2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
上智大学 文学部

小林航大くん

東進ハイスクール都立大学駅前校

出身校: 攻玉社高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 剣道

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

過去問演習は解くだけではなく復習に注力することが大事

僕は第一志望の上智大学文学部史学科に合格することができましたが、今回は現役の時にどんなことをして上智に合格したのかを紹介したいと思います。

まず第一にビックマウスでいたことです。僕は高校では常に成績は下の中ぐらいでしたが、友達や家族・親族に「上智が第一志望です。合格しないわけがありません。」みたいなことを常にいっていました。なぜこれが大事だと思うかというと、ビックマウスでいることによって上智合格をつねに意識でき、また、自分を追い込むことにもなり、勉強しないわけにはいかなくなるからです。今思えば七夕の短冊にも「上智合格」と書いていました。

そして第二に高速マスター基礎力養成講座をやりまくってたことです。英語や古文・世界史でもお世話になりました。英語に関しては、上智は英語の難易度が高いですが高速マスター基礎力養成講座の上級英単語までやってれば大体基本的なことはカバーできていました。あとは過去問をやりながら難しい単語を覚えていっていました。難しい単語帳に手を出すよりも、高速マスター基礎力養成講座と過去問で単語を学習したほうが効率がいいと思います。

古文は大の苦手でやりたくありませんでしたが、ハードルの低い高速マスターをはじめてから単語帳に入っていきました。世界史は年号暗記や文化史の詰め込みに役立ちました。総じて高速マスター基礎力養成講座はハードルが低くてとっつきやすくゲーム感覚でできたのでいきぬきにもなり、非常に役立ちました。

あと第三に苦手科目の克服です。これについては反省点も多くあります。僕は古文漢文がすごく苦手で高3の4月の模試の偏差値も30台でした。正直言って大嫌いでしたし、夏ごろまでは後回しにしていました。ですが、夏の終わりごろに、このままではマズイと思い古文漢文のドリルをやったり単語を詰め込んだりして何とかセンター本番には古文は足を引っ張らない程度に、漢文は得意科目にできました。ですが、古文は私大レベルには持っていけませんでした。漢文は1月あればなんとかなりますが、古文は完成するまでに時間がかかるので、もっと早い時期からはじめていればと反省しています。

第四に過去問を演習しまくったことです。上智だけで50年分以上はやりました。上智は問題傾向が似ている学部が多く文学部だけでなく、いろいろな学部の問題をやりました。最初は3割ぐらいしかとれませんでしたが、だんだん点数も上がっていきました。

過去問の中でも特に手間をかけたのは英語と世界史です、英語は毎日、上智の長文に触れていました。上智の問題はちゃんとした英語力さえあれば得点がとれるので、長文になれ、読解力や単語力をつけることを意識していました。世界史はミスしたところはテキストに戻って、時代の流れを意識しながら復習しました。過去問演習は解くだけではなく復習に注力することが大事だと感じました。

最後に、これは合格にはつなげられませんでしたが、TEAPを受けていたことです。TEAPを取っているだけで合格のチャンスは増えますし、上智の過去問に触れて力がついていれば、自然とTEAPの得点も取れるので、ぜひ活用することをおすすめします。他の大学でも使えるのでいろいろ調べてみてください。常に第一志望を意識し、努力を重ねて、第一志望に合格してください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常に気にかけてくれたので、期待を裏切ることはできないと思い、勉強に励めた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

上智生がいたので、上智の話を聞きモチベーションを維持できた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の成長を確認でき励みになった。また、過去の合格者と比べることができ、伸ばすべき点を把握できた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

当時通っていた塾にすすめられた。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで仲良くなれた人が多く、東進に通いやすくなった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校の勉強はぜんぜんしていなかったが、役に立つ授業のときは起きていた。部活は一生懸命やっていた。レギュラーを取るために必死だった。結果的に最後の大会で滑り込めた。この経験で努力すればなんとかなることを知った。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

安河内先生のクラスに参加し使える英語を身につけられ、しばらく家では英語で会話していた。また、一緒にがんばれる友達も得られた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

1000題テスト自分の弱点を洗い出すいい機会になった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ない、ただ勉強はめんどくさかったので、どうやってとっつきやすくするかを工夫した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

四谷キャンパスを歩く自分や上智の剣道部にいる自分をイメージした。また全落ちした自分などマイナス面も想像して、勉強しなければ、と思うようにした。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

いいローマ史の教授、ゆるめだけどきちんとした体育会剣道部、まじめな人が多い、留学サポートが充実している。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

楽しかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

最近は国際系の仕事に就きたいと思っている。世界を連邦制にしてまとめることに貢献したい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
高速マスター基礎力養成講座は全大学に共通する基礎的な力をつけるのに役立った。受講は、自分のペース学習でき、早い段階で過去問演習に取り組めたことが合格につながった。

実力講師陣
疑問の浮かぶ余地がないほどすばらしい、わかりやすい授業だった。

志望校対策特別講座
上智対策英語長文がすばらしかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 上智大学(全学部) 】
上智合格に欠かせなかった。わかりやすかったし、上智の過去問にどうアプローチすればいいのかが学べ役に立った。

【 ハイレベル世界史〔文化史〕 】
これのおかげでぼろぼろだった文化史を詰め込むことができた。

友達にシェアする

 

ハイレベル世界史〔文化史〕

後回しになりがちな文化史を一気に得点源にしよう

暗記が大変と思われている文化史ですが、ある「法則」さえわかれば意外に簡単に暗記ができます。この法則を使ってヨーロッパの重農主義・古典派などの経済思想、ロマン主義・写実主義などの文化史、啓蒙主義などの政治思想、また哲学・美術・建築などを講義します。特に中国・イスラーム文化は弱点になりやすいので丁寧に講義します。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:難関私大、難関国公立大の合格を目指す生徒。世界史を「理解」して暗記したい生徒

東進の授業を体験する