 6/27(月) 9/5(月)
締切日 6/22(水) 8/31(水) 10/19(水)
返却日 ※ 7/6(水) 9/14(水) 11/1(火)

※ 返却開始予定日になります。

対象※

受験生

レベル 難関 試験会場 東進ハイスクール各校舎 / 東進衛星予備校各校舎 / 早稲田塾各校舎

※ハイスクール・衛星予備校校舎では高卒1年目までを受け入れ対象としています。

※早稲田塾校舎では現役生のみ受け入れ対象としています。

受験料 6,600円(税込) 一般生受験料 (東進生でない方)

教科・出題範囲・試験時間

<文系>

教科 出題範囲 試験時間
英語 英語I・英語II・リーディング・ライティング 105分
数学 数学I・数学A(全範囲)・数学II・数学B(数列、ベクトル) 90分
国語 国語総合・現代文・古典・漢文 105分
地理歴史 世界史B、日本史B、地理Bより1科目選択 90分
小論文 ※法学部のみ実施 90分

<理系>

教科 出題範囲 試験時間
英語 英語I・英語II・リーディング・ライティング 105分
数学 数学I・数学A(全範囲)・数学II・数学B(数列・ベクトル)・
数学III
150分
国語 国語総合(古文・漢文を除く)・現代文 45分
理科 物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物から2科目選択
※工学部は、物理、化学必須
※情報学部コンピュータ科学科は物理必須
※情報学部自然情報学科は1科目選択[75分]
※地学は選択できません。
2科目
150分
1科目
75分

学部別受験科目

<文系>

● 必須科目 △ 選択科目(△の中から表示されている科目数を選択)

学部/学科 英語 数学I・II・A・B 国語(現古漢) 世界史 日本史 地理 小論文
1△ 1△ 1△
教育
経済
情報/人間・社会情報 1△ 1△ 1△ 1△

<理系>

● 必須科目 △ 選択科目(△の中から表示されている科目数を選択)

学部/学科 英語 数学I・II・A・B・Ⅲ 国語(現のみ) 物理 化学 生物
2△ 2△ 2△
医/医 2△ 2△ 2△
医/保健 2△ 2△ 2△
2△ 2△ 2△
情報/コンピューター科学 1△ 1△
情報/自然情報 1△ 1△ 1△

※ 地学は選択できません。

時間割例

<文系>※1

教科・科目 時間
国語 9:30~11:15
数学 11:30~13:00
昼休み 13:00~13:50
個人マスター記入 13:50~14:10
英語 14:15~16:00
地歴・小論文 16:15~17:45

<理系>

教科・科目 時間
国語 9:30~10:15
数学 10:30~13:00
昼休み 13:00~13:50
個人マスター記入 13:50~14:10
英語 14:15~16:00
理科※2 16:15~18:45

※1 情報学部人間・社会情報学科を含む

※2 情報学部自然情報学科は16:15〜17: 30[75分]

提供資料

  • 1. 解答解説集…東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
  • 2. 復習ツール(基礎データ・採点基準)…試験実施10日後より東進ドットコム(www.toshin.com)で公開

個人成績表等返却期間

  • 試験実施から中8日の返却開始日より1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください。(受付時間は受験校舎にご確認ください)
  • ※郵送返却(有料)をご希望の方は、お申し込み時にお問い合わせください。
  • 会場選択(日本地図が表示されます)
  • お申し込み情報入力
  • 申込完了

申込期限: 10月19日(水)

※受験料の支払い方法は、校舎により異なります。お申し込みの際にご案内いたします。

※ハイスクール・衛星予備校校舎では高卒1年目までを受け入れ対象としています。

※早稲田塾校舎では現役生のみ受け入れ対象としています。

申し込みは終了しました

解答・解説

第3回 10月 名大本番レベル模試の解答解説ウェブダウンロードはこちらから

第3回 10月実施 (閲覧期限: 2023年3月30日)

合格者の声

東進模試を今後の学習の指針に

名古屋大学 工学部 / 福田雅大 くん (愛知県立一宮西高等学校卒)

東進模試は今の自分の解ける問題と解けない問題がはっきりして、その後の勉強で何に取り組めば良いかがよく分かりました。また時間配分等を試すのにも役立ちました。