2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1494人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
関西大学 外国語学部

原田真琳さん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高1・4月

この体験記の関連キーワード

様々な私大の過去問に触れて苦手分野を知ることができた

私は高校1年生の4月から東進衛星予備校に通い、夏頃に神戸市外国語大学を志望するようになりました。

はじめはなんとなく勉強していましたが、同じく東進に通う同級生や先輩方が受験勉強に励む姿に刺激を受け、2年生になるとほぼ毎日通うようになりました。神戸市外国語大学は二次試験が英語だけだったので、英語が得意で国語が苦手な自分にとっては救いでした。

でもかえってそのせいで自分の国語力の無さに危機感を感じられず、「そのうち伸びる」と思い続け、結局センター試験本番レベル模試ではほぼ3桁に届くことなく受験生になりました。諦めかけた時、沢山の先生方から励ましのお言葉を頂いたり、神戸市外国語大学出身の恩師と合格を約束したので逃げずに挑戦できました。3年生になって大問分野別演習を毎日やり込んだことで国語の成績は少しずつ上がり、満足できる点数を取れることが増えました。

それから、東進の加藤先生の授業のおかげで世界史も強みにすることができました。社会が大嫌いだった自分が世界史を好きになれたなんて今でも信じ難いです。東進のマーク模試では思うようにいかなかったものの、夏以降に学校で受けた模試ではA・B判定が多くなり、第1志望に希望が持てるようになりました。

しかし、自分の就きたい職業や留学のことを考えると志望大学に揺らぎが生じ、以前より視野に入れていた関西大学の外国語学部を第1志望に切り替えました。神戸市外国語大学の滑り止めにならない上、全く対策してこなかった国語の記述問題があり、しかもセンター試験1か月前で急すぎる決断ということで、自信のない状況の中で挑戦しました。国語で点が取れない分、英語と世界史で9割を目指したことで合格を掴み取ることができたので、1か月間世界史に集中して本当によかったと思います。

私大レベルの知識が必要になっても焦ることなく勉強できたのは、志望校別単元ジャンル演習講座で様々な私大の過去問に触れて苦手分野を知ることができたおかげです。もし私のように突然心変わりしてしまっても、効率よく対策していれば短期間の勉強でも合格する可能性は十分にあります!後悔しないように、思い切ってチャレンジしてみてください!

最後に、自分が第1志望の大学に合格できたのは多くの方の支えがあったからです。特に東進の担任の先生や担任助手の方々には何度も相談に乗っていただいたりありがたいお言葉を頂き、自信をつけてくださりました。心から感謝しています。大学では語学学習を通じて自国や外国の文化や社会への関心を深めることで国際的な知識や柔軟な判断力を身に着け、広い視野で考え行動できる大人になりたいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験に対する不安を聞いてくれたり、親身になって相談に乗ってくれたこと。特に、志望校が同じだった先輩の情報をたくさん教えてくださったので、自分の受験勉強に役立てることができた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試や入試が続いた時には近況を聞いてくれたり、自分の不慣れなことにも丁寧にサポートしてくれて、いつも笑顔で優しく対応してくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

分析が非常に細かく、自分の過去の成績や合格した先輩の得点と比較しやすい。

Q
東進を選んだ理由
A.

焦らず自分のペースで勉強できることや、授業を好きなだけ見返すことができることに魅力を感じたから。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

3年生の夏以降英語の勉強時間を極端に減らすと、秋ごろから記述模試で手ごたえを感じなくなり、英語に触れる機会を増やしましたがしばらく感覚が取り戻せなかったのでその時はスランプだと思った。それでも毎日速読やシャドウイングを続け、センター試験前には元に戻った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

デビューを目指しているアイドルを見ること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

目指してきた公立大学よりも就職の幅が広いことや留学のプログラムに魅力を感じたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

勉強すればするほど自分の視野を広げることができ、なんだかんだ楽しいと思える受験期だった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

言語の学びだけでなく、自国や外国の文化や社会への関心を深め、広い視野で考え行動できる人になりたい。思考力・判断力・表現力を高めて、円滑なコミュニケーションを活かして社会に貢献していきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
大問分野別演習では苦手な問題をひたすら解いて慣れることができるから。

担任指導
大学や先輩のことなど、進路を考えるうえで参考になる情報をたくさん提供してくれるから。

東進模試
有名大本番レベル模試は偏差値が高めに出るので自信になるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 センター試験対策世界史B 】
教科書を読んで勉強すること、また社会自体が苦手な自分にとって、加藤先生の授業は歴史の流れがつかみやすいだけでなく楽しく世界史の学びを深めることができたから。

【 入試対策:センター試験対策化学基礎/生物基礎 】
緒方先生は、暗記が苦手な生徒への配慮がどの先生よりも素晴らしく、様々な工夫を凝らしてくれている授業は自分の苦手意識をなくしやる気を引き出してくれるものだったから。

友達にシェアする