2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
一橋大学 商学部

鈴木悠立くん

東進衛星予備校武蔵小山駅前校

出身校: 芝高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 軟式野球部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

自分をしっかりと分析し、勉強に励む

僕は高3の春ごろに東進に入りました。僕は東進入学前から他塾に通っており、東進には主に自習室目的で入学しました。そのため受講していたのは林先生の私大現代文の1講座だけでした。それでもその講座ではセンターから私大まで対策できたのでとても役立ち、現代文の偏差値はかなり上がりました。

僕は入学後から、受けられる東進模試は全て受けました。東進模試は解説、分析がとても丁寧にされていて、自分の苦手分野の把握やその後の勉強内容の決定に大いに役立ちました。僕が本格的に受験勉強をし始めたのは高3の春頃で、そこで一橋大学を目指そうと決めました。

春頃は1年後に受かりそうな実力はありませんでした。それでも諦めずに東進に通い、毎日10時近くまで自習、受講を続けました。結果的には春以降もセンターを除いたすべての模試がE判定でしたが、受かることができました。こんな成績でも春からずっと応援し支えてくださった担当助手の方には本当に感謝しています。

後輩へのアドバイスとして二つ述べたいと思います。一つ目は有耶無耶に長時間勉強するより正確な計画の元で少しでも勉強したほうがいいということです。僕は成績の上がる受験生とそうでない受験生の差は単純な努力よりも適切な勉強内容を考えられるかどうかによると思います。

二つ目は受験については自分で熟考し判断することが大切だということです。前述にあるように、僕は模試はほとんどE判定でしたが、その判定になった理由や自分の能力から一橋に受かる自信は持てていました。だから志望校の変更も考えずにずっと努力できました。模試の成績や他人の意見ですぐに志望校を変えるのは良くないですが、「E判定でも受かった人がいるから俺でもワンチャンあるかも?」みたいに根拠なしに受験するのはもっと良くないことだと思います。

大学では、社会で幅広く活用できる、ビジネスにおいて実践的な知識・技術を身に付けて、将来は海外でも活躍できるような人になりたいです。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


担任指導


実力講師陣


Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】


友達にシェアする