大学・学部選びのための無料動画サイト

2018.12.12

横浜国立大学紹介 建築学科のここがスゴい

横浜国立大学都市科学部 建築学科を取材しました。2名のプリツカー賞受賞者を含む教授陣、建築家を養成するY-GSA、体で感じながら建築を作るなど、建築を学ぶ環境を紹介します。横浜国立大学紹介シリーズ第三弾です。

協力:横浜国立大学
ナレーター:白木愛奈

横浜国立大学の大学案内

横浜国立大学の推薦入試について教えて!

横浜国立大学の推薦・AO入試について教えて!

横浜国立大学では、推薦入試を教育学部、経営学部、理工学部の3つの学部で、AO入試を教育学部、経済学部、経営学部、理工学部、都市科学部の5つの学部で、それぞれ実施しています(2018年度)。その中で、教育学部のAO入試では、書類審査や小論文試験による第1次選抜、個人面接による第2次選抜を経て、大学入試センター試験によって最終合格者が決定されます。なお、定員は30名です。この他にも、学部によって様々な形式の推薦入試やAO入試が行われています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

大学案内のリンク

横浜国立大学の合格体験記

横浜国立大学

理工学部

渡辺悠良くん

東進ハイスクール大宮校

計画を立ててしっかり守ることにより勝ちとった合格

僕は、高校3年5月に自習室を利用するために東進に入りました。自習室目当てだったので、あまりよく考えず東進に入ってしまったのですが、今思えば東進に入って本当に良かったと思います。なぜかというと、東進では2ヶ月に1回センター試験本番レベル模試があるからです。自分の今の学力と合格までに必要な点数がわかるので自分の勉強へのやる気につながりました。僕は東進に入ってからはじめての6月センター試験本番レベル模試でとてもひどい結果をとってしまい、かなりの危機感をおぼえました。今思えば、あの危機感のおかげで勉強に本気で打ち込めるようになったのでセンター模試を受けて本当に良かったと思います。
東進を選んで良かったことはそれだけでなく、過去問演習講座で10年分の過去問の添削ができることです。過去問演習講座は僕が一番受講してよかったと思う講座です。なぜかというと、これのおかげで記述力が大幅に上げられたからです。僕は、記述問題でよく細かな部分で減点されることがありました。しかし、10年分の添削、復習後はそのようなミスをかなり減らすことができ、本番でも自信を持って解答することができました。
受験を通して自分が学んだことは、計画を立てることの重要性です。僕は自分自身で計画を立てて担任の先生からアドバイスを参考にしながらそれを実行してきました。特に長期休暇など、計画があったからこそサボらず努力し続けられました。その先にある合格です。しかし、ぼくにとって合格が最終目標ではありません。機械工学にかかわる夢の実現のため大学でも計画を立てながら勉強し続けたいと思います。

合格体験記へのリンク

横浜国立大学の過去問に挑戦

過去問データベース

2018年度 横浜国立大学より抜粋

過去問データベースへのリンク  

SNSで共有