2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
北海道大学 総合入試理系学部

菱木怜くん

東進ハイスクール土気校

出身校: 長生高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 吹奏楽 トロンボーンパート

引退時期: 高1・5月

この体験記の関連キーワード

学習する習慣を身に着けることができた

僕は、元々考査の前に狭い範囲の短期記憶を繰り返していただけで、普段から勉強する習慣が無く、知識を身に付ける学習はしていませんでした。東進へは勉強に対するペースメーカーのつもりで入りました。僕が入学した時点で、既に2年生の時から東進に通っている生徒とは講座の受講数でだいぶ差をつけられており、1日に2コマ以上受講するという日々が夏頃まで続きました。その時ようやく、受験勉強というものを意識するようになりました。

その甲斐もあってか、日常的に学習する習慣が段々と身に付いていきました。基礎固めの為の受講も終わり始めた夏休みに、過去問演習講座 センター対策や第1志望の過去問に手を出し始めました。自分では基礎知識が定着していると思っていましたが、いざ過去問を解いてみると所々自分の知識に穴がある事に気付かされました。その穴に気付く度に基本事項の確認をすることで、その事に関する知識と共に「これはもう絶対間違えないぞ」という自信が伴うようになりました。

模試で着々と自分のスコアが上がってはいったのですが、それでも第1志望との大きく開かれた差に苦悩しました。しかし、担任助手の方の「悩んでる時間が1番勿体ない」という言葉を受け、モチベーションが高い低いに関わらず行きたい所への道は勉強1本しかないと自覚することが出来ました。正直、夏休み後から国公立二次まではあっという間でした。1日に何処の、何の科目の過去問をやるかということを決め、そのタイムテーブルに則って勉強をする日が殆どでした。結果的に受かることが出来ましたが、これは学習環境と自身の努力のどちらも欠けてしまっていては成し得なかったことだと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生と親と生徒による三者面談で、模試の結果をもとに親の理解を得たうえで進学先や勉強法について話し合うことで塾、家庭共同で生徒に対するサポートが出来ていた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は全体の方針は勿論のこと、自身の受験期の体験を活かして細かな勉強法のアドバイスをして下さった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難易度の水準が高く、時間配分がうまくなる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

他に高いレベルの進学塾が近場に無かった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強に対するモチベーションや、勉強をするときの工夫、休憩時間の有効的な活用の仕方などを互いに教えあい、参考とした

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

辞め時が大事ということ

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

私立の対策を全くしていなかったので、私立過去問を始めたときに出題形式にとても戸惑い慣れるのに時間が必要でした

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

やる気やモチベーションはあえて考えないようにしていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大型動物関係の仕事がしたかったため、そのような動物についての研究が盛んにおこなわれている大学に行こうと思った

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

日常

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人間のためよりも動物や植物のための仕事がしたいです

Q
東進のおすすめは?
A.

【 確認テスト 】
実力の定着具合が数字と判定で視覚化できるのでどこを伸ばせば良いのかがよくわかる

【 講座修了判定テスト 】


高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード生物 Part1 】
生物の諸々の仕組みを図やグラフで分かりやすく解説してくれたり、国公立二次でよく出題されるような細かな知識をきちんと拾ってくれる

友達にシェアする