• 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    共通テスト解答速報を見た後は合否判定システム。

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    両方受かったらどこへ行く?1万件以上の事例を紹介

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 共通テスト 1日目解答

    地理歴史

    9:30-11:40

    公民

    9:30-11:40

    国語

    13:00-14:20

    英語

    15:10-18:10

    共通テスト 2日目解答

    理科①

    9:30-10:30

    数学①

    11:20-12:30

    数学②

    13:50-14:50

    理科②

    15:40-17:50

  • 大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    受験生の1.6人に1人が活用する判定

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

    大学入学共通テスト合否判定システムはこちら

    過去問10年分まだチェックしていない受験生は必見!

    共通テスト合否判定システム

    無料

    >>詳しくはこちら

  • 公民 政治・経済

    全体概観

    マーク数は30。図表を使用した問題は11問で、論理的思考力を問う姿勢が顕著。

    大問数
    減少 | 変化なし | 増加
    設問数
    減少 | 変化なし | 増加
    マーク数
    減少 -1 | 変化なし | 増加
    難易度
    易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化
    ※増減は昨年第1日程との比較
    ※昨年は得点調整が行われたため、得点調整前の難易との比較

    第1問は資料文や会話文から解答を読み取る問題もあるが、知識を問う問題がやや多めであった。第2問は問題文と図を十分に理解していないと答えられない問題が多く、解答に時間がかかる大問になっている。第3問は、政治分野の問題は難しくないが、経済分野(国際経済分野を含む)について深い理解を求める問題が多い。第4問は資料の読み取りが主だが、複数の資料を示すなど即答ができない仕組みになっている。全体を通して見ると、昨年と同様に問題のテーマは基本的ではあるが、単に知識を使うだけでは解答に至るのは難しく、知識と知識を組み合わせて解答したり、論理的に思考したりして粘り強く解答にたどり着くことが強く求められている。
    年度 第問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2022 第1問 まちづくり 8 8 26
    第2問 経済主体 8 8 26
    第3問 新聞の1面 8 8 26
    第4問 地方自治 6 6 22
    2021 第1日程 第1問 望ましい社会の姿 7 7 24
    第2問 民主主義の基本原理と日本国憲法 8 8 26
    第3問 現代の経済 8 8 26
    第4問 途上国支援 7 8 24
    2021 第2日程 第1問 総合問題 7 9 24
    第2問 政治分野 8 8 26
    第3問 経済分野 8 8 26
    第4問 地域課題 7 7 24
    2020年以前はセンター試験
    年度 第問 出題分野 設問数 マーク数 配点
    2020 第1問 政治・経済総合問題 10 10 28
    第2問 国家の役割 8 8 24
    第3問 今日の国際経済 8 8 24
    第4問 民主主義と各制度 8 8 24
    2019 第1問 地域経済統合 10 10 28
    第2問 冷戦後の国際社会 8 8 24
    第3問 基本的人権 8 8 24
    第4問 地球環境問題 8 8 24
    2018 第1問 政治・経済総合問題 10 10 28
    第2問 冷戦 8 8 24
    第3問 国際経済 8 8 24
    第4問 労働 8 8 24
    2017 第1問 民法の制定と変遷 10 10 28
    第2問 国際関係(南北問題) 8 8 24
    第3問 民主政治 8 8 24
    第4問 貨幣 8 8 24

    【参考】過去の平均点の推移

    2021(第1日程) 2020 2019 2018 2017 2016 2015
    57.03 53.75 56.2 56.4 63.0 60.0 54.8