• 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    共通テスト解答速報を見た後は合否判定システム。

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    両方受かったらどこへ行く?1万件以上の事例を紹介

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 共通テスト 1日目解答

    地理歴史

    9:30-11:40

    公民

    9:30-11:40

    国語

    13:00-14:20

    英語

    15:10-18:10

    共通テスト 2日目解答

    理科①

    9:30-10:30

    数学①

    11:20-12:30

    数学②

    13:50-14:50

    理科②

    15:40-17:50

  • 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    受験生の1.6人に1人が活用する判定

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    過去問10年分まだチェックしていない受験生は必見!

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 地理歴史 地理B

    全体概観

    分量はマーク数が1つ減少。形式・構成は前年と同様。図表を読み取る技能がカギ。 第2問はSDGsを意識した資源利用と環境に関する出題となっている。 第4問では共通テスト移行によって姿を消していた「比較地誌」が部分的に復活した。

    大問数
    減少 | 変化なし | 増加
    設問数
    減少 | 変化なし | 増加
    マーク数
    減少 -1 | 変化なし | 増加
    難易度
    易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化
    ※増減は昨年第1日程との比較

    分量
    大問5題、設問30・マーク数31。

    出題形式
    組合せ式の問題は19題で、前年より1つ減ったが、センター試験に比べて割合が高まっている。そのうち2題は8択式であった。また、単語を選ばせる4択式問題は姿を消し、4択式の文章正誤判定はやや増加した(5→7)。
    図版(図、表、写真、資料※)の点数は39で、前年よりさらに多くなっており、1つの設問あたり平均1.3点の資料が与えられていることになる。
    ※ 図表・写真や短文などを組み合わせた複合的な図版。

    出題内容
    各大問の分野構成は2021年度と同様で、第1問は自然環境と自然災害、第2問は産業分野、第3問は村落・都市と人口、第4問は地誌、第5問は地域調査である。

    第1問
    世界の自然環境や自然災害について出題された。世界や日本の地域性の理解を前提とした地図などの資料の読み取りが中心で、難易度は高い。問4のオーストラリアにおける気温・降水量分布の季節変動に関する等値線図の判定には注意を要する。

    第2問
    資源と産業に関する大問である。大問全体のテーマとして「持続可能な資源利用」が設定されており、各設問が環境問題に関連づけられている。SDGsを意識した構成となっている。問4では、日本とアメリカ合衆国の人口規模に関する知識を必要とする。しかし、全体としては易しめの問題が並んでいる。

    第3問
    村落・都市と人口に関する大問である。標準的な難易度の大問である。ジェントリフィケーションがみられる地区を判読する問3では資料の年次に注意が必要である。ヨーロッパの空港における出発地域別旅客数の統計を判別する問4や、2か国の国全体および外国出身者の人口ピラミッドを判別する問5は難易度が高い。

    第4問
    地誌の大問では、ラテンアメリカが取り上げられた。Aではラテンアメリカの自然と社会、Bではチリとニュージーランドがテーマとなっている。旧センター試験で出題されていた比較地誌の大問は、共通テストへの移行によって姿を消していたが、Bではこれを復活させた形である。

    第5問
    北海道苫小牧市の周辺を題材とした地域調査の問題である(地理A第5問と共通)。知識なしで常識的に解ける設問もあるが、前年よりは減っており、逆に、問4の苫小牧市の製造品出荷額に関する統計問題など、やや判定に迷う設問が目立つ。
     
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2022 第1問 世界の自然環境や自然災害 6 6 20
    第2問 資源と産業 6 6 20
    第3問 村落・都市と人口 6 6 20
    第4問 ラテンアメリカ 6 7 20
    第5問 地域調査(北海道苫小牧市とその周辺地域) 6 6 20
    2021 第1日程 第1問 世界の自然環境 6 7 20
    第2問 産業 6 6 20
    第3問 都市と人口 6 6 20
    第4問 アメリカ合衆国 6 7 20
    第5問 地域調査(京都府宮津市) 6 6 20
    2021 第2日程 第1問 世界の自然環境と災害 6 6 20
    第2問 産業と貿易 6 6 20
    第3問 人口と村落・都市 6 6 20
    第4問 西アジア 6 6 20
    第5問 地域調査(福岡県福岡市とその周辺地域) 6 6 20
    2020年以前はセンター試験
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2020 第1問 世界の自然環境と自然災害 6 6 17
    第2問 資源と産業 6 6 17
    第3問 都市と村落 6 6 17
    第4問 東南アジアとオセアニア 6 6 17
    第5問 中国とブラジル 5 5 14
    第6問 地域調査(山梨県甲府盆地とその周辺地域) 6 6 18
    2019 第1問 世界の自然環境と自然災害 6 6 17
    第2問 資源と産業 6 6 17
    第3問 都市と村落,生活文化 6 6 17
    第4問 地中海沿岸地域 6 6 17
    第5問 ウクライナとウズベキスタン 5 5 14
    第6問 地域調査(宮崎市) 6 6 18
    2018 第1問 世界の自然環境と自然災害 6 6 17
    第2問 資源と産業 6 6 17
    第3問 生活文化と都市 6 6 17
    第4問 西アジアとその周辺地域 6 6 17
    第5問 北欧3カ国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)の比較 5 5 14
    第6問 地域調査(岐阜県高山市) 6 6 18

    【参考】過去の平均点の推移

    2021(第1日程) 2020 2019 2018 2017 2016 2015
    60.06 66.35 62.0 68.0 62.3 60.1 58.6