2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
青山学院大学 法学部

菅沼夢さん

東進ハイスクールせんげん台校

出身校: 越谷北高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 吹奏楽部 パートリーダー

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

最後まで絶対に第一志望を譲らないで諦めずに努力した

私は3年生の6月に東進に入りました。私は吹奏楽部に所属していたので効率的な勉強をする必要がありましたが、自分の力だけでは何をすればいいのかわからず、また厳しい環境に自分をおきたかったので、友人の誘いでせんげん台校に入ることを決めました。

東進は担任指導がとても魅力だと思います。1日のほとんどが部活にとられ、普通の人と同じように勉強できない私にたくさんアドバイスをしてくださったり、心が折れそうになった時は話を聞いてくださったことはとても私の支えとなっていました。

この受験期を通して、私も人の為に一生懸命になれる人になりたいと思うようになりました。またそれ以外にも一緒に通う友人や様々な面で支えてくれた両親、苦楽を共にしたグループ・ミーティングの仲間などたくさんの人に支えられました。このような人に出会えたことが私が東進に入って良かったと思う一番の理由です。

受験に関しては、引退が9月だったため受講も終わらない、過去問も手を付けられない、とにかく時間がないでとても苦しい8か月でした。時間がとれる日が限られているため、電車や学校、家でも受講をして1日7コマ受講したり、演奏会の後ずぶ濡れでフラフラになりながら過去問演習会に出たこともありました。それでも引退した人とは圧倒的に時間差が出てしまい、最後の模試までE判定だったし、第一志望の受験まで一般は全落ちしていました。

それでも私が合格できたのは、最後まで絶対に第一志望を譲らないで諦めずに努力したからだと思います。時間が多くとれない分誰よりも1分1分を大事にして勉強し、自分は頑張ったと自慢できるくらいに質の良い勉強をしてきた自信があります。どれだけ状況的に不利でも、強い気持ちやそれに見合った努力をしていれば逆転は全然可能ということがこの受験を通して証明できたと思います。この経験を大学受験だけで終わらせず、この先も「あの苦しい受験を乗り越えられたから大丈夫」と自信をもって経験したことのないことにも積極的に挑戦していける人間になりたいと思いました。そして私は弁護士になることが夢なので、憧れの大学で様々な人と関わって人間的に成長できる4年間にしたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験校を選ぶのにかなり迷ってたくさん質問をしても、いやな顔をしないで求めていること以上のアドバイスを常にしてくださったので、自分も両親も納得のいく受験校選びをすることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

第一志望の受験までに一般試験が全て落ちていて精神的にかなり不安が大きく泣きそうになっていた時に、第一志望の対策を一番やってきたんだから第一志望は絶対大丈夫!と言っていただき、切り替えて勉強のやる気を引き出させてもらったことが一番支えになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

結果に一喜一憂している時間がもったいないので、受けたその日のうちに自己採点をして、自分に今足りていないことは何か、どうしたら効率よく伸ばせるかを分析する時間に回す。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の力だけではどう勉強したら良いかわからなかったし、部活と両立するためには自分に甘えないような厳しい環境に自分を置いておきたかったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

誰とも話さないで黙々と勉強するだけだと精神的に辛くなってしまいますが、一週間に一回30分だけ楽しく話したり息抜きができてすごく大事な時間でした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活との両立は正直辛いどころではありませんでしたが、時間が限られている分誰よりも集中して勉強したり、スキマ時間を大事にしたり、効率よく物事を進める能力が身に付いたと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

世界史がとにかく苦手で、一番時間をかけているのに10月11月までセンター30点台しかとれなかったのが辛かったし、すごく不安でした。しかし世界史は根気よく続けていくしかないので、担任助手の方にたくさん不安などをぶつけながら地道に続けていき、50点近く上げることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

なんでも禁止しすぎて自分を追い詰めすぎるとすぐに挫折してしまうので、時間を決めてスマホを見たり、少し友達と話して気分転換したりしていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに行ったときに立地や学生の雰囲気に一目ぼれしたからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

苦しいことの方が圧倒的に多かったけれど、周りの人からの支えなど温かい気持ちになることも多くて、自分が今いる環境に感謝できるように成長させてもらった良い機会だったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来は弁護士になって冤罪などで苦しんでいる人を助けることが夢です。困っている人の気持ちに寄り添えるような人間になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
大問分野別演習が特に苦手な分野に特化して学習できたり解説が詳しいので、大問分野別演習はとにかく数をこなすに尽きると思います。

担任指導
英作文の添削を毎日のようにしていただいたり、勉強面以外にも少しでも不安があったら聞いてもらってとても支えになりました。

志望校対策特別講座
自分に今足りていないところをAIが出してくれるので、効率よく成績を上げることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
とにかくおもしろくて受講室で笑いをこらえるのが大変でした。また印象に残りやすいので、実際の問題を見てその知識だけでなく関連事項も思い出せました。初めての受講が今井先生で本当に良かったです。

【 青山・立教大対策英語長文読解 】
この受講を受ける前までは英語が苦手でしたが、長文の解き方が分かって苦手意識がなくなり、得意科目に変えることができました。

【 入試直前まとめ講座 世界史Bのまとめ 】
ごちゃごちゃになっていた縦横のつながりが整理されてるので、分かりやすいだけでなくテキストとしても優秀だと思いました。

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する