2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1491人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
横浜国立大学 都市科学部

都筑梓さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 桜修館中等教育学校

東進入学時期: 高3・3月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

本当に興味のあることに向かって最後まで諦めず突き進む

私は高2の夏から塾に通い始めたのですが、部活との時間の兼ね合いもあり、高3の春から東進に通うことにしました。

最初は映像による授業というものにかなり不安を抱いていたのですが、途中で止めたり巻き戻せるというのはとてもありがたかったです。また、映像による授業だと先生に質問ができないから困るかもしれないとも思っていたのですが、直接話せない分、授業はとても分かりやすく授業の意味が分からないということもほとんどなかったです。また私はもともと現代文と英語が得意な文系脳だったので理系科目の底上げが必須で苦手な理系科目の授業を何度も受け直せるのはとてもありがたかったです。

あと、東進の先生方はかなり積極的に話しかけてくださるのですが、精神面がやられている時に親や受験仲間でない人が話しかけてくれるというのはかなり心を安らげてくれました。それから受験直前になるほど東進という集中できる環境が長く開いているのはとてもありがたかったです。

私が受験をするうえで必要だと思うことは5つあって、まず一つは切磋琢磨できる仲間を見つけることです。私は自分に甘い人間なので一人で家で勉強していると気が散って集中できないので塾か学校か図書館で勉強していたのですが、その時に自分と同じように頑張っている仲間がそばにいると自分も負けていられないと思って頑張ることができました。 

二つ目は自分の誘惑物はできるだけ取り除くということです。例えば、私は誘惑に負けてスマホをいじって勉強時間が失われることが怖かったのでスマホにロックを掛けて友達とパスワードを管理しあっていました。 

そして三つめは、自分にあった勉強法を見つけることです。これは人それぞれだと思うのですが、例えば、私は一つの場所で長時間集中できないので東進以外にも図書館、カフェ、学校など複数の勉強できる場所を確保していました。また必ず前日より前にその日やることを決めていました。

それから四つ目は、適度な息抜きです。過度な息抜きはただのさぼりですが、自分が本当につらい時は少し休憩したりおいしいものを食べることでその後のモチベーションや集中力が上がると思います。

最後に五つ目は模試の判定を過度に気にしないことです。実際に私はセンター直前の模試で過去最低点に近い点数をたたき出し、本番が終わった後の判定でもD判定でしたが合格することができました。後輩の皆さんも得意か否かより自分の本当に興味のあることに向かって最後まで諦めず突き進んでください。

大学に入ったらサークルやバイトと勉強を両立しながら、人々がより気持ちよく過ごせるまちづくりや住宅の建築について深く学び、自分もそのようなものを創造できるよう努力したいと思います。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分がこうやりたいと一度決めたらそれに従って最後までやりたい性格なのですが、その時に遠回りな思い込みを正してもらいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎回のグループ・ミーティングで私の苦手なタイプの問題を用意してもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

ただ受けるのではなく自分の中での試験の際のルーティンを編み出したり、自分がどこを間違えやすいのか、時間は足りているのかなどをきちんと考える。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が高3の5月まであったので時間の融通が利く東進に魅力を感じたから。また、閉館時間が遅かったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週に一回担任助手の方とゆっくり話せたり応援してもらえたのは嬉しかったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

まあまあ厳しい部活に六年間所属していたので、時に理不尽なことにも耐える忍耐力や、ひとつのことを最後までやり通す力や、仲間との絆を得られました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ひどいスランプはありませんでしたが、調子が悪い時やメンタルがやられたときはおいしいものを食べたり適度な休憩をとったりしました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験が終わって遊ぶときにいい結果を残して清々しい気持ちで遊びたいと思っていました。また、チョコをよく食べていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

昔から建築に興味があって引っ越しを何度か経験したので家から通える国立がよく、また横国の建築は全国でも指折りだといろんな知人に聞いたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらいこともありましたが、部活や行事があった時に比べてただ一つのことに理こむことができたのでそこまで苦ではなかったです。また、自分自身のことを見直すきっかけにもなりました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築家になって人々がより住みやすい街や住宅を設計すること

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


担任指導
模試の結果が悪かった時にフォローしてもらったり、今後の自分の方向性を一緒に悩んでくれてとてもありがたかったから。

過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
自分ではわかっているつもりでも意外と抜けている基礎を詰めな教えくれるし、先生独自の考え方もあらたに伝授していただいたから。

【 難関化学PART1 】
物理と同じように、わかっているつもりでも抜けている基礎を詰めなおしてもらえるから。

友達にシェアする