資料にて詳細をご覧いただけます。

資料請求はこちら

医学部現役合格者の共通点で
ある「人間力」を鍛える

医学部に合格するために、極めて高い学力が求められることは言うまでもありません。しかし、医学部を目指すために一番大切なこと、それは一言で表現すれば「人間力」です。医師を目指す人は高い志が求められます。多くの命を預かる立場である医師には、強い責任感と利他精神、そして人間の尊厳を守るという意志。そういった心の部分が極めて重要なのです。また、患者との対応でも重要なコミュニケーション力、チームとして活躍するためには、リーダーシップや協調性、さらに限られた時間の中での判断力も重要になってきます。そしてもう一つ、特に医療の現場において欠かせないのが強靭な精神力と体力です。これらの力を総合して東進では「人間力」と呼んでいます。「人間力」は「心」「知」「体」のバランスのとれた総合力であり、リーダーに必要な力として東進での指導の根幹となっています。
各大学の医学部としては、このような資質を持った受験生を採るために、入学試験にも工夫が施されています。東進では、医学部に現役合格するために、高い学力を身につけつつも、医師に求められる資質を高校生のうちからしっかりと身につけてもらうための指導を行ってまいります。

群を抜く現役合格実績!

東進医学部医学科現役合格者数

2019 実績

現役生のみ!講習生含まず!
2019年3月31日締切 最終確定数

1,290

国公立大 754

私立大 536

※防衛医科大学校を含む

国公立大学(抜粋)

東京大47

北海道大18

名古屋大16

九州大17

京都大15

東北大27

大阪大19

東京医科歯科大29

私立大学(抜粋)

自治医科大18

順天堂大52

東京慈恵会医科大35

大阪医科大12

慶応義塾大45

昭和大32

東邦大21

関西医科大16

[10年間の飛躍的な東進の現役合格実績]

東進の医学部医学科 現役合格実績

学部に現役で
合格するということ

大学写真
医学部人気が年々高まりを見せています。定員に対する志願倍率も10倍20倍は当たり前と、まさに難関を極める過酷な入試となっています。医学部の入試結果を見ると、既卒生の比率が極めて高いという特徴があります。大学によってその比率は異なりますが、全国の医学部医学科全体の合格者のうち、現役合格者はわずか4割、残りの約6割は既卒生と他の学部では類を見ない現役比率の低さです。「何年浪人してでも医学部に合格したい」という強い気持ちの受験生が多いということの現れです。そのような中で、東進の医学部医学科の現役合格実績は、上記の通り1,290名と史上最高数を更新しました。東進の合格実績は、他の多くの予備校と異なり、「現役合格のみ」そして「講習生を含まず」という厳格な条件で公表しています。合格実績は東進生の頑張りの証であります。それに加えて、現役合格するために考えつくされた、東進ならではの指導があることが合格実績を支えています。
さらに医学部医学科入試について
詳しく知りたい方はこちら
東京医科歯科大学写真

進には飛躍的な
学力向上を実現する
仕組みがあります

東進はこれまで医学部医学科をはじめ、非常に多くの生徒を難関大の現役合格へと導いてきました。東進の現役合格実績は日本一※であると自負しています。その実績を生み出す秘訣は、一流講師陣による最高レベルの「授業」、短期間で基礎基本を効率的に完全修得できる「高速マスター基礎力養成講座」、さらには最新のAI とビッグデータを活用した「単元ジャンル別演習講座」をはじめとする徹底した「志望校対策」など、他の追随を許さぬ東進ならではの学習コンテンツと最新のシステムにあります。さらには「熱誠指導」で一人ひとりのモチベーションを高め維持し、最後の最後までリードする担任や担任助手の存在も、合格には不可欠です。
※2018年の東大現役合格実績を公表している全国すべての塾・予備校で、東進が最大でした。(東進調べ)

資料にて詳細をご覧いただけます。

資料請求はこちら

医学部特進コース5つの特長

東進では、長年培ってきた現役合格メソッドで、
医学部現役合格に必要なすべての学習を提供します。

実力講師陣

①一流講師陣による

最高レベルの「授業」

最強の実力講師陣
全国から選りすぐった予備校界最強の講師陣

圧倒的な学習量を確保
努力が当たり前になる学習環境

医学部受験生のための専用講座
特徴ある医学部入試をもれなく対策

基礎・基本を完全マスター
驚異のセンター試験カバー率で一気に基礎固め

背景

②AI導入でかつてない究極の

「志望校対策」

合格の決め手/志望校別単元ジャンル演習講座
最新AIが君に本当に必要な演習問題を出題

志望校対策の鉄則/過去問演習講座
(大学入学共通テスト対策+国公立二次・私大)
過去問演習の質の高さが合否を分ける

医学部判定模試
医学部合格のための絶対評価と、君の得意が活かせる大学別合格診断

受験生

③全国のライバルと切磋琢磨できる

「環境・イベント」

医学部合宿
→詳細はこちら
君の意識が激変する東進伝統の非日常イベント

医師と学ぶワークショップ
医師に必要な素養を磨く、東進ならではの
ワークショップ

医学部生カウンセリング
400名を超える医学部担任助手は、君の心強い存在

医学部特進生をオンラインで結ぶ
特別ホームルーム
医学部入試の最新情報をキャッチし、
モチベーションを高める

小論文

④志望校別 充実の

「小論文・面接対策」

小論文トレーニング
「思考力・判断力・表現力」を集中的に鍛える

面接対策トレーニング
納得いくまで大学別の個別対策を実施

出願指導
合格可能性を的確に分析し合格へと導く

担任のコーチング

⑤担任による親身の

「指導・コーチング」

毎日実施するコーチング
日々の学習を熱誠指導

グループ・ミーティング
仲間とともに切磋琢磨しモチベーションアップ

三者面談
東進の指導の共有/不安を解消

医学部合宿

医学部合宿1
医学部合宿2 医学部合宿3

君の意識が激変する
東進伝統の非日常イベント

「あの合宿がターニングポイントとなりました」、東進の合宿に参加した合格者が口々に言います。20年以上続く東進伝統の合宿を、医学部受験生のために特別にブラッシュアップした「医学部合宿」。全国の医学部特進生が一堂に集い、寝食を共にし励まし合い、己の限界に挑戦。合宿最終日には、ここまでできたという自信、必死に頑張り通した達成感、そして明日への活力に満ち溢れ、激変した自分を確認できるでしょう。医学部合宿は、合格の原動力ともなるだけでなく、医師に求められる強靭な精神力をも養います。

カレンダーのアイコン

合宿のスケジュール

  • 高1生・高2生
    夏合宿 4泊5日
    冬合宿 4泊5日
  • 高3生
    春の大型連休
                   3泊4日
    夏合宿 11泊12日
    冬合宿     5泊6日

合宿では1日14時間の学習を行います。日常から離れた環境だからこそ己と向き合い、最大限の力が引き出されます。

一流講師からのメッセージ

Message

英語

土岐田 健太先生

土岐田健太先生

医学界を取り巻く環境が反映される
医学部の英語

産業界で話題の「インダストリー4.0※」は医学の世界にも大きな影響を与えると言われています。すでに、入試問題にも最先端の医学論文をはじめ、人工知能やロボットの活用に触れた「医療4.0」を意識した出題もされています。
入試問題は「現在の医療の抱える課題」や「未来の医療現場への関心」などが色濃く反映され、「未知の問題」に「既知の知識や考えを組みわせて考える」、そんな英文に対応する力が求められるのです。

医学部英語対策には3つのステップがあります。

①<基礎力養成>基本5文型と句と節の枠組みを使います。英文の構造をつかみ、精読する力をつけていきます。入試レベルの英単語に加えて、obesity「肥満」、diabetes「糖尿病」などの基礎的な「医系単語」の習熟も求められます。

②<応用力養成>典型的な「一般論・主張・具体・因果関係・比喩・対比」など論理構成を身につけます。医学部では特に「因果関係」の説明が重視される長文が出題される傾向があります。自由英作文が出題される場合、「医療」に限らず「普遍的なテーマ」が出題されるので、「シンプルでわかりやすい書き方」を徹底指導します。

③<発展力養成>過去問演習が中心です。志望校の特徴をつかみ、時間内に合格レベルの答案を仕上げる力をつけます。+αとして、「医療4.0」のような最新テーマを中心に、最先端の論文の知見を理解する力をつけます。

変化の激しい時代に対応しながら、「信念」を持つ医師・研究者になってください。
※あらゆるものがネットにつながるIoTを使い製造業の革新を目指すドイツ政府が2011年に打ち出した取り組み。日本の産業界にも大きな影響を与えている。

Message

数学

河合 正人先生

河合正人先生

医学部入試は
本当の意味での実力が試される時代に

どの時代になっても高倍率で狭き門となるのが医学部入試です。現在日本に医学部のある大学は82校しかないのです。このどこかに入らなければ医師にはなれません。合格に必要な環境の提供こそが私たちの使命、責任です。
国公立大医学部ともなればセンター試験で88%以上の得点率と数学Ⅲをベースとした高い記述力が必要。ただし、医学部といえども他学部との共通問題を解くケースがほとんどであり、その分高い得点率と答案作成時における厳密さが求められます。一方、私立大学医学部では受験費用を納めた瞬間に受験者が同じ土俵に上がれるのです。

さてこの私大医学部の数学入試問題には3タイプの問題があります。

①1問1答タイプの客観問題。マークシート式または答えのみの記入。
②文章型客観問題。1つの大問解答の途中の空欄を穴埋めする。
③記述問題。国公立大学医学部と同様。

①→②→③または①→③と組み合わせて問題を構成します。①や②の攻略法が鍵を握るのです。たっぷりと時間のあるなかでの受験が国公立大学医学部入試であるのに対し、僅かな時間(70~90分間が多い)にどれ程の得点が採れるかタイムレースとなるのが私立大学医学部入試と言えるでしょう。

近年男女の平等化、年齢における差別撤廃などが叫ばれ、本当の意味での実力が試される時代となりました。正しい情報に適切なコーチング、最適な学習内容の提供があってはじめて医学部合格は可能となるものです。誇り高き夢を追うキミたちを東進は全力で指導します。

資料にて詳細をご覧いただけます。

資料請求はこちら

医学部医学科に
現役合格した先輩の声

矢藤正敏くんの写真

東京大学 理科三類

東京都 私立
開成高校卒

矢藤 正敏くん

「過去問演習講座」が感覚を磨くカギ

学校では高校2年の秋まではマジック部に、そこから高3の5月までは運動会に力を入れていたので、時間の余裕はあまりありませんでした。しかし東進では自分の都合に合わせて授業を受けられるので、自分のペースで学習を進めることができました。また、直前期は「過去問演習講座」に力を入れました。特に国語や英語という自力での採点が難しい科目を、採点してもらえるのは助かりました。過去問の解説授業も、東進のトップクラスの講師がしてくれるので、内容が分かりやすく、復習も捗りました。この時期に問題をたくさん解いたことで、東大の問題を解く感覚を自分なりに磨くことができました。

石黒佑樹くんの写真

東京医科歯科大学
医学部医学科

東京都 国立
筑波大学附属駒場高校卒

石黒 佑樹くん

進路相談に的確なアドバイスをくれた

東進の担任の先生は、自分の進路に不安を感じて相談すると的確なアドバイスをくれました。どんな大学が向いているか、そして合格するためにはどんな勉強をしていかなければならないか教えてくれたので、とても助かりました。また、僕のおススメする講座は林先生の「入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)」です。センター試験の要点を的確にピックアップしていて、この講座を受講してから、国語の点数が安定するようになりました。受験生活でうまくいかないことも多くありましたが、合格できた今になってみると、勉強の日々も良い思い出です。医師になりたいという目標に向かって一心に勉強を続けたことが合格の一因になったと思います。

岡田直己くんの写真

名古屋大学 医学部医学科

愛知県立
岡崎高校卒

岡田 直己くん

記述対策で重宝
丁寧な添削で答案を客観視できた

「過去問演習講座」の二次試験対策はとても役に立ちました。解いたことのある問題であっても、ケアレスミスや論理の飛躍がたくさんあり、丁寧な添削のおかげでその点に気づくことができました。特に英作文や数学の記述などで重宝しました。解説動画もわかりやすく、考え方の確認ができました。正直に言うと、高3になった頃は自分一人で頑張れば良いと思っていましたが、この受験を通して、「受験は団体戦だ」という言葉の意味が分かった気がします。友達や先生の存在は大きいものです。同じ大学・学部を志望する友達や、より高い目標を掲げている友達と勝負したり、教え合ったりして、とても良い刺激を得ることができました。

雫石渚南美さんの写真

弘前大学 医学部医学科

北海道札幌南高校卒

雫石 渚南美さん

模擬面接を
グループ・ミーティングで行った

担任助手の先生方が親身になって勉強法をアドバイスしてくれたおかげで、成績を上げられたのだと思います。勉強の話題だけに限らず、日常生活の悩み、不安をきいてくれました。またグループ・ミーティングでは模擬面接を行ったことが印象に残っています。実際に同年代から受けた質問に答えることで、自分の進路に対する知識や意識を確認することができました。これから入試を迎える皆さんも、東進を自分なりに最大限活用することで合格を勝ち取ってほしいと思います。また、今後も、常に誠実な姿勢で学び続け、将来は誰からも信頼される医師になりたいです。

吉原杏実さんの写真

香川大学 医学部医学科

岡山県立
岡山大安寺中等教育学校卒

吉原 杏実さん

センター大問別演習で
得点が飛躍的に向上

「過去問演習講座 センター対策」は10 年分の過去問だけでなく、大問別演習が特に役に立ちました。大問別演習は分野ごとに分かれているため、自分の苦手な分野をピンポイントで演習することができました。もちろん、数をたくさんこなすことも必要であると思いますが、暗記科目では同じ問題を何度も解いて完璧にすることも大切です。東進に入った当初は、地理は特に苦手な科目のひとつでした。しかし、東進の授業で知識の土台をつくり、大問別演習でそれを補強することによって、ほかの得意科目と肩を並べるほどの点数がだせるようになりました。どんな大学でも志望しなければ合格することはありません。演習量は点数を裏切らないので、最後まで目標をあきらめないでください!

増田啓祐くんの写真

順天堂大学 医学部医学科

東京都 私立
日本大学豊山高校卒

増田 啓祐くん

早期スタートで
高速学習を十分に生かせた

高1から東進で勉強をスタートし、高速学習をベースに早期スタートを十分に生かすことができました。「高速マスター基礎力養成講座」では英語の上級英文法までを高1のうちに修了したことで、英語が得意科目になりました。心の支えになったのは、担任助手の先生との面談です。担任助手の先生は僕に視座をあわせ、悩みを聞いてくれました。そのため、落ち着いて先のことを考えることができ、前進できました。将来の夢は、小児科医となりIPAという団体に入り世界中の子供たちに医療を提供することです。私たちは日本に住み、不自由のない生活を送っています。十分に医療を受けられない子どもたちに貢献したいと考えています。

三木勝弘くんの写真

昭和大学 医学部医学科

東京都 私立
成城学園高校

三木 勝弘くん

同じ志を持つ仲間と切磋琢磨できた

医学部志望の僕にとって自分のペースでどんどん進められる東進のシス テムに魅力を感じたので入学することを決めました。入学してまず思ったことは担任と生徒の距離がとても近いことです。すぐに校舎にいる先生方が僕の名前を覚えてくれ、「最近勉強の調子どう?」「風邪はやっているから気をつけてね!」等と話しかけてくださったおかげですぐに校舎になじむことが出来ました。校舎には多くの担任と仲間がいて、担任には多くの悩みを聞いてもらい、仲間とは互いに切磋琢磨しあい、成長することが出来ました。僕の将来の夢は世界で活躍できる脳外科医です。医学の知識は大学で学ぶと思いますが、その際に東進で身についた「復習」を徹底していこうと思います。

新井貴大くんの写真

東京医科大学医学部医学科

埼玉県立
大宮高校卒

新井 貴大くん

東進をうまく活用し勉強量アップ!

僕の志望校合格は、東進入学前の高2の夏休み時点では考えられませんでした。東進の担任の先生には医学部に合格するための現実を教えいただき、本格的に勉強を始めるきっかけとなりました。また何度も受験までの計画を一緒に練り直しました。はじめは部活と東進、学校の勉強の両立がしっかりできるか不安でしたが、自宅受講を上手く活用することで勉強時間を確実に増やすことができました。大吉先生の「受験数学特別講義-ベクトル編-」を受講したら、苦手なベクトルが一気に得意になりました。どの講座をとっても、自分のレベルアップにつながると感じました。

落合真優さんの写真

東邦大学 医学部医学科

千葉県 私立
東邦大学付属東邦高校卒

落合 真優さん

受験勉強に適した学習環境

東進の講師の先生は、今まで見たことがないような切り口で、かつ分かりやすく教えてくれるので印象に残ります。特に物理苑田先生の「ハイレベル物理」は、微積を使った考え方ですごく難しいですが、一度理解できるようになると一気に物理の理解が深まりました。また校舎はとても勉強しやすい環境で、家で勉強するときより確実にはかどりました。私は国立の医学部を目指して勉強していたのですが、ためしに受けた東邦大学の特別推薦に合格することができました。入学後は立派な医師になれるように努力し続けようと思っています。後輩のみなさんには、最後まで諦めないで頑張って欲しいです。

池田百花さんの写真

杏林大学 医学部医学科

東京都 私立
三輪田学園高校卒

池田 百花さん

東進での毎日で合格を掴み取った

私が医学部に合格することができたのは、東進での毎日があったからだと思います。 毎朝登校すると担任助手の先生が声をかけてくれたり、勉強の合間には親しい友人と勉強の不安を話せることが息抜きとなっていました。また、グループ・ミーティングも毎日のモチベーションとなっていました。「受験は団体戦」とはよく言われることですが、本当にそうだなと実感しました。もちろん試験場では一人ですが、そこまでの道のりには支えてくれる人がたくさんいます。私の場合は、それが東進の担任助手の先生方とグループのメンバーでした。 私が合格できたのは彼らがいたからです。

医学部特進コース概要

対象学年

全国の国公立・私立医学部を志望する高校生
高3生・高2生・高1生
(各学年100名限定 / 合計300名)

コース内容

全学年共通

  • 高速マスター基礎力養成講座
  • 医学部特進特別コーチング
    オンラインコーチング・ホームルーム、医師と学ぶワークショップなどを行います(新高3生は出願指導もあります)

高3生

  • 通期講座 8講座(160コマ)
  • 通年講習講座 20講座相当※
  • 小論文・面接対策トレーニング
  • 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策
  • 過去問演習講座 国公立二次・私大対策
  • 志望校別単元ジャンル演習講座
  • AO推薦面接対策トレーニング
  • 医学部合宿 年3回(春の連休合宿・夏期長期合宿・冬期合宿)

高2生

  • 通期講座 12講座(240コマ)
  • 通年講習講座 12講座相当※
  • 医学部合宿 年2回(夏期合宿・冬期合宿)

高1生

  • 通期講座 10講座(200コマ)
  • 通年講習講座 10講座相当※
  • 医学部合宿 年2回(夏期合宿・冬期合宿)

※90分×5回以下の講座を1講座、6~10回の講座を2講座、11 回以上の講座を3講座とカウントします。

学費等の詳細は資料でご確認ください。

資料にて詳細をご覧いただけます。

資料請求はこちら

医学部医学科の入試情報

九大医学部の面接導入により、
全医学部医学科にて面接試験が行われることに!

九州大学がとうとう面接試験導入を決定したように、医学部入試において面接は重視される傾向にあります。もちろん大学ごとに選考における面接試験のウエイトは異なりますが、面接試験の持つ意義はどの大学も共通となります。医学部が面接試験を重視する理由は、以下のように考えられます。

①医師としての適性を確認するため

これはよく言われていることですが、「人の命を預かる」という職務を持つ医師には、その重い責任を負うことができる人物にふさわしい人間性を有していることが求められます。医師として適格かを見るために面接を行うというのが第1の理由です。
ちなみに、医師国家試験でも、この人間性を見るための問題が出題されます。

②地域医療に貢献する意思があるかを確認するため

この10年の医学部の定員増の背景には、地域医療の担い手を増やすことがあります。実際に、10年前にはなかった「地域枠」という枠が今や多くの大学で設定され、特別に定員が割り当てられています。
とはいえ、たとえ卒業後に地域医療に携わることが出願条件となっていても、あくまで医学部合格の一手段として「地域枠」を利用しようとする受験生もいないとはいえません。だからこそ、「この人は地域医療に興味があるか?」「本当に地域医療に興味があるか?」「地域医療について、どれくらいの知識があるか?」などを面接を通じて確認することが必要になります。

③コミュニケーション能力の高さを確認するため

今や、どんな業界でも「AI(人工知能)」という言葉を耳にします。医療現場でも、これからは診断や治療はAIが担っていくとも言われています。今後AIが大きく発達を遂げ、医療現場を支配することになれば、医師に求められるものは単なる「技術」ではなく、患者と上手にコミュニケーションをとることができる能力となるでしょう。今後の医療では、ますます人と人との触れ合いが重視されるようになります。そのため、よりコミュニケーション能力が高い学生を入学させたいという思いで面接を行う大学も今後増えてくると思われます。

ここまで医学部の面接の目的について説明してきましたが、医学部の面接というのは、あくまで学力が一定基準を超えている人物が対象となります。医学部に合格するためには、まず学科試験で点をしっかり取ることが必要です。
面接試験のために、医療情報をチェックしたり、興味関心がある分野について調べることも大切ですが、何よりもセンター試験・個別試験で合格に必要な成績をとれる学力を身につけるように努めましょう。

医学部医学科試験傾向

次に、医学部入試の動向について見てみましょう。

国公立大の医学部

近年の国公立大の医学部入試は、センター試験で80%を超える得点率を求められ、高い点数での二段階選抜を実施する大学が多くあります。さらに、個別学力試験も高い得点率が必要で、ハイレベルな入試が続いています。

近年、一般入試の募集定員において一般枠の他に、地域枠(在住地域、高校の所在地の限定や、卒業後大学所在地域で限られた期間勤務する等の条件)を設ける大学が増加しています。例えば、札幌医科大(地域枠55名)、山形大(地域枠10名)等です。また、横浜市立大のように、募集定員80名(地域医療枠17名、神奈川県指定診療科枠5名、一般58名) に地域枠が2つある場合もあります。

さらに、前期日程試験の前にAO、推薦入試といった選抜方法も加わっていることで、従来の募集定員は変化しており、まさにハイレベルな入試です。

特に国公立大の多くは、後期日程を廃止し、事実上前期一本勝負となっています。もちろん山梨大など後期入試を実施している大学もありますが、こうした大学、日程では極めて高い倍率となっています。

地域枠設置国公立大学一覧

地域枠設置国公立大学一覧

地域枠設置私立大学一覧

地域枠設置私立大学一覧

私立大の医学部

従来、私立大の医学部は保護者が医療関係者等であることが一般的で、サラリーマン家庭では厳しいと言われてきました。その理由は、何と言っても学費が他の学部よりも高額である点が挙げられます。国公立大の授業料が6年間で約330万円前後なのに対して、私立大では約4,000万円以上となる大学もあります。しかし、その流れに変化が現れました。2008年に順天堂大は2,090万円と大幅な学費の減額をしました。その結果、志願者数は大きく増加して、翌年以降は、昭和大や日本医科大なども追随することとなりました。それでも国公立大と比べれば高額でしたが、特待生制度やさまざまな奨学金制度の設置もあり、事実上学費は下がっています。

また、国公立大にあるような地域枠(卒業後の特定期間、指定する医療機関での勤務が条件)で、学費全額の支給や生活費の支給等も増加しています。一昨年、千葉県の成田市に設置された国際医療福祉大学医学部では、奨学金を受け取れば国公立大とほとんど同じ金額負担となります。このように、私立大も学費面ではかなりハードルが低くなったと言えます。

しかし、医学部志望者に求められる学力や人間性などは決して下がっているわけではなく、むしろ志望者数が殆ど減っていない現実を考えると、ハイレベルな入試である事は変わりません。

学費ランキング

学費ランキング

※私立大学の医学部医学科の学費ランキングです。
6年間の学費合計が低い順に掲載しています。

医学部医学科現役合格するためのポイント

医学部合格を勝ち取った先輩たちの学習には、いくつかの重要な共通点があるのでまとめてみます。

1.センター試験と二次試験の対策をしっかりと行い、満遍なく学習することで不得意科目を作らない。

2.学習計画をしっかり立て、模擬試験の結果を参考に学習を進めている。

3.受験の準備は高1・高2と早期から進めている。

4. 普段から医療関係の記事やニュースにも興味を持つなど、幅広い知識と自分の考えを持っている。

5.学習だけでなく自分の将来をしっかりと意識して物事を考えることを習慣としている。

2020年度以降に医学部を目指す皆さんも、先輩に続き、是非栄冠を勝ち取ってください。

医学部は数学で決まる!

難関を極める医学部医学科。合格するためには、すべての受験科目におけるオールラウンドな得点力が要求されます。中でも合否を分ける科目は何でしょうか? 東進の「難関大本番レベル記述模試」を分析した結果が下のグラフです。医学部医学科に現役合格した生徒と不合格だった生徒を比較すると、最も得点差が顕著だった科目が「数学」です。特に数Ⅲで大きく差がついています。医学部合格を目指すなら、早くから数学を得意科目にしておきましょう。

現役合格者と不合格者の模試得点差

模試得点差

現役合格者と不合格者の平均点の差

平均点の差

※2017年の東進難関大本番レベル模試(年5回実施)を受験し、2018年に医学部医学科を受験した生徒が対象。

医学部医学科の入試科目一覧

国公立大

私立大

医学部医学科偏差値一覧

国公立大

国公立大医学部医学科ランキング
⊕もっと見る

私立大

私立大医学部医学科ランキング
⊕もっと見る
医学部特進コースの詳細に戻る