東京女子大学は、2023年度入学者選抜で実施する総合型選抜「知のかけはし入学試験」について、出願資格を変更し、他大学との併願、同学の「学校推薦型選抜」および「一般選抜」との併願が可能となったことを発表した。今回の出願資格変更に伴い、東京女子大学を第一志望とする受験生はもとより、年内入試と一般選抜の両方を活用し進路を定める高校生にも受験の機会を拡大した。今回の変更により、入試合格者は、11月1日の合格者発表後も引き続き受験を継続し、他大学と比較して進路を定めることが可能となる。