2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
慶應義塾大学 文学部

吉永光来さん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 成蹊高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 料理部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

高3目前の東進センター模試、196/500点から早慶上智合格へ

東進に入ったのは高二の冬からです。もともと附属校に通っており、定期テスト以外での勉強をしてこなかった私は、高校二年生二月の第一回センター模試では、英語筆記50点、国語107点、日本史39点と散々でした。ここには勉強法について載せていきたいと思います。

まず取り組んだのは英語です。最初は文法をマスターするために、C組の授業と並行して、文法の参考書の『文法・語法1000』を五周はしました。そしてその後に単語を覚えました。高速マスター基礎力養成講座は復習しやすいのでオススメです。あとは、夏休みが終わるまでに単語熟語を完璧にしました。一日に新しい単語50個として、復習は前回の範囲から。分からなかったところには付箋を貼って、三日連続して正解するまで剥がさない。これを毎日必ず繰り返すことで、長文を読む上での不安な要素はかなり少なくなりました。

夏はセンター対策がメインになりますが、私大演習に向けて少し難易度の高い長文も毎日一題は解いておくと、秋にもっと楽になると思います。 国語も、やはり夏までに古文の文法、単語、漢文の句法、現代文の漢字をやること。夏までにしっかりと基礎を作ることが本当に大切です。あと私は夏休み中に、東進の大門別の問題を使い、センター国語を毎日一回分は必ず解きました。センターは時間配分もきついので、時間制限を設定して現代文から漢文まで一気に終わらせることをお勧めします。本文の読みこみ、選択肢の切り方は対策すれば必ず伸びます。これで私は夏休み最後のセンター模試では194点をとることができました。

日本史は、長期記憶が苦手な私の悩みでしたが、12月に行った東進の千題テストが転機になりました。1~2日の間に全範囲の確認をしたことで、本当に日本史が頭に入るようになりました。短いスパンで、全範囲を頭に入れると、全部が理解できるのでお勧めです。そして私は冬休み期間、午前中は全て日本史の暗記に時間を費やし、一週間以内で全範囲の暗記を行い、それを繰り返しました。細かい知識は、他の志願者と差をつけるためには必要だと思ったので、単元別や過去問で出てきた知らない単語を、間違いノートにメモしていき、毎日読むようにしました。見たことがあるだけでも有利になると思います。

そして、過去問演習について。 私はたくさん悩んだ結果、春から慶應義塾大学へ進学することにしましたが、元々の志望校は上智大学。志望順では、早稲田と慶應はその下でした。 上智大学の難しさは、英語の時間制限です。私も過去問演習を始めた9月は、制限時間の2倍の時間をかけても解き終わりませんでした。速読に私が一番効果を感じたのは、過去問の繰り返しです。9月に10年分を解き終えた後、12月に2周目をしました。ここでペース配分を掴めたことが合格に結びついた思います。

また、1週目の復習は単語中心にして、2週目はなぜ間違えたのかを重点的に見ました。これも間違いノートに記し、冬休み期間は毎日必ず読みました。あとはセンター試験が終わってから入試前日まで毎日、同じ形式の他の上智の学科入試も使って、必ず英語の問題を解きました。上智大学の試験で、早慶志望者と差をつけるのは、問題への慣れです。私は20~30年分の英語問題を解きました。 読むということに関しては、時間・難易度ともに上智で早慶に対応できました。

早慶を受ける方は、早慶の問題での解答方法を重点的に練習すれば大丈夫だと思います。あとはひたすら、単元ジャンル別演習と志望校演習です。演習問題をたくさん解くことができ、記述問題の採点、解説をもらえるのは、東進だからこそだと思います。

この受験期間、どうしてもこの大学に行って勉強したいという気持ちがあったおかげで、どれだけ模試ができなくとも、志望校を下げるという選択も、受験を辞めるという選択も考えたことはありませんでした。勉強も楽しかったです。そうなるためにも、本当にやりたいことや学びたいことを早いうちから考えておくと、モチベーションになると思います。

あとは東進に毎日必ず行き、決めたルール(間違いノートを読むなど)を絶対に破らないこと。他の入試方法を選ばなかったことを後悔したこともありましたが、受験が終わった今、一般受験を選んで良かったと思っています。コツコツと努力すること、そして努力が報われる体験が、自分の大きな財産になりました。「今がんばれなかったら一生がんばれない。今がんばったやつは一生をがんばれるかもしれない」不安もたくさんあると思いますし、落ち込むこともあると思いますが、充実した一年だったと言えるような1年間を過ごしてください!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東進にきたら明るく話しかけてくれたので来る気がなくならず、毎日これました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎週のグループ・ミーティングが、自分の勉強の息抜きになり、長期休みなどでは助けになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的にあるので、自分の実力の推移を見ることができました。去年の合格者と比べることができ、取らなきゃいけない点数も分かりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースに合わせて勉強を進められると思ったから。部活以外の課外活動が忙しかったので、それに合わせたかった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

差し入れを持ってきてくれました。糖分大事!!

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学で学びたいことへの気持ちを思い出しながらやりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大人になるうえで、大切な経験を積むことができる機会。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

幼少期の経験等で傷ついた大人や子供の心を学び、彼らの心を動かし、希望を見いだせるような映画作りに関わりたいと思ってます。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
演習がたくさんでき、解く問題が尽きないで、新しい知識をやればやるだけ増やせるから。

実力講師陣
分かりやすく楽しく、暗記も苦労せず授業を進めることができました。

過去問演習講座
記述問題に対する間違えをつけてもらえるのがよかったです。わたしは、慶應の小論文はこれしかやってません!!

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英語の基礎を作れる講座!面白くて、受験勉強の始めにぴったりです。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
大問別でたくさん演習できる!夏はこれをやりこむとよかったです!!

友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する