2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1499人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
上智大学 経済学部

桐栄珠里さん

東進ハイスクール浦和校

出身校: 淑徳与野高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: 科学部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受験勉強にフライングはない

中学受験の際、通塾開始が遅かったなと思った私は、大学受験の準備を早く始めるために、中学三年生の時から塾探しを始めました。一貫校だったこともあり、中学修了時数学IAや理科基礎が終わっていた私にとって他塾他予備校は進度があわないものだったこと、科目選択の関係で日本史を独学で学ばなくてはいけなかったことから、自分のペースで受講を進められる東進を選択しました。

部活は高校3年6月まで科学部に所属していました。部活は週2で係などはやっていなかったため、勉強への負担はあまりありせんでした。しかし、週1の活動だった委員会が大変でした。委員会は高3の10月まで所属しており、私は1年から3年まで同じ委員会に所属して、学年代表や副委員長を務め、3年の時は委員長として活動していました。

1年生の終わりに変わった校則を全校生徒に浸透させるために全校生徒からとったアンケートを集計したり、常にクラスや学校の問題にアンテナをはってその解決のために臨時で委員会を開いたりする毎日は本当に大変でした。しかしだからこそ、受講の融通が利く東進で勉強できたことがとてもよかったと思います。

1年生の時は英数を中心に勉強しました。どの大学でもやはり配点が高い科目なので、1年生の間は基礎を固めるためにもその二科目を重視すべきです。しかし、模試などで安定して高得点をとれるようなら、低学年の内から副科目の勉強をするのもいいと思います。私は低学年の内から副科目に手が回る成績ではありませんでしたが、担任助手の方から言われた「受験勉強にフライングはない」という言葉を胸にハイレベルな講座も積極的に受講しました。

高速マスター基礎力養成講座は1年の時に英単語センター1800と熟語を完全習得しました。文法力が未熟でも単語がわかると長文が読めるレベルのものしか1年の間遭遇しないので、単語の強化は早めにやるのが吉だと思います。

2年生の時は、数学に不安を感じていたので、ひたすら数学を勉強しました。テーマ別演習や、学校の小テストや受講を利用して、数学ばかり勉強していた気がします(笑)そのかいあってか模試で9割近く点を取れるようになり、私大の数学受験を現実的に考えるようになりました。

2年からは、英語の長文読解において構文力も重要になってきます。高速マスター基礎力養成講座の英文法はこのころ完全習得しました。日本史もこのころには通期の受講は終わっていたと思います。

3年生の時は、GWごろに世界史の通史を終わらせ、夏までに上級英熟語までを習得しました。そのあとはひたすら演習を積んでいました。センター講座を2年でとっていた私は3年の際はそれをとらず、志望校別単元ジャンル演習講座でひたすら日本史と世界史のセンター対策をやっていました。

TEAP利用の過去問は今まで出ている分すべてを3回ずつ、経済、経営の一般は1年分ずつ解きました。経済の数学はTEAP利用と似ていることも幸いし、とても取り組みやすかったです。上智は国語が点が出ない印象ですが、周りもできていないことが多いので、丁寧に根拠を探して丁寧に解いて、自分の点数を最大化することを重視し、英数で手堅く点を取るのがベストだと思います。

他の学校を受ける際、私は経済、経営、商系統しか受けませんでした。併願方法は人によって様々ですが、私は自分の学びたいことが学べる大学に行きたいと思ったので学部を優先しました。だからこそ受験の際の科目が絞られ、科目バランスがとりやすかったと思います。

大学に進学したら経済や経営学を学び、広告関係の仕事を探せたらな、と考えています。

私立を数学で受けようとする人はなかなかいません。でも、だからこそチャンスがあります。大学によっては数学選択の募集人数が社会選択の倍なところだってあります。

上智大学の経済は数学でしか受けられず、得点の標準化などもないので実は穴場な学部だと思います!また、上智は合格発表が早いので、ここで受かっておくと2月の受験校がぐぐっと減って、心身健康な状態で他の大学の対策に時間がさけるので絶対に受けるべきだと思います!

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

社会科目が伸び悩んでいるとき、「問題文を意識しながら読む」という教科書の読み方を教えていただいてから問題文や教科書の読み方が変わり、インプットの能率が上がったと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

単語テストを定期的に開いてくださったことと、高速マスター基礎力養成講座の特訓会を開いてくださったこと。ついつい後回しにしがちな高速マスター基礎力養成講座を時間をとって重点的にできたのはとても良かったと思います。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センターのパターン把握にはうってつけだし、範囲の網羅性が高く、苦手を発見しやすいため。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

進路の先生に勧められたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

難関大を目指している子が多かったので、社会の勉強方法や過去問の取り組み方、復習方法を教えあったりしていました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

薬品の扱い方や実験方法など、センター特有の問題は解きやすかったです。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特進の授業は周りの生徒や先生、スタッフの方々、たくさんの方から刺激を受けることができました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター試験の後。上智の過去問を現実逃避のように解いていました。同じ学校の子と一緒にお弁当を食べたりお話したりしました。ただ、正直新しく受けることにした大学の合格最低点や配点を調べるのに必死でした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の将来の夢を考えること。広告の仕事に就きたいなと考えていたので、CMやフライヤーを見たりしました。あと、過去問題集の最初のほうにある体験記を読んだりしていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

目指すなら上を目指したかったのと、広告関係の仕事をするには経済、商系の学部に行こうと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

上を目指すという体験が、それゆえの辛さや尊さを学ばせてくれる、本当に大事な経験だったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の原動力を色々なことに求め、多くのことにアンテナをはり人の心に深く残る言葉、広告を作れる存在になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
過去問に触る前にどんな形式の問題が出てくるかを把握できてお得だから。自分の苦手分野がすぐわかるから。

高速学習
単語を早めに固めることができると、複数の訳出を覚えるのに後々時間がさけるから。

志望校対策特別講座
特進など、生で先生の授業を受けられるのはとても勉強になる。1年の間は無料なので、活用するべき。

Q
おすすめ講座
A.

【 新 スダンダード日本史B①② 】
講義がとても面白いし、流れが覚えやすい。土地制度史などのテーマ史問題にも対応できる力が付くから。

【 受験数学特別講義-確率編- 】


【 スタンダード世界史IX 帝国主義の時代 】
何かと聞かれる範囲なので、流れで覚えられた知識が論述を書くのにとても役立ちました。

友達にシェアする

 

受験数学特別講義-確率編-

確率を集中学習し、入試の得点源にしよう!

志田晶 先生

難関大で頻出分野である確率の攻略法を伝授します。講義では、この分野を苦手としている人でもついてこれるように、序盤は基礎的なものから始め、最終的には難関大の入試レベルの問題まで扱います。また、テキストの巻末にはこの分野の例題(授業では扱わない)もつけてあります。授業と並行して進める事によりさらに学習効果がアップします。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:難関大入試で確率を得点源としたい生徒

東進の授業を体験する