2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 文学部

塚越凜さん

東進ハイスクール春日部校

出身校: 不動岡高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 合唱部 副部長

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

何をすれば良いのかを考え続ける事が大切

私が東進に入学したのは高2の3月でした。私は私立文系型ですが、一番大切な教科である英語に苦手意識を持っていたので、克服したいと思い入学しました。入学前に他の予備校にも体験に行きましたが、春日部校の担任助手の方々の明るさや、高速マスター基礎力養成講座などの他の予備校には類を見ない魅力的なコンテンツが入学の決め手になりました。

私は音楽部(合唱)の副部長を務めていて、引退は3年の9月の予定でした。東進の、自分でスケジュールを決める事ができる映像による授業や自宅受講が、部活と勉強の両立の大きな助けになりました。高速マスター基礎力養成講座は電車通学のスキマ時間を利用して学習時間を確保できるので、忙しい部活生におススメです!

高3の夏頃までは成績がなかなか伸びずに苦しい思いをしていました。6月までセンター英語が二桁しか取れず、自分が志望校に合格している姿が全く想像できずにいました。しかし、自分の可能性を信じて志望校を変えずに毎日勉強し続けました。夏休みも1日の半分を部活に費やしながらも、必ず毎日登校をして、3教科に触れ続ける事を意識しました。

センター試験の過去問演習を、夏休み中に目標であった10年分を全教科達成できたことは、大きな自信に繋がり、苦手を見つけることもできたので、二学期からの勉強の指針を作ることができました。毎日の地道の努力を続けたおかげで、10月の模試で大きく成績が上がり、当時の志望校であった立教大学でA判定を取ることができました。この時から早稲田大学を考えはじめて、学校の先生方や東進の担任の先生に背中を押してもらい、早稲田大学の受験を決めました。

部活を引退してから冬休みまでは毎日センター試験の大問分野別演習を使って、センター試験9割を目指して基礎知識の徹底と応用問題に対応できる力をつけていきました。1週間単位で勉強の計画を綿密にたてて、修正しながら毎日やるべきことをハッキリさせる、そのことをやり切る事を意識しながら勉強しました。自分の頭で、今の自分に必要な力は何か、目標達成するためには何をすれば良いのかを考え続ける事が受験勉強全体を通して大切なことだと学ぶ事ができました。

直前期も東進の先生方に励ましていただきながら、自分で決めた計画に沿って勉強を続けた結果、センター試験では自己ベストの点数を取る事ができました。そのおかげで第一志望であった立教大学にはセンター試験利用入試で合格でき、一般入試に向けての自信がつきました。早稲田大学の一般入試の日も、当日の朝に担任助手の方に会えたおかげで、気負わずにリラックスして実力を出し切る事ができ、挑戦校であった早稲田大学文学部に合格する事ができました。部活に全力で取り組みながらも毎日少しずつ勉強を積み重ねたこと、自分で工夫しながら勉強そのものを楽しめたことが合格に繋がりました。

大学では様々な国籍の人と関わりながら、自分の見識を広げて、今の社会を深く捉えられる人間になりたいです。受験勉強は誰もが経験する平等な機会なので、気負いすぎずに、楽しみながら取り組むことが大切です。周りにいる友達や両親への感謝の気持ちを忘れずに過ごして下さい!応援しています!1年間の受験期を明るい春日部校で過ごしたことで、自分の意識や考え方が変わり、人生が変わりました!ありがとうございました!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ高校出身の先生だったこともあり、とても親身に自分の高校にあったアドバイスを下さいました。これから自分に必要な道筋を一緒に考えたことが合格に繋がりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎日笑顔で接してくれて、毎日登校しようというモチベーションになりました。自分の強みと弱みを明確にしながら勉強を続けて行くことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の苦手な大問や傾向をハッキリさせることができたので、それからの勉強の指針と目標を立てることができたため。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

他の予備校と比べて雰囲気が明るく、担任助手の方の存在が大きかったです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

様々な国籍の人と関わりながら、多様性のある考え方を身につけて、刻一刻と変化する今の社会を深く捉えられる人間になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
センター試験大問分野別演習でセンター試験対策がバッチリできたから。

高速マスター基礎力養成講座
部活が忙しい中、スキマ時間で英単語に触れることができたため。

担任指導
自分のやるべきことをスモールステップではっきりさせることができ、モチベーション向上につながった。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(日本文化史Ⅰ) 】
金谷先生の授業は好奇心をくすぐり、日本史の文化史を楽しみながら学ぶことができたため。

友達にシェアする