2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1497人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京外国語大学 国際社会学部

金丸華笑さん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 明治大学付属明治高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: ソフトテニス部 副部長

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

最後まで諦めなければ夢は叶う

私は高校一年生の夏休みに東進ハイスクールに入学しました。私は学校の成績も特別良いわけでもなく、学校も受験には力を入れておらず、周りに差を付けられないようにするために早めに東進に入りました。しかし私はなかなか勉強に本腰を入れられずに無駄な時間を過ごしてしまいました。その中でも私は三年生の入試直前まで成績を上げ続けて合格を勝ち取ることが出来たので、この一年間で私がしてきたことを伝えたいと思います。

まずは受講をしっかりとすることです。受講をするのは当たり前なんですが、各授業ごとに設けられている確認テストや、講座ごとに設けられている修了判定テストを放置せずに復習を完璧にした状態で受けるところまでを短時間で済ますところまで行います。授業の難易度や学校が忙しい時にはなかなか達成することは難しいと思います。しかし、受験が近くなればなるほど効率の良い学習方法が必要になってくるので自分にとって効率の良い勉強方法を見つけるためにも短時間で一発でSSを取ることに執着をすることが大切です。

2つ目は志望校別単元ジャンル演習講座です。夏休みも終盤になり私大・二次対策が本格化すると過去問演習をし始めると思います。正直、最初は思うように過去問の点数が取れず落ち込むことも多いと思います。そんな時に私は東進の志望校別単元ジャンル演習講座をひたすら行っていました。志望校別単元ジャンル演習講座では自分の苦手な分野が科目ごとにまとめてあるので、こなさないといけないことが多い夏休み明けでも効率良く苦手を潰していくことが出来ました。このおかげで私は過去問演習にスムーズに入ることが出来ました。

最後は過去問演習です。東京外国語大学は入試問題が特殊で対策がすごく重要だと実感しました。私は英語も世界史も過去問10年分を2周しました。また英語は三周目も行い担任助手の方に添削をしてもらい徹底的に英作文の対策をしました。過去問演習講座では講師による解説授業もあるため何度も何度も見て、得られる知識は全て得るつもりで勉強をしていました。

私は結果的にセンター試験で自己最高得点を出し、第一志望校に合格することが出来ました。それは自分自身が努力し続けてきた事もそうですが、担任をはじめとした東進のスタッフの皆さんのおかげです。毎週あった面談はくじけそうになったり、泣きそうになったりしていた時にいつも助けられていました。最後まで思うように成績が上がらなかった私を支え続けてくださっていた校舎の皆さんには感謝の気持ちしかありません。これから受験をする皆さんにも支えてくれる人への感謝の気持ちは忘れず、第一志望校に絶対に合格するという強い気持ちを持ち続けて頑張ってください。最後まで諦めなければ夢は叶うことを体験できた大学受験は私にとってとても良い経験になりました。大学に入ってもこの経験を忘れずに努力し続けたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強の進め方で行き詰った時や成績が思うように上がらなかった時に私の考えを尊重したうえで丁寧にアドバイスに乗ってもらったり、相談に乗ってもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

直前期に毎日不安で仕方なかった私を精神的に支え続けてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

今自分が志望校の志願者の中でどの程度の立ち位置なのかを逐一確認したり、苦手分野がどの部分なのかを確認したりするのに役立てた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動が忙しい中で自分に合った学習スケジュールをたてることが出来たから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループの中で常に自分が一番勉強している人になるように自分のモチベーションにしていた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

私が所属していた部活動は忙しかったから隙間時間を有効活用したり、短時間で効率よく勉強を進める習慣がついた。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

夏期合宿は想像以上に体力的にも精神的にもつらかったが、それを乗り越えた経験は自分の中では自信になり精神的に強くなれた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

千題テストを世界史と英語を受けたが、直前に基礎的な部分で自分に足りていないところが分かったからセンター試験の得点向上にとても役立った。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター試験の冬休み当たりから英語の成績が上がらず、直前期ということもありかなり焦った。いつも間違える問題や間違えた原因を徹底的に分析して最後まであきらめずに演習を繰り返した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

通っていた校舎に、東京外国語大学に通っている担任助手がいたため、話をしたり相談に乗ってもらったりすることで合格したい気持ちを高めていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

一般的な大学では学べないような言語を学びたかった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とてもつらく今までになかったぐらい大変だったが、弱い自分を変えてくれたもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

グローバル化が進む世界で様々な国をつないでいくための橋渡しのような役割になって世界のさらなる発展に貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
10年分というなかなか手に入りにくい量の過去問を添削込みで行ってくれるだけではなく、講師の先生方による解説授業もついているから。

担任指導
自分の進捗状況や苦手分野を把握しているため、的確なアドバイスを与えてくれるから。

東進模試
自分の実力だけではなく、全国の中での自分の立ち位置や苦手分野、得意分野まで丁寧に分析してくれたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関国公立大英語 】
国公立大学特有の記述問題の解き方や難関大学の長文の読み方など過去問を解き始めるにあたって基本的な押さえておくべき注意事項を分かりやすく解説してくれたから。

【 過去問演習講座 東京外国語大学 】
丁寧な解説授業と添削は入試直前まで役に立ったから。

【 スタンダード世界史IX~XII(現代世界の成り立ち) 】
内容が複雑な現代史の部分を黒板に図解で丁寧に書き表し、説明して下さったから。

友達にシェアする