2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
九州大学 法学部

八尋一修くん

東進衛星予備校修猷館前校

出身校: 修猷館高等学校

東進入学時期: 高1・4月

この体験記の関連キーワード

大きな夢を持つことで勉強のモチベーションに

僕には大きな夢がありました。その夢とは、僕の愛する故郷福岡を世界に認められる名誉ある都市にするといったものです。名誉ある都市とは、単に人口が多かったり、高層ビルが立ち並ぶような大都会の中心である都市のことではなく、なにか世界に誇れるような強みを持っている都市のことだと考えます。

では、この福岡は一体どのような強みを持っている、あるいは持つべきなのでしょうか。僕は、それは「先駆的なエコの文化」だと考えます。現在世界はさまざまな環境問題に直面しており、それを解決するためのエコな文化・技術が必要とされています。しかし、エコという概念自体非常に新しく、必要とされている十分なエコの文化・技術は未だ発展途上の段階にあります。そういうわけで、21世紀においては、この「エコ」という概念が非常に重要になるのです。そこで、北九州の公害とその解決を経験した我々福岡は、いち早くこの「エコ」の概念を教育、行政によって産業や県民の心や生活のなかに織り込むことによって、この分野における世界のイニシアティブを握るべきであると考えます。現時点でも、福岡のみならず日本では、ある程度のエコの文化が見られますが、それはあくまで「上からのエコ」、すなわち民衆が法令や条例によって半強制的にエコの活動を行っているに過ぎないのです(全部が全部そうではないが)。そうではなく、県民全員が、本心より自然を愛し、自らの意思によってエコな生活・経済活動を行うことができるような福岡をめざすのです。そうすれば、福岡の大学や企業から最新で有効なエコの技術が生まれ、福岡の町やコミュニティーからエコの文化が生まれてくるでしょう。そうした福岡発のエコな文化や技術が日本に、世界に普及し影響を与え、そして確かな結果を生む。そのときには我らが福岡は、エコの分野で世界を率い、世界の尊敬と評価が集まる名誉ある都市となるでしょう。

野望に近い、僕の夢を長々と述べてきましたが。この夢を実現させるにはやはり巨大な社会を制御するための法を学ぶ必要があると考えました。また法だけでは十分ではなく、県民のなかにエコの心を育むための教育論や福岡の強みを世界に発信してゆくための外交論や言語、さらには国際法を学ぶ必要があると考えました。そこで東進の膨大な大学のデータの中から、自らの夢を実現させるにもっとも有効な大学・学部を探しはじめたのですが、それは意外にも地元である九州大学にあったのです。こういったいきさつで、僕が志望したのは九州大学法学部のGVプログラムという、国際的に活躍できる法律家を育成するためのプログラムでした。僕は法律家になりたいわけではありませんでしたが、GVプログラムのなかで学び得ることのできる国際法の知識や英語でのコミュニケーションスキル、プレゼン能力などの教養や多数にわたる留学経験は特に上に述べた僕の夢を実現させるにあったて重要であると確信したため、この学部を志望しました。

合格までの道のりは非常に過酷でした。そもそもGVプログラムの入試方法はセンター利用のAO入試で、英語での面接、筆記試験があるため、ほかの受験生と同じように9教科の勉強をしながら、英語のlistening,speaking, writingの練習をしなければなりませんでした。この3技能については、海外滞在はおろか海外旅行すらしたことのない僕にとっては、かなり習得が難しいものでしたが、学校の先生やインターネットをフル活用して試験日まで毎日少しずつ、成長していきました。センター対策についてはただひたすらに先生の言うことを聞くだけでした。そうすることに不安を覚えたりする人もいるでしょうが、先生は何人もの受験生を指導してきた受験のプロです。いうまでもなく自分らよりベターな方法を知っています。だから、僕は何の迷いもなく、先生の言うとおりセンター過去問をとき、復習しました。すると本番は自己ベストを更新することができました。

最後に、友達の存在は大きかったです。意外と、案外と、今となりのブースにすわってるあいつは、皆さんにとってかけがえのない、pricelessな存在なのかもしれませんよ。わかりにくく冗長な文章でしたが、まとめると大志を抱いたほうがよいのです。大志は勉強のモチベーションになります。自分もだいぶ自分の大志に助けられました。”Boys, be ambitious"というクラーク博士の言葉は、令和を生きる我々に向けた言葉でもあるのです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の担任の先生は、大学受験のみならず、社会に出た後のことも考慮した勉強方法を教えてくだっさた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

positive,affirmativeな勉強に対する姿勢を持つことができた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ志望校を持つ仲間とお互いに励ましあった。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
これで多くの基礎的な英単語を学べました。

公開授業
今井先生の講演を聞くことにより、勉強へのモチベーションをあげることができました。

担任指導
担任助手の先生のアドヴァイスどおりに、学習を進めると効率よく成績を伸ばすことができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
雑談がためになり、かつ面白い。

【 難関国立大対策現代文 】
現代文の読み方はセンスが問われるが、受講後は必要とされるセンスが身につく。

友達にシェアする

 

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

今井宏 先生

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒

東進の授業を体験する

難関国立大対策現代文

現代文を武器に、難関国立大合格を確実にする!

宗慶二 先生

前半は、読解をメインに現代文学習の総整理を行い、記述対策につなげる土台となる読解力を養成します。後半は、過去の良問を用いながら評論、随筆、小説など幅広いジャンルを扱いながら、本質的な読解・記述力を身につけるべく演習を行っていきます。本講座で、現代文を得点源とし、志望校合格を不動なものにしましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大(北大・東北大・一橋大・名大・九州大)を志望する生徒

東進の授業を体験する