• 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    共通テスト解答速報を見た後は合否判定システム。

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    両方受かったらどこへ行く?1万件以上の事例を紹介

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 共通テスト 1日目解答

    地理歴史

    9:30-11:40

    公民

    9:30-11:40

    国語

    13:00-14:20

    英語

    15:10-18:10

    共通テスト 2日目解答

    理科①

    9:30-10:30

    数学①

    11:20-12:30

    数学②

    13:50-14:50

    理科②

    15:40-17:50

  • 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    受験生の1.6人に1人が活用する判定

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    過去問10年分まだチェックしていない受験生は必見!

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 公民 倫理

    全体概観

    出題形式・分量ともに昨年とほぼ同様。

    大問数
    減少 | 変化なし | 増加
    設問数
    減少 | 変化なし | 増加 +1
    マーク数
    減少 | 変化なし | 増加
    難易度
    易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化
    ※増減は昨年第1日程との比較

    大問は4題、マーク数は33で、昨年と同じであった。設問数は1問増加した。昨年と同じく、2018年の試行調査にみられた「二つ選べ」「過不足なく選べ」といったタイプの設問もなかった。従来のセンター倫理では、各大問の冒頭に1ページ分のリード文があり、その趣旨を読解させる設問があったが、昨年はリード文が大問1題だけに配置され(趣旨読解問題はなし)、今回はついにリード文を配置した大問は一切なくなった。その他、センター試験型の短文正誤問題が昨年よりやや多くなった。出題内容としては、過去に一度だけ出題された明恵の宗派が問われたほか、安部磯雄についての知識の必要な設問が出題された。その他、ゴルギアスやレオポルドといった比較的扱われることの少ない人物も登場した。西洋の現代思想で目新しい人物が問われることはなかった。
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2022 第1問 源流思想 8 8 24
    第2問 日本思想 8 8 24
    第3問 西洋近現代思想 8 8 24
    第4問 青年期・現代社会分野 9 9 28
    2021 第1日程 第1問 源流思想 8 8 24
    第2問 日本思想 8 8 24
    第3問 西洋近現代思想 8 8 24
    第4問 青年期・現代社会分野 8 9 28
    2021 第2日程 第1問 源流思想 8 8 24
    第2問 日本思想 8 8 24
    第3問 西洋近現代思想 8 8 24
    第4問 青年期・現代社会分野 9 9 28
    2020年以前はセンター試験
    年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2020 第1問 青年期、現代社会分野 10 10 28
    第2問 源流思想 9 9 24
    第3問 日本思想 9 9 24
    第4問 西洋近現代思想 9 9 24
    2019 第1問 青年期、現代社会分野 10 10 28
    第2問 源流思想 9 9 24
    第3問 日本思想 9 9 24
    第4問 西洋近現代思想 8 8 24
    2018 第1問 青年期、現代社会分野 10 10 28
    第2問 源流思想 9 9 24
    第3問 日本思想 9 9 24
    第4問 西洋近現代思想 8 8 24

    【参考】過去の平均点の推移

    2021(第1日程) 2020 2019 2018 2017 2016 2015
    71.96 65.37 62.3 67.8 54.7 51.8 53.4