慶應義塾大学総合政策学部の小論文では、問題発見・解決にあたってトレードオフについて考察する問題が出題された。


取り上げるテーマの中には、「マイナンバー」の利用促進に関する新聞社説が取り上げられ、時事的な社会問題に関しての視点が求められた。