2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 文化構想学部

小川藍さん

東進ハイスクール北千住校

出身校: 女子学院高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: ESS

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

スケジュール設定の大切さ

東進に入学したのは高2の春でした。東進に入学した主な理由は、映像による授業を自分のペースで受講できるため、部活動と両立しやすかったこと、何時でも自由に利用できる自習室があったこと、自宅から近いことの3つです。

映像による授業は、一度聞いただけでは分からなかったところや忘れてしまったところを何度でも繰り返し復習でき、知識を早く正確に定着させることが出来たので、私にはとても合っていました。受講室、受付横のスペース、広い自習室などいうように、用途に応じた自習スペースがたくさんあり、環境を変えてリフレッシュしながら勉強できたこともとてもよかったです。

私は、夏休みに成績が大幅に伸びたのですが、その経験を経て実感したのは徹底したスケジュール設定の大切さです。私は担任助手の方と相談しながら、どの教材をいつまでに終わらせるかを初めに決めて、その予定に応じた1日の勉強量をページ単位で調節していました。毎日のノルマをきっちり設定することで一つの教科に偏ることがないバランスの取れた勉強が出来ました。

また、毎日同じ時間に同じ教材に取り組むことで、勉強する習慣が身に付き継続しやすかったです。受験勉強に限った話ではないですが、思い立った時にだけ机に向かってやみくもに勉強するのはあまり意味がありません。すぐに結果が出なくても焦らず、毎日無理のない量を少しずつ積み重ねることが成績アップへの一番の近道だと思います。

私は本格的に受験勉強を始めたのは高2の冬からでした。これから受験を迎える皆さんも一年間という長いスパンでの勉強に心身ともに疲れてしまうことが多々あるでしょう。時には自分を追い詰めずにしっかり休むことも、勉強と同じくらい大切です。受験は自分との戦いなので、自分の心が折れてしまわないように、やるときはやる!休む時は全力でだらける!というようなメリハリを意識し続けてほしいと思います。皆さんの合格を心から祈っています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強スケジュールの相談にのって頂いたのが大変助かりました。英語との向き合い方について助言を下さったのもすごく為になりました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習の時は、間違えた理由とその対策を考えるのを徹底していました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業を自分のペースで受講できるため、当時幹部学年として忙しく活動していた部活動と両立しやすかった何時でも自由に利用できる自習室があった自宅から近かった

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで出来た友達と受験の相談をしあったり、一緒にご飯を食べたりしたのがいい息抜きになりました!

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

人文学を様々な分野からアプローチ出来る授業に惹かれた

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分のスキルアップ

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

弱い立場の人たちを支える仕事がしたい

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】


友達にシェアする