2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
慶應義塾大学 法学部

村上瑠音さん

東進ハイスクール志木校

出身校: 浦和第一女子高等学校

東進入学時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

東進で推奨されていることを信じて勉強に励んだ

私は受験本番から1年前くらいに東進に入り、周りより遅れをとっていたため、始めは不安でいっぱいでした。しかし、基礎固めと講座の復習を始めとし、東進で推奨されていること(高速マスター基礎力養成講座をいつまでに終わらせる、過去問は10年分3周、等)を信じて勉強に励むことで徐々に成績を上げることができたと思います。

東進の良いところは、自分のペースで進められること、情報を具体的なデータで得られることなど沢山あると思います。それを最大限に利用し、自分でも時間の使い方や、モチベーションの持ち方を工夫することが合格へとつながっていくと思います。

受験勉強は先が見えず、辛いことがたくさんありますが、いまとなっては、東進の担任助手の方々に支えてもらいながら、仲間たちとひたむきに頑張った一年はとても充実してて、輝いているようにかんじます。みなさんも最後まで強い意志でやりきって、すがすがしい気持ちを味わってほしいなと思います。私は、大学で人とのつながりを大切にしながら、勉強はもちろん色々なことに挑戦したいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方々からは、具体的におすすめの参考書や試験当日に注意すべきことなど生の声をきけてよかったです。また、精神的にもサポートしていただき、最後まで頑張りきることができました。試験間近で不安になってしまったときに、私以上に私の合格を信じて応援してくださる担任助手の方々の存在はとても心強かったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

そのつど、目標を具体的にたてて、計画的に勉強することが大事だと思います。また、昨年度の合格者の平均点と自分の点数を比べられるので、判定よりもそれを超えることを目標に頑張りました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで進められることや、実績があるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じように意識を高く持っている仲間と受験の不安を分かち合ったり、楽しい話をして息抜きにもなりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

受験期間は文化祭などは息抜きになりますし、高校生でしか出来ないことなので全力でやってほしいです。私は、東進に入る前に習い事に励んでいましたが、そこで全力でやっていたからこそ時間の効率的な使い方や、受験勉強を頑張りきる根性が着いたのだと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

過去問の点数が思うように伸びなくて悩んだ時期もありましたが、担任助手の方々にアドバイスをもらったり、基礎に立ち戻ったり、志望理由を思い返すことでモチベーションを高めて乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格したらどんなに最高か妄想したり、過去に習い事で頑張った経験を思い出して、あんなに頑張れたんだから勉強だってもっと頑張れるって自分に言い聞かせていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

司法試験の合格率が私大でもっとも高かったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

見通しを持つ力がついたり、自分と向き合ったり、周りの人の存在のありがたさを実感したり、色々な面で成長したと思います。また、最後まで頑張ったという自信は今後にもつながるのではないかと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

法にかかわる職業で貢献していきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
志望校に合格するための一番の方法は過去問を解く事です。この演習講座では、分かりやすく一番良い解法を知ることが出来るので、過去問でやったことを吸収するには最適だと思います。

高速マスター基礎力養成講座
基礎はとても大事です。受験勉強を始めるのが遅かった私にとっては、ゲーム感覚で何度も反復しながら高速で基礎を固めることができる高速マスター基礎力養成講座はとてもありがたいものでした。

東進模試
定期的にあるので、そのつど目標を立てて、頑張ることができますし、自分の学力が可視化されるので、勉強の方向性などを見直す機会として良かったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
戦後史は学校でやるのが遅いにもかかわらず、入試では結構出るので、先取りしてできたのが良かったです。

【 西きょうじのダイナミック英文法講義 】
この講座では文法を覚えるのではなく深く理解することが出来るので、長期に渡って忘れない、かつ発展させることができる文法力をつけることが出来ると思います。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大問別に演習することができる上に、60年分あるので自分の苦手な部分を徹底的に克服するのに役立ちました。

友達にシェアする