2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
大阪大学 法学部

三澤樹生くん

東進衛星予備校南町田校

出身校: 八王子東高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

最後まで諦めないで頑張れば受かるんだ、と最後まで信じ続けてほしい

合格してこれを書くことになって僕は最初に「東進に入ってすぐのころからここまですごい伸びたな」と思いました。一番伸びたと思うのは数学です。

東進に入ってすぐの頃、数学が一番苦手だったのに最終的にはほかの教科と遜色ないぐらいにできました。こうなれてのはきっと数学を東進の受講や答案提出システムで最後まで根気強くやってたからだと思います。後輩に伝えたいことは「最後まで諦めないで頑張ればきっと受かるんだ、と最後まで信じ続けてほしい」ということです。

僕個人、数学の出来の悪さを含め志望校をあきらめかけたことは何度もありました。東進の模試では1度たりとも良い判定をとったことはありませんし、センターも目標点には届きませんでした。けれど諦めなかったから今こうして合格できたし、模試ですごく悪い点数をたたき出したとかで気持ちがナーバスになっているとき、そう信じないと多分メンタルが持たなかったと思います。そしてそう信じたほうが学力も伸びると思います。

「志望校を下げれば、今より楽できる。」という考え方があると結局勉強をやらなくなります。東進の使い方も最後まで自分の思ったように使うのが1番だと思います。もし、受講をそんなに取らないで自習室として東進を使いたいと考えるならそれでいいと思います。ちゃんと勉強するというのが一番重要なので。

最後に、これから先辛いこともあると思いますが、そんな時助けてくれるのは、身近な友人、東進や学校の先生、家族です。周りの人を大切にしてください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験の時、緊張をほぐそうとしてくれていたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センターが悪かったけれど、阪大行こうといってくれたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

阪大本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から一番近い塾が東進だったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜き

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校行事や部活は死ぬ気で楽しむ、ちゃんと気がかりなく楽しむためにそのほかの期間は勉強する、とメりハリをつけるのが1番いい方法です。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプはありました。受験1週間前に来なくてよかったって開き直りつつ、その教科の勉強を死ぬ気で気が済むまでやりました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

息抜きに見るyoutube1本の動画と学校の友達と話しまくること、あと学校行事です。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学食がうまいからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

出口のない脱出ゲーム

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

漠然と弁護士です。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】


【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎) 特別編 】


【 過去問演習講座(併願校対策) 大阪大学(全学部) 】


友達にシェアする

 

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

林修 先生

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒

東進の授業を体験する