ページを更新する ページを更新する
  • 東進タイムズ 2023年1月01号

英語 慎一之先生の学習アドバイス

英語
慎一之先生

関西の若手・実力講師が全国の受験生へ。君の夢を叶えるために、正しい「努力」の仕方を教えます。徹底した基礎修得から英語力をグイグイ伸ばし、最難関大学へナビゲート。予備校講師になるという夢を実現した慎が、今度は東進生の夢を実現。言葉に熱い想いと情熱を込めて、全国の生徒を90分間魅了する感動の授業! 慎が贈る、真の英語を君に伝授する!

新高3生

大問ごとの作戦を立てて得意な問題から確実に得点を

共通テスト直前のこのタイミングで、大問ごとの時間配分と、解答する順番を確認してください。試験時間80分で、大問6つを解答することは簡単なことではありません。各大問を何分程度で解答するかを明確にしておきましょう。また、得意な大問から挑戦し、その後に苦手な大問に取り組むことをおススメします。最初に苦手な問題から解答してしまうと、本番であるがゆえにいつもよりもっと慎重に解答しようとして、予定していた時間配分よりもオーバーしてしまうということがよくあります。得意な問題でしっかりと得点を確保して自信を持つことができれば、たとえ苦手な問題であっても強い気持ちで取り組むことができ、全体として良い結果につながるはずです。

受験当日は笑顔で挑戦を

試験前は緊張と不安な気持ちが強くなりますが、それはこれまで一生懸命頑張ってきた証です。まずは自分自身を褒めてあげてください。皆さんは自分の目標に向かって努力を重ねてきた立派な受験生です。受験当日、「ここまで頑張ったんだから笑顔で挑戦できる」という気持ちで受験本番に臨んでください。『人生楽勝』この気持ちを忘れないでください!

新高1生・高2生

現役で志望大学に合格するためには、限られた時間の中で効率的に英語の勉強を進めていきましょう。例えば通学中の電車の中や学校の休み時間を利用して、英単語を覚えたり、リスニングの勉強などができるはずです。毎日少しずつ勉強していくことで、着実に力はついていきますし、実際に高校3年生になったときに英語以外の教科にも十分な時間を費やすことができます。

具体的な勉強としては以下の項目を参考にしてみてください。
①語彙力の強化
毎日決まった個数の単語を、ネイティブの音声を聞いて音読をしながら学習。ネイティブの発音を聞く習慣をつけていくことで、共通テスト対策にも必ず役に立ちます。
②文法力の強化
長文読解や、下線部和訳問題または英作文問題ではやはり英文法の知識は重要となります。苦手な分野をなくすことが目標です。
③長文読解の演習
一文一文を正確に読解する力を養っていきましょう。安易に速読ばかりに気をとられてしまってはいけません。精読を徹底することで自然と速読ができるようになります。音読を通じて精読の徹底を心がけてください。

英語の学習は、授業と同じくらい復習も重要です。その際、音声があるテキストならそれを活用して、音声を聞いただけで意味が分かるくらいになるまで音読を繰り返しましょう。これはリスニング力強化にもつながります。

以下、WEB限定アドバイス!

高校生活の3年間はあっという間に終わっていきます。時間が経つ早さに驚くことも多いです。私は皆さんに高校生活を存分に満喫して欲しいと思っています。勉強はもちろん、部活、友達関係、体育祭や文化祭などに全力で取り組んでもらいたいです。ただ、皆さんがこれから大学進学を目指すのであれば、受験勉強はどうしても必要になります。現役で合格するために最も必要なことは、一日も早く受験対策をスタートさせることです。受験対策にフライングはありません。真剣に自分の将来を考えるのであれば、「今」動き出してください。頑張っていきましょう!