2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1501人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
東京大学 理科三類

角坂瞭くん

東進ハイスクール稲毛海岸校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 中3・4月

所属クラブ: 物理部

引退時期: 高3・1月

この体験記の関連キーワード

不得意な科目を伸ばせば、大きく点が伸びる

不得手な科目をなくせたことが、東京大学の合格に繋がったと思います。本番では、予想通りにいかない。僕の場合は、得意科目の物理がボロボロでした。それでも、得意ではない化学と英語で、そこそこの点数を取れました。

東京大学の入試では、得意科目の点数を伸ばしたところでたかが知れています。満点以上の点はほぼ取れないからです(満点は取れるかもしれないが、期待はしない方がいい)。一方で、不得意な科目を伸ばせば、大きく点が伸びます。

不得意な科目の勉強は長続きしないです。だから、ちまちまと勉強するほうがいい。得意科目は、飽きない。延々出来ると思える時もあります(滅多にないが)。しかし、コストパフォーマンスを考え、そこは一度、不得手な科目の勉強に移った方がいいです。飽きたら、また得意科目の勉強に戻る。その繰り返しです。

また、ケアレスミスを減らしたことも合格に繋がりました。ケアレスミスは努力しないと減らない、努力すれば減ると知ったのは、6月の本番レベル模試を受けたときです。その時から、ケアレスミスを減らすための勉強(?)をしました。つまらないが、コストパフォーマンスは高い。不得意な科目を勉強するのと同様に、ちまちま勉強(?)しました。

いま、受験勉強を経て身につけたことを考えると、以上のように、自分の勉強の仕方を自分で工夫することだと思います。これほどまでに、自分の日々の態度を日々検討したことはなかったです。この貴重な財産を、失わないようにしたいです。

最後に、僕の受験勉強は、東進の担任の先生、学校の先生や友人、そして家族の支えなしには成り立たなかったです。このことは日々実感しました。ここに、感謝の意を記したい。ありがとうございました。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生と話しているうちに、自分の状況を整理できる。計画を、ともに考えて立ててくれる。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近く、担任の先生がいて、優秀な先生の授業が受けられるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

ずっと物理について学んでいました。いいリフレッシュでした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活や学校行事は楽しかったので、打ち込んだ。勉強は、夜にした。部活を通して、粘り強さが身についた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

得意科目の勉強。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

研究者になるなら、と考えて決めた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

今までの人生で一番頭を使わなければならないもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

医学の研究者として役に立っていきたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
受験のための物理を学ぼうなどという視野狭窄に陥らず、物理を正しく学べるから。

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
現代文とは何かを、基礎から学べるから。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
採点がはやいから。

友達にシェアする

 

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

出口汪 先生

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒

東進の授業を体験する