2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
法政大学 文学部

松井凜さん

東進ハイスクール田無校

出身校: 明治学院東村山高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 演劇部

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

勉強の仕方には正解がない

高校二年生から受験勉強をしていて、なんとなく運動部のほうが受験にも耐えられる、みたいなジンクスがあったような気がします。私は文化部だったので余計それを感じていたのかもしれません。ですが、そんなのはまったくのウソです。文化部で私立文系のトップの大学に受かった人を私は知っていますし、何より私も演劇部でした。

受験勉強をしていると、偏差値や点数で、どうしても他人と自分を比べなきゃならないし、勉強ばかりしていると気持ちが落ち込んでくることもあります。だから不安になって、自分のことが信じられずに変なジンクスを信じてしまうことがたいていの人にはあるんじゃないかと思います。でも、最初から最後まで、信じられるのは自分だけです。

私は世界史を勉強するとき、ずっと東進のテキストだけで勉強していました。記載が足りないときは自分で書き足したり、世界史の資料集を切って貼ったりしました。みんなが東進の一問一答をつかっていたし、私も使いたかったのですが、私は前後関係がわかってないと暗記できない上に教科書は難しくて読めないというめんどくさい質だったので、そうするしかなかったのです。

知らない単語をいちいちテキストに書き足していくといういたちごっこではすぐには偏差値は伸びません。最後の最後まで世界史は苦手なままで、志望校の過去問も全然解けませんでした。ですが、志望校の試験当日、その日の世界史の試験では、ちょうど私が知っているところばかりが出題されました。自分が知らなくてテキストに書き込んだ言葉も、記述試験で課されました。

傍から見たら、私は運がよくてたまたま試験で知っている問題ばかりが出たので受かった人に見えるかもしれません。ですが、自分は、あそこで一問一答や教科書を使わず自分を信じてテキストを使い続け、あきらめずに書き込んだり地図を貼っておぼえたり、そういう積み重ねのおかげで合格できたんだろうと思っています。

受験は目の前が真っ暗だし、勉強の仕方には正解がないし、すべてが自分次第です。だからこそ、最後まで自分を信じて、なにがあってもあきらめないでほしいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

気さくに話しかけてくれて、勉強で落ち込んでいても、気持ちが切り換えられた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は、数年前に受験を経験しているので、どういう計画で勉強すればいいのかなど、具体的な質問に、的確なアドバイスをくださってとても良かった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

回数が多いので慣れることができる。慣れというのは受験においてとても大事で、慣れているかどうかでだいぶ差がつく。センター試験本番レベル模試は、本番に近い緊張感でたくさん行ってくれるので良かった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動を優先させたかったので、自分のペースで受講できるシステムに魅力を感じたから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

高校時代は演劇部に所属していて、きっと大学でも演劇サークルに所属すると思うので、その経験を生かした職業に就きたいです。人の心を動かせることは、本当に素晴らしいことです。何らかの方法で、たくさんの人を笑わせたり、感動させたり、そういう人間になれたら、それは世界に貢献できる人だろうと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

【 確認テスト 】
復習は面倒くさくて、自主学習だとさぼってしまいがちだけど、このシステムのおかげで必ず復習することができた。復習は勉強において最も大事なことだし、このシステムのおかげで、受講内容の定着だけでなく復習する癖も付いたので、とても良かった。

過去問演習講座
過去問演習講座は、過去問演習には必ず映像による授業の解説がついているし、10年分という量を一気に演習できるので効率よく勉強できた。

実力講師陣
東進の先生は本当に良かった。映像を見ていることを感じさせないくらい、面白く授業をしてくれる先生が多かったし、英語の長文や現代文の解説の時に使われる書画画面がとてもやりやすかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
東洋史編に限らず、すべてよかった。先生が人物にまつわるエピソードを多く話してくれたので、授業で聞いたことは大体おぼえられたし、何より忘れなかった。授業もよく学校の授業である穴埋めではなく板書で進んでいくので、授業に参加している感じがあって、身が入った。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
本当に良かった。雑談がすごく面白いし、何より受けているうちに今井先生のことがすごく好きになる。映像による授業では、一対一の交流がない分、どれだけその先生を好きになれるかが重要になってくると思う。今井先生はきっと授業を受けたらだれでも好きになるような、面白くわかりやすい先生だった。

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する