2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1493人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
関西学院大学 法学部

柏木結大くん

東進衛星予備校沼津駅南口校

出身校: 加藤学園暁秀高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: バドミントン 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

自分の必要なものを進め、弱い自分に勝つ

とにかく年間スケジュールに遅れないことがまず第一だと思います。どの時期にどういう勉強をして、そしていつまでに何を完成させるのかというものが明確になっているものが年間スケジュールであると思っています。つまり、それに則って正しくやっていけば力がつくということです。

多くの高校生は忙しく日々を送っています。その中でどれだけ的確に自分の必要なものを進められるのか、それが大きく成績にかかわってくると思います。成績の良い人に聞くと、これはいつまでに終わらせる、そして次はこれをやる。そういったことをしっかりと考えている人が多いと感じます。何も考えずに勉強することは時には良いですが、基本日々の勉強では分析が必要だと思います。

またそれに加え、弱い自分に勝つことも本当に大切です。苦しい場面に遭遇した時、さぼってしまったら楽かもしれない。しかし、さぼったら計画通り進まなくなり、自分のその部分の完成がおくれてしまう。そういう時に歯を食いしばれる人が成績向上に結び付くのではないかと思います。僕自身も反省すべきところがあると改めて思います。このように、年間スケジュール、乃至、自分の正しい計画と克己の心をもってすれば明るい未来を迎えられると思います。

僕は政治家になり、よりよい社会を築くために尽力したいと考えています。そのために必要なのは、第一に“知識”であると思います。現代社会においてどのようなことが起き、何が問題なのか、また、専門的に政治についての基礎部分を固めたいと考えています。そして第二に“実際の現場を肌で感じること”であると思います。理論ではわからない実際に足を運ぶからこそわかることを大切にしたいと思います。そういう力を養うために大学ではより積極的に学んでいこうと考えています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験は自己管理能力を学科試験でもって見ているだけだといわれ、勉強に対して見え方が少し変わった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の経験に基づき、僕たちの気持ちを考えた声掛けなどをしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高3になる前にセンター試験を意識でき、勉強に対する姿勢を変える契機になると思う。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

実績があることと分かりやすい講師の方々がいらっしゃるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高1の時、周りでこれだけやっている人がこんなにいるのかと衝撃を受けた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強との両立に関しては、勉強の濃淡をつけられるようになった。というのも、どれに一番重きを置いてやるのか、逆にどれは軽くやるのかを判断するということで、それにより、かけすぎの時間を減らすことが出来た。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業はモチベーションが上がり、良いきっかけになる。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプに陥ったときは、自分の将来の夢、乃至、志望校のことを想像し、唱え、自分自身を鼓舞していた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

理想とする自分の将来像を実現するための力をつけることが出来ると判断したから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分が鬼(追いかける方)のおいかけっこのようだった。自分が求める点数、志望校を追いかけ続けていたという感じがした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人任せにせず、自分自身が進んで、現代社会において深刻化している格差の問題や環境問題などについて解決するために尽力しようと考えている。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英語など自分の生活の一部となりきっちりと習慣化できる。正しい発音が流れるので、わざわざ発音記号がなくても頭に残る。

過去問演習講座
解ける問題の量が他と桁違いではないかと思う。

高速学習
周りと差をつけるためにはよいと思う。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(テーマ別日本史Ⅰ) 】
分かりにくい部分をまとめて抑えられるので、頭の中を整理するには良いと思う。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
それなりに単語や熟語が分かっていればこの講座である程度の文法知識がつくと思う。

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する