2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 人間科学部

藤井玲衣さん

東進衛星予備校京王橋本駅校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: バスケットボール部 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

第一志望や目標を早めに決めるとモチベーションにつながる

学校の勉強をコツコツ頑張って、指定校推薦をとれるといいと思います。みんなが勉強してる間に別のことに時間使えるからです。早めに学部とか調べて、どんな学部、学科があるかを知っておくことも大切だと思います。そこもしっかり考えて学校の理系文系とか選択科目とかを決めることをおすすめします。

大学もいろんなところを学校とかで行ける機会があったら行っておいたほうがいいと思います。第一志望とか目標とかをなんとなくでいいから早めに決めておくとモチベーションにつながるのかなって思います。

東進では、高速マスター基礎力養成講座を毎日の習慣みたいにやっておくといいと思います。あと、受講を早めに終わらせておけるといいと思います。朝来校して、全然人がいない中で勉強するのが好きでした。静かでよかったです。グループ・ミーティングで話すのも好きでした。

今後は、海外に行ってみたいと思います。そのためにお金貯めます。車の免許も取って遠出したいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いろいろな学校や学部を教えてもらえた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティング。楽しかった。目標勝手に高く決められた!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分がどのくらい伸びたかわかる。自分の弱いところもわかる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

近かったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

お話すること。小テストも結構好きでした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強は授業中に頑張る。楽しいことが増える。大人の人と話す力。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習でどんな感じか分かったのと、結構多くの講座を受けれたこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

苦手な内容をたくさんやった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

ここで頑張れば後は楽できる。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

指定校推薦一覧表にあった。上の学校にいきたかった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

あんまり受験勉強という感じじゃなかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来は、外国に行ってみたい。外国語の勉強を頑張る。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
毎日やるステージ数決めてやる。

過去問演習講座
毎日やる。自分の苦手な項目を徹底的にやる。

担任指導
グループ・ミーティングでお話楽しかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
わからないところをしっかり復習できた。

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英文の読み方が少しは分かった気がする。

【 難度別システム英語 文法編Ⅳ 】
いっぱい学べた。問題形式で同じようなのがいっぱいあったからよかった。

友達にシェアする

 

難度別システム英語 文法編Ⅳ

志望大学に合格する基本の文法力はこれで完璧!

安河内哲也 先生

私大入試では、文法問題に正解できるかがもっとも大きなポイントです。この講座では、頻出の文法問題を題材に重要文法を網羅的に学習します。網羅的な体系学習が終わった後は、実戦演習。本番を意識したさまざまな形式の問題で文法力を確実なものにします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校レベルの文法力は身についているが、入試レベルの学習はまだできていない生徒

東進の授業を体験する