2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1242人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
千葉大学 教育学部

浅田龍一くん

東進ハイスクール市川駅前校

出身校: 船橋東高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

高速マスター基礎力養成講座での基礎の繰り返しで合格につながった

合格したとき人生で一番うれしかったです。今までのつらかった日々や努力が報われたことを考えると嬉しくて涙が出ました。僕が東進で力を入れたのは高速マスター基礎力養成講座での基礎の繰り返しです。3年の7月まで部活動をしていたため勉強時間が確保できず両立に困っていましたが、どんなに疲れて家に帰っても、どんなに朝早く部活に行かなきゃいけなくても高速マスター基礎力養成講座の英単語だけはやろうと決めて小さな努力をこつこつと積み重ねていきました。その努力が合格につながったと思います。

問題集や過去問も大切だけど基礎をひたすら繰り返すことが自分への自信につながります。辛くて苦しいときもあるけれど、頑張った先には楽しい未来が待っている!と自分に言い聞かせて努力し続けることが大切です。

国立大学を受験するためには5教科7科目と幅広く勉強することが必要です。まずは自分の好きな科目を見つけてその教科に全力を注いで、努力したら点数は伸びるんだ!という自信をつけるといいと思います。そして模試を活用し今の自分には何が足りないかを確認して重点的に勉強することが大切だと思います。

僕はセンター試験の結果が思うようにいかず、センターリサーチや東進の合格判定システムでもあまりいい判定はもらえず勉強に対する意欲が薄れてしまったこともあったけど、東進の担任や担任助手の方々や家族や友人の励ましもあり、ここまで頑張ってきた努力を無駄にするわけにはいかない!あともうひと踏ん張り!と気持ちを入れ替えて国立入試までの一か月を全力で過ごすことができました。

自分の担当の担任助手の方だけでなく他の担任助手の方々にも質問や相談に乗っていただくなど本当にお世話になりました。この受験生活で一緒に頑張ってきたグループ・ミーティングの仲間やほかの友達と励ましあいながら過ごすことでつらい受験生活を乗り切ることができました。東進に入っていい環境で勉強ができてよかったです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センター試験が終わり国立入試を控えて緊張していた時にあと一か月で何ができるかを相談してくださり、そこで決めたことを一か月やり切ったことが合格につながったと思う。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

数学が苦手な僕に親切に教えてくださったり、面談でも何をするべきか的確に指導して頂いた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

今の実力と自分の立ち位置をしっかりと確認して、どの教科に重点を置いて勉強するかを決めること。特に国立大学はセンター試験が重要なのでその形式の問題にたくさん触れることは大切だと思う。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活などで忙しくても自分の好きな時間に授業を受けられるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ志望校学部の人で自分よりも頭がいい人がいたのでその人に負けないように努力することができた。苦しい受験生活の中でも担任助手の方がクリスマス会などを開いてくれたおかげで乗り切ることができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

小学校三年生の頃から高校三年の夏まで野球を続けてきたおかげで何事にも耐え抜く精神力を身に着けることができた。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

夏期合宿ではH1クラスに入り今井先生の授業を受けることができた。普段とは違う環境で同じようなレベルの人たちとみっちり英語を勉強することで英語に対する自信を身に着けることができた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業 普段会うことのない有名講師の話を直接聞くことが勉強に対する意欲を高めるきっかけになった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験後にやりたいことや楽しいことを想像して頑張ったら明るい未来が待ってる!と自分に言い聞かせて乗り越えた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の好きなアーティストの曲を大音量で聞いてモチベーションを高めた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学校の先生になりたいと小さいころから漠然と考えていたので、家からも近く学費も安い国立大学を受験しようと決めた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

精神的にも体力面でもかなりきついものだったけど、すべては自分のためだから辞めたいと思うことはなかった。自分の努力はもちろんだけど、周りの人たちの支えがあって乗り切ることができた。改めて自分は色々な人に支えられてるんだなと実感することができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

小学校の教員として子供たちを育てていくだけでなく自分自身も常に成長できるように教材研究などの授業準備や、大学時代に色々な経験を積んで幅広い知識や価値観を持った人間になれるように努力する。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
本だけじゃわからないような詳しいところまで解説してくれるから。

高速学習
部活などでの移動時間でも気軽に英単語などに取り組めるから。

担任指導
担任助手の方がとてもいい人だったから。同じような志望校を目指す仲間がいたから、目標を見失わずに励ましあいながら努力することができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
授業が面白いうえにしっかりと速読の実力を身に着けることができるから。

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
色々な予備知識や経験談からくる雑談などがあり、やっていくうちに実力がついていくのを実感できるから。

【 入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破) 】
数学が苦手な僕でも理解できるわかりやすく丁寧な解説だから。

友達にシェアする

 

入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅰ・Aで70%を突破

志田晶 先生

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅰ・A(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅰ・Aを受験する生徒、センター試験数学Ⅰ・Aの過去問等の得点率が40%未満の生徒

東進の授業を体験する