2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
群馬大学 医学部

佐藤日向子さん

東進ハイスクール田無校

出身校: 武蔵高等学校(都立)

東進入学時期: 中3・2月

所属クラブ: 水泳部 キャプテン

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

毎日のように閉館まで勉強をしていた

中学3年生の時から東進ハイスクールには大変お世話になりました。中学2年生の時に医学部受験を決意し、中学3年生の後半になって、「医学部を受けるんだから高校からはいいスタートを切らなくては」と思い、東進ハイスクールに入学しました。

高校1年生の時には、東進の方針である「毎日登校、毎日受講」をすることで、東進で必死で勉強している他の受験生の姿が、「毎日勉強しなくては」という意気込みに繋がりました。高校1年生の段階で毎日のように閉館まで勉強をしていたことは、受験生になっても大きな強みになっていたと思います。

また、東進で先取り学習として「高校対応数学」をとってからは、中学の時点数があまり安定しなかった数学も、先取り学習の段階で内容をきちんと理解して学校の授業に入れたおかげで好成績をキープでき、3年生に入るころには、私にとって一番の得意科目になりました。東進の映像による授業はわかりやすいですし、自分で自由に受講できることは「先取り学習したいけど、部活もちゃんとやりたい」と思っていた自分にピッタリだったように思います。

ここからは、これから受験生となる方たちに私からアドバイスをしようと思います。

①毎日勉強する。先にも述べましたが、これは本当にやってよかったと思うことの1つです。私は運動部に所属しながら、部活が終わってから東進へ行って、東進でご飯を食べて、閉館まで勉強するという生活を高校1年生から続けてきました。大変ではありましたが、このことで「勉強する体力」「集中力」「学力」が身についたように思います。

②暗記から逃げない。化学も英語も覚えたもの勝ちの科目だと思うので、早い段階で暗記に取り組み、基礎学力をつけていくことが大切だと思います。

③英語は早めに取り組む。英語は単なる語学です。できない訳ないんです。できないって思う人は、暗記から逃げている人か、そもそもに根本を理解できていない人だと思います。英語ほど努力と点が比例する科目はないと思うので、高2までに仕上げておくことが合格への早道だと思います。高1から英単語を計画的に覚えていくことがおすすめです。

④考えて勉強する。自分は何ができないのか、何が必要か、どうやって勉強していけばいいのかを考えることが大切です。目的をもたずただ勉強をしていても成績は全く伸びていきません。担任助手の方が親身に相談に乗って下さると思うので、たくさん相談していくと良いと思います。

長くなりましたが、最後に医学部受験を考えている人に向けて。「医学部受験は超難関」「受かる人は天才だ」などと巷ではよく言われますが、私は地頭は全然よくない凡人です。そのような人でも努力すれば良い内申をとれて、「公募推薦」という形で合格することもあります。推薦は筆記試験もありますが、基本的に高校生活どれくらい頑張っていたかを評価してくれるものであり、試験の「結果」だけでなく「過程」も評価してくれるものです。これは受験において唯一といっても過言ではないかと思います。現役で医学部に合格したいと考えている人は、学校生活をおろそかにせず、日々テスト勉強や部活に励むことが大切だと思います。確かに医学部受験は大変ですが、夢に向かって諦めず頑張ってほしいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

なかなか出回っていない推薦試験の過去問をたくさんくれたこと。感動しました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身に相談に乗ってくれたり、つまづいたとき励ましてくれたこと。たまにおしゃべりするのは、息抜きにもなってよかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

先にも書きましたが、センターレベルの模試を定期的に受けていたことは、日々の学習の指針にもなりましたし、やった単元を忘れないようにする役割もありとてもよかった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家と学校から通いやすかった点。また、部活との両立が可能だと思った点。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなでおしゃべりしたり、一緒にごはんを食べたりするのは楽しかったです。また、良い刺激ももらえ、日々勉強する上でのモチベーションにもなったりしました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

患者さんにとって近い存在の医師になること。患者さんは医師に対して「話しづらい」と思ってしまう傾向があると思う。医師に言わなかった些細な症状だって、キーとなるようなものだったりすることもあると思うから、患者さんと十分なコミュニケーションをとり、親しい存在の医師になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
自分で自由に先取り学習ができる点は本当に良かった。他塾とは異なり、学校に合わせて先取りできたので、勉強しやすかったように思う。

実力講師陣
映像による授業はとても分かりやすかった。

東進模試
高校1年生のときからセンターレベルの模試を定期的に受けていたことは、日々の学習の指針にもなりましたし、やった単元を忘れないようにする役割もありとてもよかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 高等学校対応 数学Ⅰ・A-上級- 】
高校対応のシリーズのおかげで数学が得意になったといっても過言ではないです。初見の単元も十分に理解できますし、上級は応用まで可能なのでおすすめです。

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
今井先生の講座は本当に楽しいです。英語が好きになります。A組は難関校の実際の試験問題が扱われるので、骨がありますが、楽しく受講できたと思います。

【 ハイレベル化学 理論化学 】
初見の単元でも深いところまで理解できるのでおすすめです。

友達にシェアする

 

高等学校対応 数学Ⅰ・A-上級-

高校の教科書の深い理解から、入試基本レベルまで到達します

"学校の数学Ⅰ・Aの単元ごとに、やや発展的な解説を通して高校数学の基本を理解し、演習を通して教科書の章末問題(傍用問題集のB問題)レベルをマスターします。
以下の単元は講習講座のみの設置です。数学Ⅰ・Aをマスターするための必須講座です。
データの分析(90分+演習)×3回+講座修了判定テスト1回 担当講師:築舘一英先生
整数の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:築舘一英先生
図形の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:松田聡平先生"

90分×25回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅰ・Aの教科書の章末問題、教科書傍用問題集B問題までのレベルをマスターしたい生徒

東進の授業を体験する