2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
早稲田大学 国際教養学部

柴田龍之介くん

東進ハイスクール都立大学駅前校

出身校: 攻玉社高等学校

東進入学時期: 高3・10月

所属クラブ: 硬式野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

勝ちには不思議の勝ちあり、負けには不思議の負けなし

僕は中高6年通して、野球をやっていました。とくに高校では、週6日朝から晩まで練習があり、勉強には全く手を付けていませんでした。そのため7月に受験勉強を本格的にスタートする際、他のひとよりだいぶ勉強が遅れていました。そのうえ、それから勉強を始めるような人はとても少なくまわりにはいなかったため、最初は何をすればいいのかも分からない状態でした。

東進も、ずっと勉強し続けているような人ばかりで、なかなか行けずにいました。しかし、いってみると担任助手の方と話すことでだんだん受験のイメージができてきて、勉強する気に少しずつなっていきました。そこから年末までは本当に短く、少しでも気を抜くと1か月など一瞬でした。そのため、この時期は特に予定をきっちりしておかないと、なにもできずに年末を迎えます。

受験が始まると最初は、できないわけではないし何とかなると思ってましたが、やはりそんなにあまくはなく、三教科しかない僕でも毎回つまづく科目がありました。とくに上智当たりの結果が中途半端になってしまい、最後の上智のときにまったく集中できず慶應のまえに結果をみたら、集中してれば全然いける試験としり、「受験はもう絶対うまくいかない」、「運に見放された」と考えるようになりました。

そんな状態で早慶を受けそうになってる中、ちょうど受験の最中に亡くなられた野村克也さんの”勝ちには不思議の勝ちあり、負けには不思議の負けなし”ということばをみて、やることやってその結果運が味方することはあるが、(そもそも絶対受かるような勉強はしていないし)運がどうのこうのいうひとに運が味方するわけがなく、なるようにしかならないと思えるようになりました。

その結果、最後まで受けきることができ無事合格できました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験に対するイメージがわいた。それぞれの大学をどのような思いで受けたのか知れた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

野球部で勉強する時間が限られているため、自由に勉強する時間が決められる東進は最適だった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

1週間がすぎたことをしらせてくれる。1週間のあいだになにをやっていたのか振り返れたし、次の予定も立てる場としてよかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

毎回違う心境のなか受けるテストをそれぞれどういう姿勢で受ければいいかがなんとなくわかった。(打席への入り方の要領で)

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験(2月)中盤。なるようにしかならないと思った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

帰り道に音楽を聴いて、思いっきりノル。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

状況に応じて計画をたてなおしつづける。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


【 講座修了判定テスト 】


【 確認テスト 】


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(諸地域世界の形成) 】
世界史に対する興味がわく。世界史に対して疑問がわくようになり、自分でも進めていくようになる

友達にシェアする