2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
名古屋大学 農学部

新田晏夕さん

東進衛星予備校豊田駅南校

出身校: 岡崎高等学校

東進入学時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

「面白い!」と思って勉強した

私が東進に入ったのは3年生になる直前でした。私は家ではなかなか集中して勉強することができず2年生までは学校の予習や課題を何とか終わらせるくらいの勉強しかできていませんでした。

初めて東進に行った時、多くの人が集中して勉強している光景に驚いた記憶があります。このように私は勉強するという習慣があまり身についていなかったのですが、東進に入るといつの間にか東進で毎日勉強することが当たり前になっていました。

私が勉強するうえで意識していたことは「面白い!」と思って勉強することです。「面白い!」と思って勉強することができると、同じことをやっていても印象に残ることが多く、どんどん理解が深まり、勉強することがとにかく楽しくなります。これは好きな科目に限ったことではありません。苦手な科目にも必ず面白いと思えるところがあるはずです。私の苦手科目は数学で、少し前までは数学を避けるようにしていましたが、「こんな式がこんなにきれいな図形を表しているんだ!」などといった、「面白い!」と思えることを探してみた結果、数学に対する興味がわいてきて楽しくなりました。最後まで数学が一番の苦手科目だということに変わりはありませんでしたが、面白いと思えなければもっと苦手になっていただろうなと思います。

好きな科目に関しては、受験には必要ないのではないかと思うような細かいことでも気になるのなら調べてみることをおすすめします。意外と役に立つかもしれません。

最後に、行きたい大学のレベルの高さに焦ってしまうこともあると思いますが、とりあえず勉強を続けてみることは大切です。勉強を続けているとなぜか急にできるようになっていると感じることが何度かありました。これから受験をするみなさんも、楽しく、最後まで頑張ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも面白くて楽しかったです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

質問にたくさん答えてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手な分野を見つけるのに役立ちました。

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強することができるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友達といろいろ話せて楽しかったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

9月には、文化祭や体育祭、習い事の発表会があり勉強時間の確保が難しかったです。特に体育祭ではダンスリーダーをやっていたので勉強以外にやらなければいけないことが多くありましたが、なるべく勉強時間を減らさないように体育祭準備も勉強も授業の合間や移動時間などの空いた時間を使って効率よくできるように工夫をしました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

様々な大学の興味のある分野の研究成果が簡単に紹介されている記事を読み、「面白い!」と思うことです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

私の高校から名古屋大学に進学する人が多かったので、高校に入学した時から何となく名大に行けるといいなと思っていました。2年生になって生物や化学が好きになり、農学部に進みたいと思った時に名古屋大学では高いレベルの研究をしていると知り、志望校に決定しました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

思っていたよりも楽しいものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

具体的に何がやれるかはまだわかりませんが、問題となっていることに対して自分の目の前ことをまずはやってみることが役に立つこともあると思うので、どんなことでもとりあえずやってみることで何か世界に貢献出来たらなと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座


過去問演習講座


【 確認テスト 】


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 名古屋大学(全学部) 】
二次試験の過去問は、自分で採点するのが難しいですが、丁寧に添削してもらえたので、特に論述問題では自分が言いたいことが採点者に伝わっているかを確認することができました。

【 センター試験日本史B完成 】
日本史はセンター試験のみでしか使わなかったので、あまり日本史に時間を使うことはできませんでしたが、最小限の知識で問題を解くための方法がわかりました。

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
長文を読む時にその文章における各段落の役割を意識しながら読むことができるようになり、筆者の主張を理解しやすくなりました。

友達にシェアする