早稲田大学政治経済学部の大問Iでは、偏見・ステレオタイプ・差別を社会心理学の観点から研究した論説文と、コロナ禍と絡めた論説文の2つの文章からなる問題が出題された。