2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 文学部

近藤美咲希さん

東進衛星予備校御器所校

出身校: 名古屋市立向陽高等学校

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

自分自身のモチベーションを保つ

高校2年生の10月頃から本格的に東進で勉強を始めましたが、やる気の起伏が激しかったので自分自身のモチベーションを保つのが大変でした。例えば、英語の気分じゃない日は英語は無理にやらず日本史だけやる、など自分が勉強を投げ出さないように頑張りました。

合格点を取るために一番大切なのは、先生方の考え方からすべて真似しようとすることだと思います。私は先生の考え方、頭の使い方を全部真似しようとしました。東進の先生方は合格点に届く授業をしてくださってると思います。皆さんも先生に全部任せてみてください。

私はコツコツと基礎を固めること、特に単語を覚えることが嫌いで単語帳を何冊も買ったのに結局全部最初の20ページくらいしかやらず、一冊も終わらせることができませんでした。でも高速マスター基礎力養成講座は比較的やりやすくてなんとか終わらせることができたので最低限の単語は習得することができたのではないかと思います。

そして実践が好きだったのでセンターの過去問を利用して基礎を実践の感覚で早期に固め、長い時間をかけて過去問を東進データベースを利用して受けた大学、学部すべて10年分ずつ解きました。やはり私立は学校ごとの特色が強いので、何を勉強すれば点数がとれるのか、どのように勉強すれば効率がいいのかを知るためにも、過去問研究を早く始めることが大事だと思います。

私は春からこの大学で、世界中のたくさんの言語を習得し、その背景にある文化や伝統を学んで、世界中のたくさんの人とコミュニケーションをとれるようになりたいです。そして将来はこのグローバル化が進む世界で活躍できるような人間になれるよう、この受験生活を乗り越えたことを自信にして頑張ります。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生がどんな些細なことにも相談に乗ってくださり、とても心強かった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

経験談をたくさん話してくださったので、不安な要素や分からないことを知ることができ、ありがたかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

私立は判定が全くあてにならないのでいい結果だったら喜んで、悪かったら気にしないほうがいい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったから。個別塾だと不安だったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強に疲れてしまった時のちょうどいい息抜きになった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

英語がいきなり読めなくなるスランプはしょっちゅうありました。その時はしばらく英語は読まないようにしていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

すべての大学に落ちてしまうことを想像する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

夏に学力がぐんと伸びたので、もう一つ上を目指そうと思って決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

もう一年なんて絶対無理と思うほど辛くて二度と経験したくないもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界中のたくさんの言語を学んで世界中の人とコミュニケーションがとれるようになることによって、世界中の人々をつなぐことに貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 文法編Ⅳ 】
文法に関してはこの講座一つで仕上がるから。

【 英文読解-論説文(700語レベル)- 】
先生にやる気をもらえるから。

友達にシェアする

 

難度別システム英語 文法編Ⅳ

志望大学に合格する基本の文法力はこれで完璧!

安河内哲也 先生

私大入試では、文法問題に正解できるかがもっとも大きなポイントです。この講座では、頻出の文法問題を題材に重要文法を網羅的に学習します。網羅的な体系学習が終わった後は、実戦演習。本番を意識したさまざまな形式の問題で文法力を確実なものにします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校レベルの文法力は身についているが、入試レベルの学習はまだできていない生徒

東進の授業を体験する