• 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    共通テスト解答速報を見た後は合否判定システム。

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    両方受かったらどこへ行く?1万件以上の事例を紹介

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 共通テスト 1日目解答

    地理歴史

    9:30-11:40

    公民

    9:30-11:40

    国語

    13:00-14:20

    英語

    15:10-18:10

    共通テスト 2日目解答

    理科①

    9:30-10:30

    数学①

    11:20-12:30

    数学②

    13:50-14:50

    理科②

    15:40-17:50

  • 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    受験生の1.6人に1人が活用する判定

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    過去問10年分まだチェックしていない受験生は必見!

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 地理歴史 日本史B

    全体概観

    形式面で大きな変化はなかったが,史資料の読解を求める傾向がさらに強まり,大幅に難化した。

    大問数
    減少 | 変化なし | 増加
    設問数
    減少 | 変化なし | 増加
    マーク数
    減少 | 変化なし | 増加
    難易度
    易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化
    ※増減は昨年第1日程との比較

    読解を求める傾向が強まり,その上で日本史の基本的な知識を把握していなければ判断しづらい設問も目立った。昨年の共通テスト日本史Bでは,原始(弥生時代の時期)に該当する問題が出題されたが,今年度は原始からの出題は見られなかった。昨年度の特筆点の1つに,地図の並び替えの問題が出題されたことがあげられるが,今年は出題されなかった。
    昨年度は見られなかった年表を用いた形式の問題が出題された。会話文の形式をとる大問が,第1問だけでなく第3問・第5問でも見られ,第2問・第4問も,生徒作成の年表やメモなどが素材として出題されていた点で、高校での学びを意識した大問が多く見られた。

    (時代) 
    昨年の共通テスト日本史Bでは,原始(弥生時代の時期)に該当する問題が出題されたが,今年度は原始からの出題は見られなかった。戦後については,1980年代までが対象とされていた(昨年度は1970年代までが対象とされていた)。

    (分野)
    政治・社会経済・外交・文化とバランスよく出題されていたが,昨年と同様に,社会経済からの出題が目立った。

    (出題形式)
    年代整序問題は,昨年度の共通テスト日本史Bでは4題出題されたのに対し、本年度は各大問に1つずつ計6題出題され、そのうちの1つは,史料を並べ替える問題だった。2文正誤の問題では、複数の史料を読み取って正誤を判断する形式の問題が2題出題された。

    (史資料)
    第1問では、嵯峨天皇を中心とする略系図、1925年~1950年の生まれ年別男性名ベスト3が、第2問では正倉院に残る古代の計帳、憲法十七条・養老令・延喜式が、第3問では、絵画資料『石山寺縁起絵巻』、史料『朝鮮王朝実録』が、第4問では、史料『鴨の騒立』、『蛛の糸巻』と「野非人之儀ニ付風聞書」旧幕府引継書が、第5問では、日本とハワイ王国との修好通商条約の条文の一部(『大日本外交文書』)、藤田敏郎の回顧録(『海外在勤四半世紀の回顧』)と山口県の分析(山口県「県政事務功程」)、第6問では1872年に出された改暦を定めた詔書と同年に開通した新橋―横浜間の時刻表の一部(国立公文書館所蔵「汽車運転時限幷賃金表上達」、「太陽暦頒行ノ詔」)、1885年から1930年までの鉄道(国鉄・民営鉄道)の旅客輸送と営業距離の推移表(近代日本輸送史研究会編『近代日本輸送史』)、買い出し列車と松川事件の写真、高度経済成長期以降の鉄道・自動車に関する統計と新幹線・高速道路の開通年表(矢野恒太記念会編『数字でみる日本の100年 改訂第6版』より)、が設問の素材として用いられた。

     
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2022 第1問 姓と名字 6 6 18
    第2問 古代の法整備と遣隋使、遣唐使 5 5 16
    第3問 中世の海と人々 5 5 16
    第4問 近世の身分と社会 5 5 16
    第5問 幕末・明治期の日本とハワイ 4 4 12
    第6問 鉄道の歴史とその役割 7 7 22
    2021 第1日程 第1問 貨幣の歴史 6 6 18
    第2問 文字使用の歴史 5 5 16
    第3問 中世の都市と地方との関係 5 5 16
    第4問 近世の儀礼、儀式 5 5 16
    第5問 近代の女性 4 4 12
    第6問 第二次世界大戦後の民主化政策 7 7 22
    2021 第2日程 第1問 女性の歴史 6 6 18
    第2問 「意見封事十二箇条」と平安時代の政治・社会 5 5 16
    第3問 中世の政治・社会・文化 5 5 16
    第4問 18世紀の政治・社会・対外関係 5 5 16
    第5問 井上馨と渋沢栄一 4 4 12
    第6問 近現代の食文化・食生活 7 7 22
    2020年以前はセンター試験
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2020 第1問 教育制度と書物 6 6 16
    第2問 古代国家の辺境支配 6 6 16
    第3問 中世の社会 6 6 16
    第4問 中世末から近世における銀と鉄の生産や流通 6 6 16
    第5問 幕末から明治前期の民衆運動 4 4 12
    第6問 近現代の風刺漫画 8 8 24
    2019 第1問 地名とその土地の歴史 6 6 16
    第2問 原始・古代の歴史研究と資料 6 6 16
    第3問 中世の政治と社会 6 6 16
    第4問 近世の社会・政治・文化 6 6 16
    第5問 近世・近代における公家と華族 4 4 12
    第6問 近現代の日米関係 8 8 24
    2018 第1問 地域とその歴史的文化財 6 6 16
    第2問 原始・古代の国家・社会と音楽との関係 6 6 16
    第3問 中世から近世初期までの地震とその影響 6 6 16
    第4問 近世の外交・思想・宗教 6 6 16
    第5問 幕末から明治維新にかけての軍制改革と西洋医学 4 4 12
    第6問 石橋湛山 8 8 24

    【参考】過去の平均点の推移

    2021(第1日程) 2020 2019 2018 2017 2016 2015
    64.26 65.45 63.5 62.2 59.3 65.6 62.0