2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
九州大学 理学部

熱田萌子さん

東進衛星予備校香椎駅前校

出身校: 九州産業大学付属九州高等学校

東進入学時期: 高2・8月

この体験記の関連キーワード

精神面を飛躍的に強化した秘訣

私は小さい頃から大事なときには、常に、緊張が原因で失敗して、中学校の部活の顧問には「練習上手」とも言われました。これから、受験を迎える皆さんの中で、私と同じくらい精神的に不安定になりやすくて、いつも自分の力を出し損ねている人は少なからずいるはずです。精神面の問題は受験に限らず、将来のどの局面においても確実に足を引っ張ります。だからこそ、私が三年間かけて精神面を飛躍的に強化した秘訣を伝授したいと思います。 

まず、一つ目は、やはり勉強量です。入試本番に「これだけやってきたんだから。」と思えることは予想以上に自分を落ち着かせることができます。塾に頑張って通う、というのは受験生であれば、誰にとっても当然のことでしょう。これでは効果はありません。隙間時間の活用が他の受験生と差をつける一番の方法です。十分すぎるほど勉強しないと、精神力強化は絶対にできません。 

二つ目は、問題演習の復習をできるだけ早くすることです。苦手分野を克服することは言うまでもなく、不可欠ですが、復習をしなければそもそもそれらが見つかりません。学校の先生や東進の先生に耳にたこができるほど言われているはずです。私は高校二年生の頃から本腰を入れて始めたのですが、絶対に早いうちから始めておくべきです。一つ一つ確実に潰していくのが小さな自信に繋がっていきます。 

三つ目は、息抜きを適度にすることです。確かに毎日、授業のない日は開館から閉館まで自習室に籠もって、一瞬たりとも集中力を切らさずに勉強することができれば、それに越したことはないでしょう。しかし、それができる人間がどのくらいいるでしょうか。少なくとも私は、できる人間ではありません。これはあくまでも自論ですが、息抜きをした後に取り組む勉強と前述の方法で行う勉強とを効率の良さや精度で比較すると前者が勝ると思います。息抜きを全くせずに励んで、もし結果に結びつかなかったとしたらきっと自信もなくなっていくでしょう。それでは、それまでやってきたことが水の泡です。自信を維持するには自分自身を労わる時間もうまく作っていく必要があるのです。 

四つ目は、周りの人の言葉を信じることです。家族はもちろんのこと、周囲の人たちは「君ならできる。」、「大丈夫。」という言葉をかけてくれるでしょう。その言葉一つ一つを素直に受け止めることが重要です。「あの人はこう言うけど、でも私は。」は禁句です。そんな言葉をかけてくれる人たち自分以上に自分の日頃の姿を見てくれているものです。その人たちの言葉に耳を傾け、それを自信に変えていくことが合格への一歩であり、その人たちへの恩返しにもなるはずです。 

これらの四つは自分の力だけでは成し遂げることができません。私は学校の先生方、東進のスタッフの方々、そして家族や友人に支えられてこれまで苦しんできた欠点を克服することができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんも周りの人への感謝を忘れず、自分の力を信じて、第一志望校合格を勝ち取ってください。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

すぐ復習する。

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の都合に合わせやすいから。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


過去問演習講座


東進模試


友達にシェアする