2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京工業大学 工学院

村本玲司くん

東進衛星予備校川越市駅前校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高3・5月

所属クラブ: 物理部 会計

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

データをもとに長所を伸ばし、短所を埋める計画を具体的に立てて実行できた

東進では自由に楽しく勉強させていただきました。自分の都合に合わせて登下校ができ、好きな時間に授業を受けられるため無理せず勉強を続けることが出来ました。

私は東進で計画的に戦略的に勉強することを学びました。東進では自分の学力を数値で見ることが出来るので、長所・短所が明確に分かります。そのデータをもとに自分の長所を伸ばし、短所を埋める計画を具体的に立てて実行することが出来ました。さらに、過去問演習講座 国立2次私大対策ではその大学の傾向と対策を確実に把握することが出来るので、その大学に受かるための戦略を練ることが出来ました。

私は AO 入試で合格したのですが、これらの学習のおかげで一般入試でも十分合格 出来る力 が身についた と思います。志望校別単元ジャンル習講座は的確に私の苦手な分野をついていると感じたので、継続して行えば苦手はほとんど無くなるだろうと思います。 また、単元ジャンルの ワンポイント解説授業は 各分野のことが短くまとめられているので、少し復習をしたいときに大いに役立ちました。

私はロボットクリエイターになりたいという夢を持っています。この夢が受験勉強をするときの柱となり私を支えてくれました。さらにこの夢のおかげで、受験が終わった今も大学に向けて頑張ろうという気力で溢れています。受験において最後は精神力の影響が大きいため前向きで楽観的でいることが大事だと思いますが、目標や夢はきっとその支えになってくれます。

将来の夢が無くても第一志望の大学にどうしても入りたいという気持ちがあれば十分だと思います が、その気持ちを強くするには理由が必要です。 きちんと調べた上で、なぜ自分はその大学にこだわるのかという理由を持てば その気持ちがあなたの力になってくれるでしょう。次の受験生が満足のいく受験生活を送れることを祈っています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受講講座や志望校を決めるときに親身になって相談に乗っていただきました。予備校の先生は多くの講座を勧めてくるのかなと私は勝手な偏見を持っていたのですが、先生( だけでなく 東進衛星予備校川越市駅前校の先生方)は 、私にとってベストな方法を一緒に考えてくださったことが印象に残っています 。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の結果を受けて面談をしたときのことが印象に残っています。そのときは私の考えている今後の勉強計画を真摯に聞いて 同意していただき、後押ししてくださりました 。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題のレベルが高いため自分の記述力が浮き彫りになり、とても良い記述の練習になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

夢を実現するため。難関国立に【現役合格】するため。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来ロボットを作ることで社会に貢献していきたいです。どのような方法で貢献出来るかはまだ分かりませんが、ドラえもんのようなロボットを作りたいという夢は持っています。私は幼い頃にドラえもんの漫画・アニメを見てこんなロボットが欲しいなと思い、ドラえもんに憧れを抱きました。友達のようにコミュニケーションをとれるロボットを作り、社会を少しでも楽しく出来れば良いなと考えています。そのために今は大学でロボット工学の研究を一生懸命行おうと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
先生方のサポートが心強く、支えになったからです。私が悩んでいることがあり、質問に行くと必ずすぐに対応していただきましたし、センター試験前には集会で一人一人にメッセージと 手作りのお守りを渡していただきました。この他にもここには 書き尽くせないほど先生方はサポートをしてくださり、受験生として頼りになりました 。

高速学習


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京工業大学 】
高い精度で採点・添削をしてもらえるため、実際にその年の試験を受けたとしたら何点取れるのか、自分は何が苦手なのか を知ることができ、今後の勉強計画の指針になるからです。解説授業では分かりやすい説明はもちろんのこと、その大学の傾向と対策を教えてもらえるため、自分が今何をすべきかが明確になりました 。

友達にシェアする