2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1494人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
明治大学 商学部

驛田拓人くん

東進ハイスクール練馬校

出身校: 石神井高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 野球部 部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

コンテンツが充実していた

高2の1月頃に入学してから始めはただただ受講するだけの生活を繰り返していました。夏休み中に受講が終わり、いざ問題を解いてみるとほとんど問題が解けず、どこの大学にも合格しないのではと思うくらいでした。そこで8月からはセンター対策と共に受講の復習も始めました。日本史は毎日夜に一から受講し直して、翌朝に授業を完コピして音読するというサイクルを作りました。その結果日本史を得点源にすることができ、流れを把握することが出来ました。国語は現代文を毎日1題よみ、英語も文法、長文を毎日コツコツやりました。コツコツとつづけられたからこそ結果に結びついたと思います。

センターでは国語で失敗したものの、割り切って私大に向け過去問をひたすらやり続けました。本番では自信を持ってやりきることが出来ました。ONとOFFの切り替えは本当に大切です。受験においてペース配分も日々考える必要があります。また自分が第一志望校で生活していることも想像して下さい。ホームページを見たり、スマホやパソコンの壁紙にしたりして意識を高めましょう。

東進のコンテンツは充実しています。英単語・熟語は音声もあり覚えやすいのでコツコツやることが大切です。今日のコラムも毎日やり、時事に関する知識、語彙力を高めましょう。また、志望校別単元ジャンル演習講座を数多くこなすことで問題の傾向や対策が分かりました。特に評論、英語の文法、日本史は何度も同じ問題が出るので復習をしっかりすることで他大学の対策にもなりました。

大学でさらに深く学び、自分の目指している企業に就職し、そこで素晴らしい人財として活躍できるようになります。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強していて悩みがあったらその度に相談にのっていただき安心した。また合否も一緒に見て喜びを分かち合えた時は頑張ってきてよかったと感じた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

会うたびに声をかけてくださり勉強の合間にお話ししたことでよい気分転換となった。また、様々なアドバイスもいただき生かすことができた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の学力の現在地点がわかる。模試の結果は自分の成長を知るため。結果を気にしすぎない。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友達が東進のコンテンツを使っていて良いと思ったため。家から近かったため。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で様々なこと学び、自分の目指している文房具の企業で働き、活躍します。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
第一志望校だけでなく他大学の頻出問題も知ることができ、効率よく学習を進めることができた。また自分が苦手な分野を重点的にやることでピンポイントで学力を伸ばすことができた。制限時間が短いものから長いものまであり、その状況にあったものを選んでやれたのがよかった。そしてグラフや演習数が可視化され、自分の成長を感じることができた。

過去問演習講座
10年分も解くことによって傾向がつかめ、自分なりの戦略が立てられた。また何度も繰り返し解くことで本番自信をもって挑むことができた。

実力講師陣
東進の先生方は1からわかりやすく、楽しく教えてくださった。受講と復習をしっかりやることで大幅に点数は上がる。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
毎回の授業が楽しみになるくらいわかりやすく、楽しい授業だった。戦後史はほとんどの大学で出題され、また周りの人と差が生まれやすいところを5コマでコンパクトにまとめられているので、効率よく学習することができたから。

【 英文読解-論説文(700語レベル)- 】
長文の読み方を知ることができ、素早く読むことができるようになった。また受講が終わった後すぐに音読することで、より早く英語のまま読解することが可能になった。

友達にシェアする