2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 創造理工学部

山﨑里紗さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 成蹊高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: バスケットボール

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

第一志望への思い

私は高校1年生の時、自分は何に興味があり、将来何を学んでいきたいのか疑問に思い、インターネットでいろいろな職業を調べていたなかで家の設計士になりたいと思ったのを今でも覚えています。早い段階で自分のやりたいことと第一志望校を決めていたのは勉強を頑張るモチベーションになったので、自分からやりたい職業や行きたい学部を早いうちから調べておいた方がいいと思います!

志望校に合格するためには、自分の勉強に対するモチベーションを上げる方法を見つけることが大事なのかなと私は受験を終えて感じました。例えば私の場合ランキングにのり、担任助手の方から褒められることがモチベーションだったので、受講を人一倍多くやったり、隙間時間で高速マスター基礎力養成講座をできるだけ多くやることが出来ました。また、頑張ればギリギリ達成出来るくらい厳しい勉強スケジュールを立てることが大切だと思いました。勉強スケジュールを立てないよりも立てた方が確実に勉強の作業効率が上がると思うので、ぜひ実践してみてください!

普段E判定しか出ていなかった私が早稲田大学に合格することが出来たのは、早稲田の対策にたくさんの時間をかけたからです。志望校対策をすることで自分がより高得点を取れる時間配分を知ることが出来たり、頻出分野が分かることでどこを重点的に勉強すればいいか明確になり、志望校合格の最短ルートの勉強法を行うことが出来ました。

最後に、自分のできる最大限の努力をしましょう。そのことが自信を持つことにつながり、志望校合格につながっていくと思います。自分の目標に向かって頑張ってください!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試後面談で今後の目標を立てたのはモチベーションになり、とても役立ったと感じる。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

週の目標を担任助手と厳しめに設定したことでよりたくさん勉強することが出来たので、とても役立ったと感じる。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

受験者の人数が多いから自分の成績がどのくらいなのか、より正確に分かるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

3

Q
東進を選んだ理由
A.

部活をやっていたので、日程を組みやすかったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなでなぞなぞをしたり怖い話をして盛り上がったこと!!

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自然災害の多い日本で、災害に強い家を作る設計士になって、たくさんの人に安心を与え、たくさんの人にとって大切なものを作りたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
時間とやる気があればいくらでも新しい知識をつけることが出来るから。

志望校対策特別講座
市販の過去問の問題演習参考書の解説を読むだけでは得られないような深い理解を得られたり、問題を解くうえで最適な順序や時間配分のアドバイスがあるから。また、点数配分が分かるので、自分がどこで点数を稼ぐのか目標を立てやすかったから。

担任指導
身近に年も近く話しやすい担任助手がいることで小さな悩みや相談をすぐに解決することが出来たから。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】
志望校合格者平均と自分の点数を比較することで、どこの点数を伸ばせばいいのか分かりやすかったから。また、大問別演習により伸ばしたい大問を効率的に演習することが出来るから。

【 スタンダード化学 有機化学 】
この講座によって夏までに標準レベルの有機化学の問題を解けるようになったから。また、橋爪先生の授業がとても分かりやすかったから。

【 スタンダード物理 Part2 】
いろいろな公式の導入過程が授業内で分かることで現象に対する深い理解が出来たから。また、担当の山口先生が面白くて、自分に合っていたから。

友達にシェアする