2020年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!
1498人の東進生の
現役合格の
秘訣が満載!

no image

写真
法政大学 スポーツ健康学部

島尻雄彦くん

東進ハイスクール成城学園前駅北口校

出身校: 芦花高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 硬式野球部 主将

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

当たり前のことを当たり前にやる

受験で必要な事は2つあります。「学校生活」と「謙虚」です。1つ目の「学校生活」とは、授業や定期テスト、部活動などです。受験生において、塾や予備校に通い始めると学校を疎かにし始める人が必ずいます。これを読んでくれている人たちには、そういう人間になってほしくはありません。何が言いたいかというと、「フツーのことをフツーにやる」という姿勢をもってもらいたいのです。

受験勉強をしているうちに授業や定期テストなどが簡単だったり時間の無駄と感じることがあるかもしれません。しかし、簡単だったりするからこそ、簡単にこなしてみてください。実はこれが難しかったりします。今までの普通の生活を普通に続けることは簡単ではありません。ここで活きてくるのが、「部活動」だと思います。

僕は高校で野球部に所属し、主将という役割を務めさせてもらっていました。人数が多くなく、強いと言えるチームではありませんでしたが、「考える野球」をモットーに切磋琢磨してきました。なぜエラーしたのか、なぜヒットを打てなかったのかなど考える野球を続けた結果、模試などで見直す癖が付き、2度とミスしないという負けず嫌いな考え方になっていました。部活動でなくとも、これは授業にも関係していると思います。ただ板書を写したり先生の話を聞いているだけでは、それこそ時間の無駄です。先生は何を言っているのか話を自分で整理しながら臨むべきです。

2つ目の「謙虚」とは、自分自身の問題であるのは勿論ですが、周りの人間関係の問題でもあります。僕の友人に、「センター過去問8割乗ったー」や「模試でC判定取ったー」と一喜一憂している人が何人もいました。この慢心が原因とは言い切れませんが、その人たちは全員第一志望に合格することはできていませんでした。僕は前述しましたが、部活動のおかげで何割取ろうが上を目指す姿勢を持ち、それが第一志望合格に繋がったと信じています。はっきり言って、こういう慢心的に受験生してる人との関係は断った方がいいです。そういう人たちは周りの人を応援できない人で、関わるだけ無駄です。

自分を応援してくれる親や友人や先生の気持ちを忘れずに謙虚な気持ちをもっていずれ訪れる試験本番に臨んでほしいと思います。これを読んでくれる人が何人いるかわかりませんが、仮に読んでくれてもそのうち忘れると思います。しかし、それでいいいんです。読みながら自分で何を思っているかが一番重要です。それを続けていれば、必ず活きる時が来ます。これから受験生になる人の健闘、いい結果を祈っています。

合格データ
合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人の紹介で体験授業を受けて、環境やカリキュラムが自分に合っていると感じたから

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 法政大学(経済・社会・現代福祉・スポーツ健康学部) 】


【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


友達にシェアする

 

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

今井宏 先生

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

東進の授業を体験する