2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1494人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
神戸大学 工学部

長久保諒くん

東進衛星予備校守山駅前校

出身校: 守山高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: バスケットボール

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

大学受験を意識し、本当に行きたい大学はどこか、深く考えることができた

僕が東進に入学したのは高校1年生3月のときです。しかし、僕の通っていた高校はやたらと課題を出すタイプの学校であった上に、部活もやや忙しかったので、実際東進のコンテンツでの受験勉強に本腰を入れ始めたのは高校三年生4月ぐらいでした。東進の担任のある言葉が僕を受験勉強へと駆り立てたのです。「長久保君、このままのペースでは通期講座の受講が間に合わないです」

当時、学校の定期テストで点数を稼ぐのが楽しくて仕方なく、受験勉強を殆どやっていなかった僕はここでとても焦り「大学受験」というものを意識するようになりました。僕が第一志望校に現役合格できた最も大きな理由はここで「自分が本当に行きたい大学はどこなのか」ということについて深く考えることができたからだと思います。こうすることで受験勉強に対するモチベーションは高まり、自然と机に向かうことができるようになりました。

そうしてやる気を持つようになった僕を支えてくれたのが東進の充実したコンテンツです。春から夏にかけて取り組んだ通期講座は個人の志望校に合ったレベルのものを学ぶことができ一次試験や二次試験の過去問を解いていくにあたって必要な基礎力を養うことができました。

夏から秋ごろからはほかの予備校とは異なり東進では早くも過去問を解き始めるのですがこれによって早い段階から模擬試験などでよい判定が取れるようになってきます。この結果が直前期になって精神的に辛くなった時の心の支えになります。東進のコンテンツは大変完成度が高く、根気よく取り組んでいくことで必ず力になるので、これから受験する皆さんは信頼してぜひ頑張ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

気づきを得ました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難しめの数学に触れておくことで本番難しくなっても焦りませんでした。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったため

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

やりたい分野の研究が行われていたから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

生活リズムを整えてくれました

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
記述の添削をしてもらうことで自分では気づけなかったミスもわかります。特に神戸大学の物理は基本全てが記述式で簡潔かつ正確な記述ができることが重要なので、とても良かったです。

高速マスター基礎力養成講座
手軽にできる

高速学習
単純に行使の話すスピードを1.5倍速できるので時間を節約できていいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 神戸大学(全学部) 】
神戸大特有の出題方式や傾向についての詳細な分析から、これから何を勉強すべきかがわかります。

【 スタンダード物理 PART1 】
やまぐち先生は大変素晴らしい講師です。

【 スタンダード物理 PART2 】
微分積分を用いないタイプの物理の講座として一番しっくりきます。

友達にシェアする